にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【賛否両論】沖縄の基地を台湾に移転すべきか

【賛否両論】沖縄の基地を台湾に移転すべきか

賛成意見

【アンディ チャン】沖縄の基地を台湾に移転

    アンディ チャン

1月17日にジョン・ボルトン元国連大使がウォールストリートジャ
ーナルに寄稿し「米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化
できる」と述べ、沖縄の米軍基地を一部台湾に移転することを提案
した。

あれから十日以上も経つのに日本、沖縄、そして台湾でもボルトン
の提案が有識者によって討論されていないのは不思議である。しか
もトランプ大統領は米国の革新的利益を強調し、「一つの中国」原則
に疑問を呈したはずなのに、ボルトンの新提案について沈黙してい
るのはまことに歯がゆい。

数年前に私が提案した東南アジア平和連盟(PASEA)で述べたように
台湾は東アジアの中央、お臍にあたる場所に位置している。沖縄か
ら台湾に軍事基地を移転すれば東アジア全体に睨みが効くし、沖縄
の基地問題が解消される。つまり台湾は中国の覇権拡張を抑える肝
心かなめの要塞である。

●中国は大反対

もちろん米国が沖縄の軍事基地を台湾に移転すると決めたら中国は
大慌てで反対し、戦争になると恫喝するだろう。しかし台湾は中国
の領土であるという「一つの中国」を守る必要に疑問を呈したトラ
ンプにとって中国の反対は当然と見るに違いない。

カーターが台湾の中華民国と断交して中国と国交を結んでからこれ
まで、中国はアジアにおける領土の主張を何回も変更して覇権進出
を続け、今では台湾、尖閣諸島、南シナ海までみんな中国の領土と
主張するようになった。オバマのアジア回帰はリップサービスだけ
で少しも中国の覇権拡張を抑えることが出来なかった。

中国が南シナ海で軍事建設を進めてもアメリカは反対しなかった。
中国の勝手な進出をストップしなければアジアの平和は得られない。
中国の進出を阻止するなら米国と東南アジア諸国の連合が必要だし、
台湾が最も重要な戦略基地となる。

●台湾独立で中国の進出を封じる

第二次大戦の終結から今日までアメリカは台湾問題を曖昧にしてき
た。日本はサンフランシスコ平和条約で台湾澎湖の主権を放棄した
が台湾の主権は未決のままだった。台湾はいずれの国の領土でもな
い。台湾の主権は台湾人民のものである。。「一つの中国」は中国側
の勝手な言い分である。アメリカは台湾関係法で台湾の安全を保障
したが台湾独立を支持していない

台湾が独立を主張すれば中国は台湾を攻撃すると恫喝し、アメリカ
は戦争を避けるため中国の「一つの中国」に反対しなかった。トラ
ンプ大統領が初めてこれに疑問を呈した事は、東アジアの安全保障
に新しい展開の可能性を迎えたと言える。沖縄の基地を台湾に移せ
ば中国は台湾を攻撃出来なくなる。つまり、沖縄の米軍基地を台湾
に移せば中国の覇権進出をストップできるのである。台湾に軍事基
地を建設すれば日本海から南シナ海まで監視が出来る。

台湾海峡は世界でも最重要な商業航路で、毎日800隻以上の商船が
台湾海峡を行き来している。台湾海峡の安全を守るには台湾が必要
である。中国の太平洋進出をストップするには台湾とフィリッピン
間のバシー海峡と、台湾と与那国島や石垣島間の海峡を守るべきで、
台湾に海軍基地を作れば中国の艦隊の通過を阻止することが出来る
のだ。

台湾に米軍基地を作る事に中国の反対は予期できるが不可能ではな
い。ベトナム戦争時代に米軍は台湾中部に清泉崗空軍基地を作った
が中国の反対はなかった。つまり米国が沖縄の基地を台湾に移すこ
とで中国が抗議しても問題はないと思う。

●台湾の米軍基地具体案

ベトナム戦争から50年近くも経過して台湾は大きな発展を遂げた
ので台湾中部の清泉崗基地を利用するには困難かもしれない。しか
し台湾にはまだ基地を作る箇所がある。私の新しい米軍基地を作る
具体案とは次のようになる:

第一に、台湾東北部の蘇澳港と南部の高雄港の海軍基地を台湾の海
軍と共用使用する。これで台湾と石垣島間の海峡と、南のバシー海
峡の安全を確保できる。高雄海軍基地は中国の南シナ海の島々の勝
手な建設を監視する重要拠点である。蘇澳港は太平洋に面している
ので底が深く潜水艦基地に最適である。台湾の海軍基地は日本の横
須賀、佐世保と関連してアジアの海の重要な抑えとなるだろう。

第二に、東台湾の台東の空軍基地と、西台湾の屏東と嘉義の空軍基
地を拡張する。ベトナム戦争時代に米軍が使っていた清泉崗基地は
既に台中国際空港となっているので使えないが、嘉義と屏東の空軍
基地はまだ商業化していないので米軍基地として活用できる。台東
基地は台湾中央山脈の東側にあり空軍基地として最適である。

