【NEWS】国民党:「民進党・蘇貞昌主席は日本の犬」2014.2.11

【NEWS】国民党:「民進党・蘇貞昌主席は日本の犬」2014.2.11
【NEWS】国民党:「民進党・蘇貞昌主席は日本の犬」 2014.2.11

台湾の声ニュース 2014.2.11

馬政権は、教育要領の「微調整」で、中国意識に基づいた洗脳教育に戻そうとしている。

これについて台湾では連日抗議活動が続いている。他方、中国国民党側もさまざまな形で、教育部のこの「微調整」を支持する声を挙げているが、国民党の記者会見において、立法委員の陳淑慧が、「微調整」に反対する民進党の蘇貞昌主席について「中華民国の国民ではなく、日本の犬になろうとしている」と批判した。この「非国民」という言い方、「日本の犬」という言い方から、透けて見えるのは、国民党がその党名が示すように、まさにシナ・ファシズムの政党であり、台湾に相応しい政党ではないことである。

なお、国民党汚職政党による統治下の台湾ではさまざまな問題が起こっている。実は、旧正月明け(5日)から、台湾では戸籍事務処理システムに新しいシステムを導入したが、それが使い物にならない代物で、現在、戸籍関係の手続きに大きな支障が出ていて、国民身分証も仮の証明書を発行している状態である。

民進党の陳其邁議員は、この新システム発注の入札の参加資格が制限され、結局、入札に参加した企業が一社だったことをつきとめて、この導入に関わった内政部長(国民党)の責任を追及している。

[RelationPost]
タグ: , , , , ,