【台湾出身戦歿者慰霊祭】終戦60年の節目の年に初めて開催

【台湾出身戦歿者慰霊祭】終戦60年の節目の年に初めて開催
李登輝前総統や蔡焜燦氏からもメッセージ、参列者も講話に涙

 去る12月4日、終戦60年の節目の年を期して「台湾出身戦歿者慰霊祭」が靖国神社におい
て斎行された。靖国神社に祀られている全台湾出身戦歿者を対象とした慰霊祭はこれまで
行われていなかったようで、初の催しとなった。主催は、台湾李登輝学校研修団の卒業生
で構成する「台湾李登輝学校研修団校友会」。
 当日は、午後1時に参集殿に集合し、昇殿参拝・慰霊祭(祭文奏上:久保田信之・台湾
李登輝学校研修団第1回団長)の後、靖国神社の特別のご配慮により遊就館にて「台湾全
国少年飛行兵会会旗」を拝観、またここで蔡焜燦先生からの祭電を披露。
 その後、靖国会館にて記念講話と懇親会が柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長の司会
進行により行われたが、開会冒頭に小田村四郎・日本李登輝友の会会長が来賓として挨拶
。また、靖国神社とご縁が深い李登輝前総統と蔡焜燦先生からの心のこもった祭電が、そ
れぞれ1期生の好田良弘氏と片木裕一・日本李登輝友の会事務局次長の代読によって披露
された。
 記念講話は、山口政治・台湾李登輝学校研修団第2回団長が「東台湾と靖国神社」と題
して、続いて、石川公弘・台湾李登輝学校研修団第3回団長が「英霊との約束」と題し、
それぞれ声涙共に下る講話で、参列者も真剣に聞き入っていた。
 当日の模様は、早速その夜、メールマガジン「台湾の声」で掲載されたので、ここにご
紹介したい。また、祭文、李登輝前総統と蔡焜燦先生からの祭電も併せてご紹介したい。
 なお、当日の参列者からはこもごも「このような意義深い慰霊祭は来年以降も続けて欲
しい」「靖国神社では永代神楽祭を受け付けているのだから、皆さんにご寄進をお願いし
てそれも併せて行って欲しい」という声が挙がった。充分に検討に値する感想だ。
 心にしみるいい慰霊祭だった。                    (編集部)


【12月4日付「メールマガジン『台湾の声』」】

台湾出身戦歿者慰霊祭−初めて日本人主催の台湾人英霊慰霊祭行われる

 4日、靖国神社で「台湾出身戦歿者慰霊祭」が行われた。台湾人英霊を対象として日本
人が主催する慰霊祭は今回が初めて。
 この慰霊祭は、日本李登輝友の会を通じてこれまで台湾に3回派遣された「台湾李登輝
学校研修団」の卒業生に呼びかけ、冷たい雨の中、60名近くが参加し、台湾英霊に心から
の感謝を捧げた。
 参加した台湾人留学生は、「お母さんが来日のたびに参拝しているので、友人を通じて
申し込んだ」と語った。
 本殿では、第一回団長の久保田信之氏が祭文を奏上し、60年間慰霊祭を行わなかったこ
とを詫びた。また高砂挺身報国隊や台湾少年工について触れ、感謝を捧げた。また祖国の
ために努力することを学ぶべきだとし、将来を担う決意を報告した。
 参加者は参拝後、今年、蔡焜燦氏を通じて奉納され現在遊就館で展示されている「台湾
全国少年飛行兵会」会旗を見学し、第2回、第3回団長による講話を聞いた。
 来賓挨拶に立った小田村四郎・日本李登輝友の会会長は「日台両国の絆を絶やしてはな
らない」と呼びかけた。また前日に開票された台湾の地方選挙について、台湾が中国に統
一されれば日本にとって大きな脅威になるという懸念があるが、「一度覚醒した台湾人意
識は滅びない」と指摘した。
 李登輝・前台湾総統や蔡焜燦氏からはメッセージが寄せられた。李登輝氏は、遺族とし
て靖国参拝の意向を表明するとともに、「お国のために亡くなった方々を慰霊するのは後
世の者として当然」と、首相による靖国参拝を肯定した(本誌で既に全文を配信してい
る)。 花蓮港出身の山口政治・第2回団長は、高砂義勇隊についてエピソードを紹介
した。「(引き揚げで)台湾にみんな置いてきたが、心の財産は残っている」「(湾生で
はなく)台湾を知らない世代がこんなにも台湾キチガイになってくれて嬉しい」と語った。
 石川公弘・第3回団長は高座海軍工廠の台湾少年工についてのエピソードを紹介した。
日本人妻を連れて台湾へ帰った高座会の総幹事は、鉱山を所有していたため国民党軍の複
数の部隊に捕らえられ、その度に300万払ったという。台湾人は、自分が被害にあった話
を、自分からは語らないという傾向を指摘した。その結果、台湾の歴史が清算されておら
ず、今回の選挙結果につながったとの見方を示した。
 また、10月に「台湾少年工との60年」というテーマで、NHKラジオ深夜便「心の時代
」に出演した石川氏は、台湾で日本人は謝罪する必要がないといわれたという話をしたと
ころ、多くの反響があったとして、その中から特攻隊の出撃前日のエピソードを紹介し、
若い参加者も涙をぬぐった。「靖国に祀られている人との約束を違えてはいけない」と結
んだ。
 懇親会では、日本李登輝友の会の柚原正敬事務局長が、午前中に蔡焜燦氏から電話が寄
せられたことを紹介した。蔡氏は選挙結果について「神から賜った試練だ」と語ったとい
う。
 李登輝・前総統が5月に来日できるという見通しが明かされた。柚原氏は、現在、李前
総統の来日には、「政治活動、講演、インタビューをしない」という制限が課されている
が、ダライ・ラマも日本で自由に講演しているので、この制限を取り去って自由にすべき
だと訴えた。
 また、高座日台交流の会の野口毅会長が戦没した台湾少年工で靖国神社に合祀された名
簿と、天皇陛下の裁可で合祀されることの重みについて語った。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , ,