黄昭堂先生告別式参列と「黄昭堂兄弟安息告別禮拜」の動画

黄昭堂先生告別式参列と「黄昭堂兄弟安息告別禮拜」の動画
日本李登輝友の会メルマガ日台共栄より転載

日本李登輝友の会役員団の黄昭堂先生告別式参列と「黄昭堂兄弟安息告別禮拜」の動画

 本会の田久保忠衛副会長を団長とする「役員訪台団」は11月30日から12月3日にかけて台
湾を訪問、ご静養中の李登輝元総統をお見舞いし、また本会のカウンターパートである李
登輝民主協会(蔡焜燦理事長)と夕食会などを行い、交流を深めた。

 今回の訪問の目的の一つは、お世話になった黄昭堂先生の告別式にも参列することにあ
った。それに先立ち、私どもが台湾に着いた11月30日に台湾独立建国聯盟本部を弔問した。
聯盟本部内には遺影を真ん中に立てた祭壇が設けられ、その周りには献花の胡蝶蘭がとこ
ろ狭しと飾られていた。その中に李登輝元総統からの献花もあり「痛失良友」と添えられ
ていた。王金平・立法院長や陳菊・高雄市長など台湾の方々に交じって中嶋嶺雄氏や池田
維(いけだ・ただし)元交流協会台北事務所代表からの献花もあった。

 それぞれ遺影に拝礼後、羅福全・前駐日台湾代表と蔡焜燦・台湾歌壇代表に黄昭堂先生
を偲ぶいろいろなお話をお聞かせいただき、柚原正敬事務局長は、先に台湾にお届けした
小田村四郎会長の弔辞を読み上げて捧げた。

 亡くなられて約半月を経ていたが、未だ弔問に訪れる方は少なくないそうで、私どもが
羅福全氏からお話を伺っているとき、彭栄次・亜東関係協会会長が訪れた。拝礼すると、
おもむろにポケットから紙片を取り出し、遺影に向かい日本語で弔辞を読み上げられた。
日本と違う慣習にいささか驚かされたものの、ねんごろに読み上げられる様子は印象深か
った。

 告別式は12月3日午前9時から台北の第2殯儀館にて執り行われ、「役員訪台団」一同も参
列した。蔡英文・民進党主席や陳菊・高雄市長など千を超える参列者で会場は満堂となっ
ていた。林建良・本会常務理事も日本から駆けつけていたが、その他にも日本から駆けつ
けた参列者は少なくなかった。

 教会の合唱団が日本語で「昴」(すばる)を合唱する中、許世楷・前駐日台湾代表(台
湾独立建国聯盟本部の主席代行)や羅福全・元前駐日台湾代表、王康厚・台湾独立建国聯
盟秘書長ら台湾独立建国聯盟関係者6名が棺に「台湾独立建国聯盟旗」を被せた。その後、
キリスト教の式次第に則って賛美歌が歌われ聖書を朗読、「台湾翠青」という歌が歌わ
れ、棺に被せていた連盟の旗がたたまれてご遺族に手渡された。その後、棺が開けられ、
参列者が棺の中の黄先生に別れの挨拶をした。

 私どもは夕方便で帰国するため、この午前中の告別式に参列しただけで、午後2時30分か
ら台北市内の教会で行われた礼拝には参列できなかった。

 その礼拝も模様がYouTubeにアップされているので、ここにご紹介したい。

◆主内 黄昭堂兄弟安息告別禮拜[2011/12/3]

 http://www.youtube.com/watch?v=I0zAOr1vIZo&feature=youtu.be

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,