友愛グループ発足のきっかけ─西日本新聞記事の間違った歴史事実

友愛グループ発足のきっかけ─西日本新聞記事の間違った歴史事実
本誌前号で「友愛グループ」の活動を紹介する西日本新聞の6月6日付の記事をご紹介し
た。そうしたら、宮崎正弘氏より友愛記事に間違いがあるとご指摘いただいた。それは、
西日本新聞が伝えた友愛グループが発足したきっかけとなった事件の説明だ。記事では下
記のように伝えている。

≪日本統治が終わった終戦後、台湾では、国共内戦に敗れて逃れてきた蒋介石率いる国民
党が独裁体制を築く。北京語を“国語”として強制し、日本文化を禁じた。

 その中、ある事件が起こる。作家川端康成の妻が訪れた際、通訳を担当した台湾人が日
本語訳を間違え、同行した小説家北条誠の怒りを買ったのだ。「日本語を正しく話そう」
との北条の言葉を聞いた台湾人7人が非合法で「友愛日本語クラブ」を発足したのが友愛ク
ラブの前身だ。≫

 この記事だと、川端康成の妻の日本語の通訳が間違っていて、同行した北条の怒りを買
ったとなっている。

 しかし、事実はそうではない。これは宮崎正弘氏が「諸君!」に発表した一文に事の成
り行きをつづられていて、それを友愛グループが発行している「友愛グループとは?」で
転載して紹介している。

≪当時の台湾はと言えば蒋介石政権のもと、日本の映画は御法度、大学で日本語コースは
二、三校しかなく、台湾の歴史教育は「大中華思想」で反日的だった。

 この頃のことである。川端康成遺品展の打ち合わせで台北を訪問中の川端未亡人と北条
誠氏の通訳をした「日本語専門家」の秘書が「あなた様」と訳す筈を北条氏に向かって「貴
様は」と言ったのだ。怒髪天を衝いた北条氏が、このときの無念さを陳兄弟に語った。

 これが「美しく正しい日本語を台湾に残そう」という文化運動への伏線となった。≫

 つまり、川端の妻ではなく、同行した北条氏に「貴様は」と秘書が通訳してしまったの
である。この日本語を通訳した秘書は「貴様」が最高の敬語と誤認していたからという、
笑うに笑えないエピソードなのだ。

 後日、北条氏が日本語の堪能な「ボランティア通訳」で知られていた、友愛グループを
はじめる陳絢暉氏と兄の陳燦輝氏にこのことを話したことが、そもそもの発端だったので
ある。

 西日本新聞の記事は、スペースの都合もあったのだろうが、端折って書いたことで正確
性に欠けてしまった。せっかくのいい記事なのに、このような間違った歴史事実が一人歩

[RelationPost]


● 月刊「正論」定期購読お申し込み【締切:6月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , ,