<ブックレヴュー>『米国人が語る日本の歴史:来るべき日本の悪夢 ― 統一朝鮮』

<ブックレヴュー>『米国人が語る日本の歴史:来るべき日本の悪夢
― 統一朝鮮』

An American Speaks on Japanese History: The Coming Japanese Nightmare, A
Unified Korea

Max von
Schuler マックス・フォン・シューラー(ハート出版)

評者:Tadashi Hama タダシ・ハマ

これまで、本書評欄でこの著者の本を2点紹介しておりますが、原書はバイリンガル書です。パラグラフごとに英訳がつくという形式になっています。書評は、英語で書かれたものをここでは、日本語訳してご紹介します。

英語原文:
http://www.sdh-fact.com/CL/the-coming-Japanese-nightmare1.pdf

日本語訳:
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Schuler.pdf

原著者のマックス・フォン・シューラ―氏はドイツ系アメリカ人で、海兵隊員として来日し、その後日本に40年間以上滞在してますが、最近の米国の事情についてもきちんと把握しており、米国の現状の深刻な問題点と絡めて日本の問題について日本人に警鐘を鳴らしています。

 文在寅政権は、早急な朝鮮の統一を図ろうと意図して動いています。多くの韓国の人たちも浮かれてそれを望んでいるように見えます。しかし、朝鮮統一は、金正恩がリーダーシップを取った形で実現する公算が極めて高いとみられています。実現した統一朝鮮は、多くの問題を生み出し、特に南朝鮮の人々の不満が鬱積することになるだろうと筆者は予想します。その時極左政権は日本をスケープゴートにする政策を必ず取ることになるでしょう。

 日本の左翼は極左政権の反日プロパガンダを日本国内に拡散し、日本国内はにお本陣と在日朝鮮人の暴力的な衝突を招くことになるでしょう。日本国内では、反日勢力が騒擾状態を作り出し、その一方では半島での混乱を避けて、多数の朝鮮人が日本に逃げてくることになるでしょう。

 極左政権にとって日本侵攻の絶好の口実がうまれます。「在日朝鮮人の保護」です。こうして始まる九州への朝鮮統一政府の侵略がどのように進行していくかを著者は予測していきます。この予測で、著者は特に3つの要素を取り上げています。

 第1は在日米軍が、ポリティカル・コレクトニスの影響にどれだけ抵抗した行動をとれるか、という普通ではちょっと考えられない側面を取り上げられます。「結果の平等主義」を取り入れつつある米軍は、戦闘力、士気の低下が浸透しつつあるが、果たしてこの軍が日本を助ける行動に出られるのか、ということです。(実は、予測では、中司令部の命令に反して日本支援行動をとるという結果となるのですが。)

 第2は、自衛隊がどう出るかということ、第3は日本国民と半島から逃げてきた朝鮮人の動向です。

 著者の予測は、日本にとって最悪とはならないものになっていますが、ではなぜそうなるのか、ぜひ本書評、さらには原著をお読みください。

令和元年5月30日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org/

An American Speaks on Japanese History:

The Coming Japanese Nightmare, A Unified Korea

Max von Schuler

Heart Publishers, Tokyo, 2017

Reviewed by Tadashi Hama

German-American Max von Schuler arrived in Japan as a US Marine and ended
up staying for over forty years. This is his third book, published by Heart
Publishers, in bilingual form, following “An American Speaks: The
Japanese History That Some Want Hidden,” and “2nd Civil War: Battle for
America”, reviews of which were announced in Newsletter No. 192 and 202.

Three different points underlie his view of the emergence and outcome of a
potential nightmare, a unified Korea.

South Korean President Jae-in Moon is trying to pave the way for imminent
Korean unification, which many people expect to bring about “economic
bonanza” to East Asia. However, the author predicts a unification
leadership headed by Kim Jong-un and elements sympathetic to him and of
inevitable emerge of intense resentment on both sides. The left-led unified
government is very likely to utilize Japan as scapegoats in order to
protect itself.

Japanese leftists will “dutifully” amplify Korean anti-Japanese
propaganda, which will, in turn, lead to violent clashes between Japanese
and Korean residents in Japan. At the same time, turmoil in Korea will lead
to waves of Koreans escaping from Korea. Under this circumstance, the
Korean leadership will launch an invasion of Kyushu, in the name of
“protecting resident Koreans” in Japan.

Max von Schuler writes a scenario on how this invasion will progress and
end up.

In this scenario three important elements are used. The first element is,
perhaps surprising to readers, the extent to which the American military in
Japan resists political correctness. Up till now its military effectiveness
is greatly diminished due to the demand by military leaders of “equal
outcomes”. He predicts that the US military in Japan will support Japan
and resist instruction from Washington, DC. The second element is the
effectiveness of the Japanese Self Defense Force and the third element is
the action of Koreans refugees arriving in Japan.

His scenario may be criticized as being too optimistic but very
interesting to read nonetheless.

Book Review: HTML:
http://www.sdh-fact.com/review-article/1350/

PDF:
http://www.sdh-fact.com/CL/the-coming-Japanese-nightmare1.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL
http://www.sdh-fact.com/

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese
custom.


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: , , , ,