真価が問われる台湾教育現場のコロナ対策

真価が問われる台湾教育現場のコロナ対策
真価が問われる台湾教育現場のコロナ対策

台湾は8月25日、108日ぶりにコロナウイルス国内新規感染者がゼロになりました。

ゼロになったことで、台湾国民に気の緩みが実際発生していることも事実です。

ただし子供の親は、依然と神経をピリピリしている人が多いかもしれません。

なぜなら9月1日の学校の新学期スタート、台湾政府教育部は(文部科学省に相当)授業は基本対面で行うという発表がありました。

なぜ台湾の親は心配しているのか?


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://m.facebook.com/taiwannokoe?_rdr

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

YouTube『Taiwan Voice』藤井厳喜 x 林建良 
※ぜひチャンネル登録をお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCTzfqkSSN_86JN2yidU2lhQ

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

タグ: , , , , ,