【読者の声】台湾へ行く楽しみがまた一段と増した[柏崎市 井貝 正基]

【読者の声】台湾へ行く楽しみがまた一段と増した[柏崎市 井貝 正基]
毎々お世話様になり有難う御座います。

 この度は、台湾桜植樹の写真を送付いただきまして誠に有難く、感謝申し上げます。

 私の名前をも記入いただき、台湾へ行く楽しみがまた一段と増してまいりました。子
供たちや孫たちへの自慢話が増え、鼻高々です。

 本年の植樹祭には是非とも参加したく思いましたが、やんごとなき理由により断念の
運びとなり、無念の思いで一杯です。

 来年こそは友人を誘い、家内共々とで楽しい台湾での桜見物にと計画をしております。
その節はまた宜しく御願い致します。

 略儀ながらお礼までと致します。


 本誌でもお伝えしましたように、2月28日から3月2日まで、今年で3回目となる「桜植
樹式とお花見ツアー」のため38名で訪台しました。台湾の李登輝之友会の黄崑虎全国総
会長には本当にお世話になりました。

 植樹の記念式典のメーンはもちろん河津桜の苗木の植樹式ですが、その前に行われる
記念碑の除幕式は盛り上がります。

 関係者が赤い布につながれているテープを引いて表れる記念碑は、式典会場でそれぞ
れに形や内容が異なります。高雄の澄清湖の記念碑には、寄贈の由来が漢文、日本文、
英文で記されるとともに篤志者の名前が刻まれていました。嘉義の奮起湖の記念碑は形
の良い自然石を使っていて、七言絶句の詩篇とともに、篤志者の名前が刻まれていまし
た。

 参加した崎谷秀彦・本会理事(亜東親善協会専務理事)や佐野た香・本会理事(高座
日台交流の会会長)、山梨李登輝友の会の梶原等支部長、市川守正、宮沢芳蔵両相談役、
内田公幸事務局長、安里政芳、茅野幸雄の各氏も、ご自分の名前を見ながら感慨深げで
した。

 ようやく4月に入って、記念碑にお名前を刻んでいる篤志者(桜募金の25口応募者)
の方々34名に、その報告書を関係写真とともにお送りしました。李登輝学校卒業生の井
貝さんも篤志者のお一人です。

 第4回「桜植樹式とお花見ツアー」は来年2月に予定しています。井貝さん、奥様やご
友人の方々とのご参加をお待ちしております。             (編集部)


●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , ,