中国製ギョーザ 究明と防止策を徹底せよ

中国製ギョーザ 究明と防止策を徹底せよ
【1月31日 産経新聞「主張」】

 中国製の冷凍ギョーザを食べた消費者が、次々と下痢や嘔吐(おうと)の食中毒症状
を訴えた。ギョーザからは殺虫剤が検出された。中国の工場で混入した可能性が疑われ
ている。

 被害者には幼児も含まれており、被害が拡大する恐れもある。人命にかかわる甚大な
問題である。単純な食の偽装とは問題の本質が違う。過小評価してはならない。

 問題の殺虫剤がどの段階で、どのように混入したのか、混入は広範囲なのか限定的な
のか、故意か否かなどを含め、徹底した原因究明が必要だ。そのうえで厳重な防止策を
求めたい。

 警察は業務上過失傷害などの容疑で捜査を始めた。厚生労働省も問題のギョーザの販
売中止を業者に要請するとともに輸入を禁止した。中国政府も調査するとの声明を出し
た。当然である。その監督責任は重い。

 中国からの輸入食品では、これまでもウナギから抗菌剤が検出されたり、冷凍の枝豆
からは除草剤が見つかったり、ホウレンソウから残留農薬が出てきたり−などと、その
安全性が大きな問題になってきた。

 米国では中国産の原料を使ったペットフードを食べた犬や猫に異変が起き、パナマで
はせき止め薬を服用した患者が死亡する事件があった。米国では昨年来、中国産の原料
を使用していないという意味の「チャイナフリー」と明記した商品も出ている。

 それだけに日本の食品メーカーや流通業界は中国の食品に対し、厳しいチェックで品
質管理を徹底していた。それでも防げなかった。消費者の不安と不信は高まるばかりだ。

 ギョーザから検出された殺虫剤は有機リン系薬物のメタミドホスだった。日本では農
薬としては登録されていない。中国でも今年初めから使用を禁止したというが、効き目
が強力なだけに、実際には使用が続いているとも伝えられる。

 ギョーザを輸入したジェイティフーズや親会社のJT、販売元の日本生活協同組合連
合会は、輸入・販売中止や自主回収を始めた。他の輸入業者にも広がっている。

 北京オリンピックを控えた中国のイメージダウンは計り知れないものがあろう。信頼
回復は容易ではないことを知るべきである。


依然として「調査中」と説明拒否 中国政府 毒餃子
【1月30日 共同通信】

 中国製冷凍ギョーザの食中毒事件で、中国輸出食品の安全性を主管する国家品質監督
検査検疫総局の工業食品課は30日、共同通信の取材に対し「調査中」と述べ、詳細は「
答えられない」とした。

 同総局の報道課は「事件は把握している」とした上で、「書面で質問申請を出して
ほしい。現時点では答えられない」と述べ、具体的な対応策は示さなかった。

 一方、製造元とみられる河北省石家荘の「河北省食品輸出入集団天洋食品工場」は同
日、電話取材に「なぜわれわれの製品だと証明できるのか」などと述べ、説明を拒ん
だ。電話に応じた女性職員は「誰が言っているのか。証拠があるのか」などとまくし立
て、「日本側の報道を見てからでないと答えられない」と一方的に電話を切った。


●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これで手軽にご入
 会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!

 現在登録しているマガジン名やマガジンIDが分からない方は、下記アドレス宛に空
 メールをお送りください。折り返しメルマ!事務局からご登録マガジンの一覧が送ら
 れてきます。
 登録マガジンお取り寄せアドレス ⇒ maglist@melma.com

 ちなみに、本誌編集部ではご本人に無断で登録することも解除するようなこともして
 おりませんのでご安心ください。                  (編集部)


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , ,