【超拡散希望】《歴史戦ポストカードの効果的な利用方法》

【超拡散希望】《歴史戦ポストカードの効果的な利用方法》
【超拡散希望】《歴史戦ポストカードの効果的な利用方法》

              ジャーナリスト  水間政憲

■「明るい日本を実現する」プロジェクトに賛同していただいた皆様、年末に岸田外務大臣の不可解な訪韓に気分を害されたことと存じます。

これから韓国の対応の仕方次第では、かえってギクシャクすることになりますので、静観しつつも今まで通り、韓国には何も期待せず、私たちの出きることを淡々と実行することが、ストレスを溜めない最善の方法です。

実際、戦前からの歴史を俯瞰すると、外交問題として重要なのは、中国の動向ですので、中国の狙いを阻止できるか否かが、我が国の国益に直結しますので、一丸となって「明るい日本を実現」するプロジェクトを巨大なうねりにできるかに掛かっています。

日清戦争から中国は、権力闘争などの国内問題を解決する手段として、常に日本を巻き込んで利用する戦略をとってきていますが、現在の状況は、日支事変前と酷似しておりますので、為政者の政策次第では、また、戦争に引きずり込まれます。

戦前も、日本政府が中国との情報戦に後手後手の対応だった事に対して、国民から批判されていたと1939年の朝鮮総督府の機関誌に掲載されていましたが、結果は「批判」が正しかったことが、その後の歴史が証明しています。

当時、日本政府のだらしなさを覚醒していた国民が批判していても、国民が行動を起こすにも有効な手段は、有りませんでした。

中国の為政者貴族たちの過去100年間の目的は、中国を良い国にすることより、家族一同が三世代暮らせる財力を溜め込んで国外に財産を移し、国外への脱出を自分たちの意思ではなく、内乱から戦争状態で仕方無く「脱出」したとの「大義名分」のために日本を利用する目的で「挑発」を繰り返しているのです。

※それが、過去100年間、中国為政者の真の姿なのです。

その中国為政者の目論見を潰せる武器が、「尖閣ポストカード」と「1969年の尖閣地図解説書」なのです。

2004年11月に『SAPIO』誌上に「1960年の中国が発行した尖閣地図」をスクープしたとき、探す過程で神田神保町の有名古書店には、中国人が手に数百万円握りしめ「地図、地図」と連呼し、中国発行の「尖閣地図」を買い占めていたとのことです。

それだけ、中国は自ら日本領と認めていた「尖閣地図」に脅威を持っていますので、今回スクープした「中国政府が1969年に発行した尖閣地図」が残り一枚だけで、その所蔵先が中国が察知したら、数十億円の現金を差し出しても入手することでしょう。

それほどの価値がある「尖閣地図」が皆様方の手元に複数枚届いていますので、世界中のマスコミや研究機関、そして国際海図機関や国際海洋裁判所などに、大量にばら蒔けば、中国は尖閣問題から撤退を余儀無くされるのです。

それを、我々有志連合が出来るのも、トドメになる一次資料をスクープできたからであり、また、世界中への「ばら蒔き作戦」に賛同してくれた皆様方がいたからなのです。

皆さん、笑い話のようですが、国会議員が手にしてない国益を守れる武器(地図)を、国民が手にして世界中にばら蒔ければ、国会議員最大の仕事「領土と国民を守る」を、有志連合が直接やっていることになり、国会議員は必要なくなりますね。実際、同プロジェクトに賛同された方々は、すでに行動されており、国内外に「尖閣ポストカード;100万枚」と「尖閣地図;10万枚」が、世界中にばら蒔かれたら、ピタッと中国は尖閣を問題にしなくなるとともに、中国共産党の「嘘」がバレて、中国共産党政権の正統性も失墜し、中国共産党が崩壊する可能性すらあり得るのです。

これが、情報戦の真髄ですので、歴史を相対化できる覚醒されていらっしゃる皆様方は、「明るい日本を実現する」プロジェクトに参加していただけると確信しております。

※「1969年に中国政府が発行した尖閣地図一枚」は、如何なる「尖閣関連本」より価値があることを、保守国民が認識できるか否かですが、すでにその決定的な価値を認められ、行動されていらっしゃる方が北海道から九州まで沢山いらっしゃるので、「明るい日本を実現する」ことは、3年より早まることが確実になりました。

◆尖閣地図や尖閣ポストカードと南京ポストカードの詳しい解説は、1月8日に中山恭子先生のチャンネル桜の番組「日いづる国より」で放送になりますので御覧ください。

※「明るい日本を実現する」プロジェクトの詳しい内容は、ブログ【水間条項】を検索ください。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , ,