【NEWS】台独聯盟日本本部 顧問制度創設 元老の指導の下で若者にバトン

【NEWS】台独聯盟日本本部 顧問制度創設 元老の指導の下で若者にバトン

台湾の声ニュース 2013.8.5

台湾独立建国聯盟日本本部は、8月4日に盟員大会を
開き、委員長選挙の結果、満場一致で王明理委員長の
続投を決めた。

顧問設置案も採択された。顧問は委員長の推薦で、盟
員大会の同意を経て委託する。顧問は日本本部のほか
の要職につかないことと定めている。

また70歳定年制度の導入の提案もあったが、これは
意見として尊重し、規約に入れないということになっ
た。

議案審議に入る前、執行部報告の中で、中央委員宗像
隆幸総務部長が辞職を表明した。来月77歳になるた
めという理由である。

70歳以上をなるべく選ばないという合意のもとで中
央委員選挙を行い、続投する委員に加えて趙天徳(総
務部長)、張雅孝(国際部長)、羅世雄の各氏を新た
に選出した。

また宗像隆幸、小林正成、廖建龍,連根藤の各氏を顧
問とする提案が通過した。金美齢氏は顧問を辞退した
が、重要なメンバーであることに変わりはない。

また大会では宗像氏の提案していた台湾国名正常化声
明案を採択し、9月に行われる世界中央委員会で提案
することが決まった。

また『建国舵手 黄昭堂』を宗像氏と趙氏が日本語に
翻訳し、修訂を加えた『台湾独立建国運動の指導者
 黄昭堂』が自由社よりまもなく出版されるという報
告があった(ISBN:9784915237782; 本体価格1500円)。

[RelationPost]
タグ: , , , , ,