「親日国からのメッセージ」(3)  許 世楷(元台北駐日経済文化代表処代表)

「親日国からのメッセージ」(3)  許 世楷(元台北駐日経済文化代表処代表)
去る7月23日、東京・新宿区のホテルグランドヒル市ヶ谷において日本戦略研究フォーラ
ム(中條高徳会長)の主催により、シンポジウム「親日国からのメッセージ、そして日本
の役割」が開催され、約150名が参加した。

 拓殖大学海外事情研究所の丹羽文生・准教授の司会進行の下、許世楷・元台北駐日経済
文化代表処代表(台湾大使に相当)が基調講演を行い、続いて、親日国5カ国の大使経験者
をパネリストに公開討論が行われた。

 それに続くデスカッションには許氏も参加し、それぞれに親日感情を育んだ背景につい
て日本企業の進出やODAなどの具体例を挙げて説明、充実した内容のシンポジウムだっ
た。世界には台湾はじめ親日国が多いことを改めて認識し、ある大使が「反日は中国、韓
国、北朝鮮の3カ国だけ」と言い放ったのが印象的だった。

 その後の懇親会では、日本戦略研究フォーラム副会長でもある本会会長の小田村四郎氏
が開会の挨拶を述べ、来賓として盧千恵・許世楷大使夫人が挨拶された。

 許元代表の基調講演は30分ほどで、当日配布されたパンフレット掲載の講演内容の方が
詳しいので、ここではパンフレットからご紹介したい。いささか長いので、3回に分けて掲
載し、読みやすいように、適宜、改行や句点を施し、小見出しも編集部で付したことをお
断りする。

 なお、当日の模様は日本戦略研究フォーラムのホームページに写真とともに掲載してい
るのでご参照いただきたい。

◆第27回定例シンポジウム「親日国からのメッセージ、そして日本の役割」
 http://www.jfss.gr.jp/shinpujum/shinpujum27kai/20120723.htm


親日国からのメッセージ、そして日本の役割(3)
【日本戦略研究フォーラム:第27回定例シンポジウム基調講演】

                                    許 世楷

◆日本の「核心的利益」とは?

 今の台湾は、馬政権の中国の「好意と侵略」の上にバランスをとって生存しています。
これでは味方であるのか、ないのか、日米側にとってもクェッションつきの国になりまし
ょう。

 例えば、米国はF16C/Dを援助してよいのか、すれば高度のノウハウが中国に流れるか
もしれない、しなければ自由民主の台湾を独裁の中国に追いやるかもしれない、難しい選
択でしょう。

 さらに「好意と侵略」のバランスが崩れたとき、台湾が中国に併合されるとしたら、第
一列島線の中心的場所が獲られて、この線は崩壊します。尖閣列島どころか、沖縄全体の
日本分離が次の中国の核心的利益になりましょう。

 今の冷戦では、いかに第一列島線を守るかが、日米の核心的利益であり、台湾を守るこ
とが沖縄を守ることであり、台湾・沖縄を守ることが日本を守る核心的利益であると思い
ます。

 「最も好きな国は日本」が41%、「日本に親しみを感じる」75%、「日本は信頼でき
る」54%という民意調査の数字は、日本の対台湾外交の大きな資源です。馬英九総統が日
本統治下の烏山頭ダム建設技師八田与一の冥誕記念日に出席し、「私は親日」というのは
これら数字の力であります。

 従って、日本の対台湾外交は政府間関係だけでなく、対台湾人民間外交も重要な一環で
す。そして、対野党外交も大事だと思います。

◆台湾が「法理上の独立国家」となるために

 今日お話ししたことをまとめます。

 現在、台湾は「事実上の独立国家(de facto independent state)」であります。そこ
から抜けて「法理上の独立国家(de jure independent state)」になるためには、「中華
民国」という虚構から脱皮して「新生国家(newborn state)」台湾にならなければならな
い。

 それは、台湾と中国が別の国である現状を維持するためであり、日米の国益にも叶うこ
とであります。

1 今の東アジアは、米中両極の冷戦状態にあるのでしょうか?

2 日米同盟は東アジア安定の重要な枢軸であり、また、日本は東アジアに実在する国で
  あります。いま東アジア緒国の中で中国と対等に渡り合える国は、日本であり、東ア
  ジアの米側諸国から期待されています。

3 そうだとすれば、第一列島線上の台湾を日米側に引き止めておかなければならない、
  それは日本の対台湾外交に待つところが大きいと思います。

4 日本が前者のASEAN+nのnに台湾を推し、また自らTPPに入り、この連携を強
  化することは、そんなに困難なのでしょうか?

5 日本は東日本大震災で、災害からの復興、特に福島の原子力発電所問題、また財政の
  逼迫なども加わり、元気を無くしているかも知れませんが、日本は広島・長崎の核被
  爆を経て第二次世界大戦で敗戦を喫しているにも拘らず、不死鳥のように蘇り、世界
  一の経済大国にまで登りつめたこともあります。もっと自信を持ってアジアの大国、
  またアジアにおける最も長い自由民主主義・法治・人権大国として、リーダーシップ
  を発揮していただきたいと願ってやみません。

                                   (おわり)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画『跳舞時代』DVD → 現在、在庫切れですが、8月中旬に入荷の予定です。
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:M・緑
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第15集・第16集) お申し込み *在庫切れ:第15集
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,