参加を!3日、台湾建国烈士鄭南榕記念・台湾問題講演会のプログラム

参加を!3日、台湾建国烈士鄭南榕記念・台湾問題講演会のプログラム
鄭南榕顕彰会(事務局=本会)が4月3日に都内で開催する第6回台湾建国烈士鄭南榕記念・台湾問題講演会のプログラムが以下のように決まりました。当日は台湾建国を日本人としていかに応援すべきかをともに考えたく思います。奮ってご参加ください。

プログラム(4月3日14:30〜19:00 会場:文京シビックセンター)

1、開会の辞  宗像 隆幸 鄭南榕顕彰会会長

2、来賓挨拶  小田村四郎 日本李登輝友の会会長

3、献  花

4、講   演  伊原吉之助 帝塚山大学名誉教授
「台湾併呑の危機と鄭南榕精神 ─『台湾大劫難』を手掛かりとして」

5、閉会の辞  勝岡 寛次 日台交流教育会事務局長

※その後会場付近で懇親会。


鄭南榕烈士略歴

1947年(昭和22年) 9月12日、宜蘭県に父鄭木森氏、母謝恵琛女史の長男として生誕。成功大学工学科、輔仁大学哲学科、台湾大学哲学科を経て、1972年(同47年)、葉菊蘭女史と結婚、一女竹梅を授かる。白色テロ横行する戒厳令下の1984年(同59年)、自由時代社を創設して週刊誌『自由時代』を発行。1986年(同61年)、台湾民主党の発足準備に着手して民進党結成の基礎を築く。1987年(同62年)2月、二二八和平日促進会を結成して公開の場で二・二八事件の真相究明を訴え、4月には公然と台湾の独立を主張、台湾最大のタブーを打破。1988年(同63年)12月、『自由時代』に許世楷・台湾独立建国聯盟総本部主席起草の「台湾共和国憲法草案」を掲載し、中華民国体制に真っ向から挑戦。翌年1月、高等検察庁から叛乱罪容疑で出頭を命ぜられるも、「言論の自由」を求めて自由時代社に立て籠り、4月7日、逮捕のため出動した警官隊に包囲される中、自らの体にガソリンをかけて火を放ち焼身自決。享年42。

伊原吉之助先生略歴

昭和5年(1930年)年 3月17日、大阪府堺市生まれ。昭和25年(1950年)、神戸大学経済学部に入学。昭和 34(1959)年に同大学院経済学研究科博士課程修了。龍谷大学経済学部講師を経て同39年(1964年)、帝塚山大学教養学部助教授。同46年(1971年)に同大教授。同49年(1974年)に台湾の国立政治大学国際関係研究所に留学し、江青の伝記資料調査と、中国や東南アジア諸国の国民形成を比較研究。平成12年(2000年) 3月、同大を定年退職 。著書に『台灣の政治改革年表・覺書(李登輝時代) 』 『台灣の政治改革年表・覺書(1994〜2004)』など。共著に『台湾の前途』『運命の十年』など。現在、帝塚山大学名誉教授。


第6回台湾建国烈士鄭南榕記念・台湾問題講演会

■日時 2010年4月3日(土) 午後2時30分〜4時30分(開場:2時15分)

■会場 文京シビックセンター 26階 スカイホール

〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100

【交通】東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩3分
JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分

■講演 伊原吉之助先生(帝塚山大学名誉教授)
 演題「台湾併呑の危機と鄭南榕精神 ─『台湾大劫難』を手掛かりとして」

■参加費 1,000円

■懇親会 同会場の近くにて、午後5時〜7時【懇親会費:3,500円】

■お申込み できるだけ4月2日(金)までに下記の申込フォームから、もしくはFAX、メールにて

!)お申込フォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0065.reg 

!)FAXもしくはメールの方は「お名前、ご連絡先、懇親会へのご出欠」を明記の上、本会事務局まで

■主催 鄭南榕顕彰会(宗像隆幸会長 日台交流教育会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム)

■後 援 在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、台湾独立建国聯盟日本本部、メルマガ「台湾の声」

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,