白色テロ時代再来

白色テロ時代再来
白色テロ時代再来

苗栗県長の疑惑が証明されれば政権は崩壊する?

〔台湾の声ニュース 2013.8.28 多田恵〕

苗栗県大埔の土地強制収用の問題で、県長・劉政鴻(中国

国民党)の権力の濫用が指摘されている。

この問題は、劉政鴻への度重なる抗議のみならず、内政部

へのデモへと発展している。

そして、苗栗県の公務員に何人も不審死が出ていることが

あらためて注目されるようになった。

最近明らかになって、白色テロの再来かと世間を驚かせて

いることは、土地の強制収用について抗議する学生たちを

、中央の警政署が「列管」つまり監視対象リストに加えた

ことだ。

この措置は、「民主化」以降は暴力団などへの監視に用い

られているものだ。これにより、地元警察による家族への

圧力、「教官」と呼ばれる学校に派遣された軍人から本人

への圧力、そして治安機関による電話の盗聴などが可能に

なる。

裏を返せば、学生たちによる、劉政鴻への平和的な抗議が

、馬政権を転覆させる危険性があると、政権が認めたとい

うことになる。

苗栗県長の公権力を濫用した土地強制収用の受益者が暴か

れることは、馬政権にとっても都合が悪いのである。

なお馬政府による、このような民主・自由への冒涜は、日

本人に対しても行われている。台湾独立を支持した田邊憲

司氏、尖閣諸島の日本の領有権を主張した新潟の水野氏が

台湾への入国を禁止されているという。

[RelationPost]
タグ: , , , , , ,