【NHK】新事実・パイワン族の「悲しい」は「懐かしい」の意味だった

【NHK】新事実・パイワン族の「悲しい」は「懐かしい」の意味だった

「人間動物園」の遺族は悲しんでいなかったー「JAPANデビュー」に悪質捏造疑惑 

           永山英樹

■視聴者に贖罪意識を植え付けた「人間動物園」

日本統治下における台湾人への弾圧、迫害を描いた「NHKスペシャル/JAPANデビュー」の第一回放送「アジアの“一等国”」。これを見た視聴者が在日台湾人に謝罪したと言うケースは、私が知るだけでも二件あるが、もっとも日本人に贖罪意識を植え付けたものに「人間動物園」があるはずだ。

番組は「人間動物園」とのテロップをつけ、台湾原住民であるパイワン族の集合記念写真を映し出し、次のようにナレーションした。

―――五十年間の日本の台湾統治を象徴する、二枚の写真です。「人間動物園」、そして「台北第一中学校の生徒達」。

番組が「日本の台湾統治を象徴する」と言う二枚の写真。
「人間動物園」との文字が見える

―――台湾の先住民族です。およそ百年前、日本は彼等をロンドンに連れて行き、博覧会の見せ物として展示しました。この写真には世界にデビューした日本が一等国へと登り詰めるまでの歴史が秘められています。

―――台湾領有から十五年後の一九一〇年。…ロンドンで開かれた日英博覧会。…特に人気を集めたコーナーがありました。台湾の先住民族、パイワン族。日本は、会場内にパイワンの人々の家を作り、その暮らしぶりを見せ物としたのです。

1910年の日英博覧会

―――当時、イギリスやフランスは、博覧会で植民地の人々を盛んに見せ物にしていました。人を展示する、人間動物園と呼ばれました。日本はそれを真似たのです。

そしてカメラは台湾へ。

―――台湾南部、高士村。パイワン族が暮らす村です。およそ100年前、日英博覧会に連れて行かれたのは、この村の出身者でした。

―――博覧会の会場で売られていたパイワンの人々の写真です。裏には、高士村から来た、と記されていました。展示された青年の息子、許進貴さん。そして娘の高許月さんです。父親の名は、チャバイバイ・プリャルヤン。チャバイバイさんは生前、博覧会のことについて子供達に語ることはありませんでした。

ここで高許月さんが父親の写真を見せられ、パイワン語で語る。「悲しいね。この出来事の重さ語りきれない」との字幕。次いで日本語に通訳する声。「悲しいね。語りきれないそうだ」と。

「悲しい」と語る高許月さん

父親が日本人によって「動物」のように見世物にされたとの事実に打ちのめされる高許月さんの姿は、視聴者の涙を誘ったことだろう。そしてこの残酷な仕打ちへの怒りも抱かせたに違いない。そしてこれが「日本の台湾統治を象徴」していると言うのだから、視聴者は自ずと贖罪意識を抱くこととなろう。

■パイワン族の「悲しい」は「懐かしい」の意味だった

しかし、そこにこそ、この反日番組の意図があると直感した視聴者は少なくなかった。かくして「人間動物園」は史実かとの疑いが広く持たれたのだった。

そのような疑念を抱き、番組検証のため台湾で取材を進めているのが衛星放送「日本文化チャンネル桜」だが、先日その取材班は高許月さんを探し当て、インタビューを行い、その模様を六月十五日に放送した。

そしてそれによって判明したのは、パイワン族の言う「悲しい」には「懐かしい」と言う意味があると言うこと。番組の中で高許月さんが言った「悲しい」とは、父親の写真を見て「懐かしい」との意味だったことも判明した。

取材に出かけたキャスターの大高未貴さんに対し、「日本人と合うと本当に悲しい」と泣く高許月さん。大高さんによると、「日本人を見るだけでも懐かしく、父親を思う気持ちで涙を流していた」とのことだ。

NHKの番組で「悲しい」と語らせたのは濱崎憲一ディレクターらしい。では彼は「悲しい」の意味を知らなかったのか。高許月さんの隣人の陳さんと言う人は、「NHKの人は“悲しい”の意味を知っていた。なぜなら俺が通訳してやったからだ」と大高さんらに語ったらしい。

なお、高許月さんは、濱崎氏からは「人間動物園」なるものの話を聞かされなかった模様。

関係者の話によると、濱崎氏は高許月さんらから、「日本人が来た」として歓待されたそうだ。しかし番組はそうしたことには触れず、ただ高許月さんが日本統治時代を悲しんでいるかのような場面しか映し出さなかったわけだ。

日本の台湾統治を貶めるためとは言え、いったいいかなる番組編集を行ったのか。

■台湾人の人権を侵害したのはNHK自身だ

そもそも番組は「当時、人間動物園と呼ばれた」、そして「日本はそれを真似た」と断言するが、本当に一九一〇年当時、そのような用語があったかについては、NHKも説明できずにいる。

どうもその言葉は、仏人学者のパスカル・ブランシャール氏が二〇〇〇年に発刊した著書で初めて使用したものらしいとの見方が有力になっているが、その学者こそ番組に登場し、「当時、西洋列強には文明化の使命という考え方がありました。植民地の人間は野蛮な劣った人間であり、ヨーロッパの人々は彼らを文明化させる良いことをしていると信じていました。それを宣伝する場が人間動物園だったと言うわけです」とコメントするなどで、日本の台湾統治を痛烈に批判した人物だ。

またNHKは日本人が「人間動物園」なるものを展示したことを示す資料も提示できないでいるようだ。

そのためであろう、日英博覧会に関する史料に「人間動物園」との記述はあるかとの中山成彬衆議院議員の質問状(二回目)に対し、NHKは「番組では日本がこの展示を『人間動物園』と呼んだとはコメントしていません。イギリスやフランスを『真似た』と伝えています」と言って、直接の回答を避けている。

しかし上の写真を見てもわかるように、番組はパイワン族の集合写真を映し出す際、はっきりと「人間動物園」とのテロップを付しているのだ。視聴者に対しては、はっきり「コメントした」としか言えないではないか。

どうも番組は、先ず反日内容のシナリオがあり、それに史実を歪め、あるいは創り、そこに当てはめる形で制作されたように思われる。そしてその過程で、NHKの意図など想像もしていない高許月さんの証言に対しても、番組に都合のいい意味合いを持たせたと言うことではないのか。

これは視聴者に対する背信行為であるだけでなく、高許月さんの人権を侵害するに等しい悪辣な手法である。

架空の「人間動物園」でイメージされた台湾人に対する先人の悪行に等しいことを、NHK「JAPANデビュー」自身が行ったと言う事実を、我々は深く認識しなければならない。

*********************************************

以下は6月15日に放送されたチャンネル桜の番組動画。
【台湾取材レポート】パイワン族・高許さんへのインタビュー[桜 H21/6/15] http://www.youtube.com/watch?v=ZIlxF9UW0Pk

【原告募集!】NHK集団訴訟 「訴訟委任状」提出のお願い
「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」をはじめ、番組製作・放送において著しい偏向報道や歪曲、捏造、印象操作等を行いながら、国民からの抗議や批判にも不誠実な対応を改めようとしない NHK に対し、公共放送としてあるまじき道義的責任を問うべく、来たる6月25日に 集団訴訟 を提起いたします。
つきましては、本訴訟に 原告 としてご賛同いただける方は、下記の要領にて 「訴訟委任状」 をお送りください!
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html 

東京 6・20 NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾 

平成21年6月20日(土) ※雨天決行

【街頭宣伝】11時00分〜13時30分 JR「渋谷」駅ハチ公前広場

【デモ行進】13時00分 代々木公園 イベント広場 (NHKホール隣) 集合
 ※ JR「原宿」駅(表参道口)、東京メトロ「明治神宮前」駅(1番出口)「代々木公園」駅(4番出口)より徒歩5〜10分。東京都道413号(表参道通り)からNHKホールへと通じる けやき並木を進むと、NHKホールの手前、右手に広場があります。
13時00分〜14時30分 集会(準備・挨拶)
14時30分〜15時30分 NHK包囲抗議デモ  →  代々木小公園 到着

※ 台湾のイメージカラーである 緑色の風船の準備(ガス注入等) をお手伝いいただける方は、11時までに代々木公園 イベント広場 へいらしてください(9時から作業を行う予定です)。少しでも多くの参加者に 緑の風船を手にしていただけるよう、ご協力をお願いいたします!なお、風船準備の時間と場所は変更になる可能性もあります。変更の場合は、当ページにてお知らせいたしますので、ご確認くださいますよう、お願いいたします。

【主催】草莽全国地方議員の会、「NHK『JAPANデビュー』を考える国民の会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、在日台湾同郷会、台湾団結連盟日本支部、メルマガ「台湾の声」、NHK報道を考へる会、誇りある日本をつくる会、昭和史研究所、日本世論の会、日本会議東京都本部、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会、新しい歴史教科書をつくる会 東京支部・三多摩支部 ほか

【協賛報道】日本文化チャンネル桜、國民新聞

【ご連絡先】
草莽全国地方議員の会  TEL/FAX 03-3311-7810
日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会  TEL  03-6419-3900

「台湾は日本の生命線!」メルマガ版を創刊
反中華覇権主義運動のさまざまな関連情報を配信中。
登録先・バックナンバー http://www.melma.com/backnumber_174014/
Ads by Google
フランスベッド60周年 – www.francebed-plaza.com
東京で年に1度の2日間限定イベント高級品を特別価格で。来場者特典アリ
-JALハワイ-往復航空券 – www.jal.co.jp
東京ホノルル往復5,364マイル !家族でためたマイルは合算OK
PG,SEに特化した話し方 – www.isoroot.jp/itengineer/
話し方を苦手から自分の武器に。限定無料コンサルティング実施中
FC2 Management

コメント(14) / トラックバック(0) / 媚中派日本人を許すな
NHK監視を拒否する総務省の事勿れ主義!―放送政策局長が明らかに(付:動画―NHK問題を考える議連発足)
2009/06/15/Mon
内容の偏向、捏造の事実が次々と明るみになっている「NHKスペシャル/シリーズJAPANデビュー」の第一回放送「アジアの“一等国”」。「放送法第三条の二」違反が大きな問題となっている。

ちなみに「放送法第三条の二」とは

放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

ところがこの一件に関してNHKの日向英実放送総局長は五月二十六日の日本放送協会第1095回経営委員会席上、「われわれとしては1つ1つの番組が必ず公平・公正を担保しなければならないという考え方はとっていません」(同委員会議事録)とのNHKの見解を示したのだ。

それほど馬鹿なことがあるだろうか。「番組一つひとつの内容を問題にするな。NHKの放送全体を見て判断してくれ」と言っているのである。

放送法違反の悪質番組を制作・放送しつづけるNHKにとっては、責任逃れには実に都合のいい法解釈である。また放送法自体を形骸化、無力化する解釈とも言える。なぜなら違反番組一つひとつを見て、悪影響を被る視聴者の損害を一切考えていないからだ。

これはまさに国法をも恐れぬNHKの暴走と言うべきである。ここにおいて求められるのは総務省による断固とした措置となる。ところが日向氏はこうも付け加えているのだ。

「総務省も(NHKと)同じ見解だと思います」(同上)と。

これは事実のようだ。

六月十一日に国会内で開かれた「公共放送のあり方について考える議員の会」の第一回会合でも、呼び出された総務省の放送政策局長が同様の答弁を行い、議員たちを激怒させている。

当日のやり取りの一部を、日本会議関係者がまとめた議事録から引用しよう。

放送政策局長ははじめに同省の考えをこう説明した。

―――まず放送番組が偏っているかどうかということにつきましては、私ども放送法の運用におきましては、一つの番組ということではなくて、放送事業者全体の番組を見て判断をすべきだろうというふうに思っております。

見てのとおり、NHKとまったく同じ見解だ。「放送事業者全体の番組を見て判断をすべきだろう」と言っている。しかしいったい誰が「全体の番組」を見て、比較し、判断を下すことができると言うのか。総務省までがこうした不合理な見解を持つ理由は、次の発言で明らかになろう。

―――私どもは表現の自由の保障という観点から放送法の運用につきまして、政府が非常に積極的に何かを申すということには慎重であるべきではないかというふうに思っておりまして、今のNHKの問題につきましてはいろいろご議論ございますので、私どもといたしまして議論を踏まえましてどういう対応をするかということは検討いたしたいと思いますが、現在までの運用といたしましては表現の自由ということに鑑み、慎重に運用していきたいと思います。

要するに一言で言えば、総務省は「表現の自由」を侵害したと批判され、責任を取らされるのが嫌だから、NHKに対して「何かを申すこと」には「慎重であるべき」と言っているのだ。いや「慎重」と言うより「拒否」に近いと言うべきだろう。次の発言も見てみよう。驚かされる。

―――事実を曲げないようにすることということにつきましても、(中略)放送法に基づく行政指導というのはもちろんやっております。ただし、その場合は放送が事実でないということを放送会社が明確にお認めになって、(中略)その内容が真実でないということをお認めになった場合に指導をしているのがほとんどでございます。

もしNHKの番組が問題なら、NHK自身が誤りを認めない限りは、総務省としては行政指導はいたしません、と言うことだ。これは職務放棄の宣言に等しい。それともメディア犯罪への加担と言うべきか。

このような説明に対し、居合わせた議員たちはもちろん、怒った。

たとえば当然のように次のような発言が。

―――ちょっと、それはおかしいんじゃないかな。(中略)サブリミナル効果だ何だってあるでしょう。(中略)「人間動物園」とやっているんだよ。(中略)みんながおかしいと言い出したことは、みんなが何か感じているということだから、そういうことはやっぱりきちっと注意するなり、(中略)役所が調べる必要だってあるんじゃないの。

質問も出た。

―――それはおかしくないですか。1個はすごく事実に反しておかしな番組だけど、ほかでいい番組を作っていたら、それは放送法に違反しないと聞こえました。 

さっそく筋の通らぬ発言部分を衝かれた形だ。ところが局長は意外にも、あっさりと前言の修正に乗り出した。

―――すみません、舌足らずなところがありましたら訂正したいと思いますが、事実に反するかどうかということにつきましては、これは全体ではなくて個別のお話でございます。

―――したがいまして、ある特定の番組の中で事実に明確に反した報道がなされたという場合には、それはそのことだけをもって、それは放送法に違反する恐れがあるというふうに認定をさせていただいております。

これは巧妙である。決して「放送事業者全体の番組を見て判断すべき」を撤回するものではなかったからだ。

こう続けている。

ーーー政治的に公平である、あるいは番組に偏りがあるということにつきましては、これは個別の番組一つひとつを見るものではなく、放送事業者の放送番組全体を見て…。

つまり法規定の「報道は事実をまげないですること」は番組一つひとつを対象とするが、「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」は、他の番組を含めた放送全体で考えるべきことだと。

これで、この局長に対する議員たちの集中砲火が始まった。

―――放送法の解釈おかしいでしょう。どこにも書いていないじゃないですか。放送法の3条の2の解釈をそんな恣意的に。(中略)なぜ恣意的な解釈をするんですか。
 
―――確かにおかしい。放送法があるわけだから、それが守れないような役所なんか要らないよ、総務省なんか。法律は守らなくてもいいと言っているのと同じじゃないですか。

―――その答弁を一昨年、私がNHKに質問したとき、確かに局長はそういう答弁をしたんですよ。(中略)それは全くおかしい。そんなことがあるなら、今度の総務委員会は徹底的にやりますよ。

それを黙ってニタニタしながら聞く局長。再び発言を求められ、こういった。

―――この問題につきましては、今現在、NHKに対して公式的にこれは事実かどうかというお問い合わせをしてはおりません。

―――すべての番組につきまして問い合わせをしているわけではなくて、必要に応じ、もちろん私どもは適切な対応をとらせていただいています。

「もちろん適切な対応をとる」とは言うが、このNHKの偏向捏造番組問題に関しては、でき得る限り有耶無耶にしたいと願っていると言うことは、上の答弁からも明らかだ。

NHKが中国の政治宣伝の代行業者のごとき放送を続けられる背景には、こうした総務省の事勿れ主義に基づくメディア放任の姿勢が存在するのだ。

拡大する一方の「JAPANデビュー」問題。国民にさまざまなことを教えてくれる。戦うべき相手がどこにいるかを。

【過去の関連記事】
許されざるNHK「偏向責任」回避の論理―経営委員会で明らかに
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-786.html
NHK問題で議連発足!ー痛快だった第一回会合/先ず怒りは総務省へ
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-784.html
*********************************************
20070618232827.gif

 ↑  ↑
よろしければクリックをお願いします。
運動を拡大したいので。

【原告募集!】NHK集団訴訟 「訴訟委任状」提出のお願い
「NHKスペシャル シリーズ『JAPANデビュー』 第1回『アジアの“一等国”』」をはじめ、番組製作・放送において著しい偏向報道や歪曲、捏造、印象操作等を行いながら、国民からの抗議や批判にも不誠実な対応を改めようとしない NHK に対し、公共放送としてあるまじき道義的責任を問うべく、来たる6月25日に 集団訴訟 を提起いたします。
つきましては、本訴訟に 原告 としてご賛同いただける方は、下記の要領にて 「訴訟委任状」 をお送りください!
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html 

以下は6月13日に放送されたチャンネル桜の番組動画。
【議連発足】公共放送のあり方について考える議員の会[H21/6/13] http://www.youtube.com/watch?v=MZvRJzP-fFE

東京 6・20 NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第3弾 

平成21年6月20日(土) ※雨天決行

【街頭宣伝】11時00分〜13時30分 JR「渋谷」駅ハチ公前広場

【デモ行進】13時00分 代々木公園 イベント広場 (NHKホール隣) 集合
 ※ JR「原宿」駅(表参道口)、東京メトロ「明治神宮前」駅(1番出口)「代々木公園」駅(4番出口)より徒歩5〜10分。東京都道413号(表参道通り)からNHKホールへと通じる けやき並木を進むと、NHKホールの手前、右手に広場があります。
13時00分〜14時30分 集会(準備・挨拶)
14時30分〜15時30分 NHK包囲抗議デモ  →  代々木小公園 到着

※ 台湾のイメージカラーである 緑色の風船の準備(ガス注入等) をお手伝いいただける方は、11時までに代々木公園 イベント広場 へいらしてください(9時から作業を行う予定です)。少しでも多くの参加者に 緑の風船を手にしていただけるよう、ご協力をお願いいたします!なお、風船準備の時間と場所は変更になる可能性もあります。変更の場合は、当ページにてお知らせいたしますので、ご確認くださいますよう、お願いいたします。

【主催】草莽全国地方議員の会、「NHK『JAPANデビュー』を考える国民の会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、在日台湾同郷会、台湾団結連盟日本支部、メルマガ「台湾の声」、NHK報道を考へる会、誇りある日本をつくる会、昭和史研究所、日本世論の会、日本会議東京都本部、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会、新しい歴史教科書をつくる会 東京支部・三多摩支部 ほか

【協賛報道】日本文化チャンネル桜、國民新聞

【ご連絡先】
草莽全国地方議員の会  TEL/FAX 03-3311-7810
日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会  TEL  03-6419-3900

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,