●台湾の戦略的位置

PASEA構想は数年前に安倍首相の提案したダイヤモンド構想と同じ
構想で、昔の大東亜共栄圏とも同じである。日本と台湾がこれを推
進すれば中国の進出を抑えることが出来るのだ。

前述したように台湾は東アジアの中央に位置し、台湾海峡の安全を
確保するのに最適である。中国が台湾を併呑したら中国の太平洋進
出は容易となり、アジア諸国は南北が分断され、中国は太平洋のハ
ワイから西アメリカ海岸まで出没できるようになる。中国の太平洋
進出をストップするには台湾が最も重要な拠点なのだ。つまり台湾
独立はアジアに大きく貢献する。トランプ大統領が台湾独立を援助
すればアジアに平和を齎すことが出来るのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
反対意見

【Bolton’s Gamble】 Should the U.S. Deploy Troops in Taiwan?

          Timothy RichTimothy Rich

A direct U.S. military presence in Taiwan would do little to provide broader stability while increasing the risk that both China and Taiwan would assume the worst from a Trump strategy of unpredictability.

Former U.S. ambassador to the United Nations and Trump adviser John Bolton suggested recently that the U.S. should increase military sales to Taiwan and stated the possibility of once again stationing U.S. military personnel on the island-nation. One of the benefits of the latter, Bolton said, would be to ease tensions related to the U.S. presence on Okinawa.

On its face, such an explanation appears to overestimate the benefits of easing an admittedly longstanding point of contention with Japan and to underestimate the ramifications of heightening tensions with China during a Trump transition period already viewed as less predictable. Regardless, Bolton’s comments are consistent with justifying a broader American commitment to Taiwan, though bold suggestions about altering U.S. policy on Taiwan as a means to confront China require greater attention to the expected outcomes.

The U.S.’ formal military presence in Taiwan ceased in 1979 following president Carter’s switch of diplomatic recognition to China and unilateral termination of the Mutual Defense Treaty of 1954, although American arms sales have continued since under the Taiwan Relations Act (TRA). Despite Chinese complaints, U.S. sales will continue for the foreseeable future, but the size of and pace of deliveries are less certain. From a legal perspective, President Trump could initiate the return of an American military presence to Taiwan, although such a move appears to conflict with the spirit of the three U.S.-China communiqués.

Bolton, in line with statements from other Trump advisers, appears to see Taiwan’s role in U.S.-China relations instrumentally, a part of a “diplomatic tool of escalation” where the threat of increased diplomatic and military ties will restrain Chinese actions. For example, according to this view the “Taiwan card” provides means to challenge China’s assertions over control of the South China Sea, suggesting that China’s aggressive pursuit of maritime claims will push Taiwan to pursue closer relations with the U.S.

However, the Trump administration risks underestimating the danger of playing the “Taiwan card.” The 1995-1996 missile crisis after the Clinton administration approved a visa for then president Lee Teng-hui highlights how actions that would be minor diplomatic rows in other contexts can quickly escalate across the Taiwan Strait. China’s protests regarding an emergency landing of two U.S. F-18s in Taiwan in 2015 show how just the appearance greater U.S.-Taiwan military coordination can heighten tensions. Chinese opposition to a more transparent and deliberate measure to use Taiwan — such as serious discussion on upgrading diplomatic relations or a formal U.S. military presence in country — would be unlikely to blow over so quickly. Furthermore, China certainly has multiple means to frustrate American interests in the region as a response to perceptions of stronger engagement with Taiwan, most notably with regards to North Korea.

The Trump camp rightly points out that U.S. relations with Taiwan should not be determined simply by China’s interests. However, upgrading U.S.-Taiwan ties should be predicated on Taiwan having already met the basic criteria of statehood and its growing economic and political importance in international relations, not as a bargaining chip that can be negotiated away if China makes whatever overtures the Trump administration desires. Chinese officials frequently reiterate that their country’s positions on Taiwan’s status and acceptable U.S.-Taiwan relations are non-negotiable, while an abrupt departure from this stance will have domestic costs in China. Perhaps most problematic, it is unclear whether the Trump administration would be prepared to cash in the “Taiwan card” under the highly improbable scenario that China did alter its behavior. As Alastair Ian Johnson points out, coercive diplomacy requires the coercer to reward desirable behav!
ior. If the U.S. continued to signal an intent to deepen relations with Taiwan in this scenario, China would then have no reason to consider future American offers.

Furthermore, viewing Taiwan relations instrumentally underestimates the country’s own agency by assuming that the Tsai administration in Taiwan is willing to play the circumscribed role the Trump administration puts forward. For example floating the possibility of an American military presence in Taiwan may serve to put China on notice, but assumes that Taiwanese officials are ready to support this change. Similarly, Taiwan is unlikely to remain quiet if a Trump administration appears to sell out a longstanding partner. Ignoring Taiwan’s strategic interests here mirrors a similar pattern in the aftermath of “the call” where most attention focused on Trump’s acceptance of the call, rather than the dynamics that led Tsai to place the call.

Bolton’s comments suggest the Trump administration expects growing tension for the foreseeable future in East Asia. Several analysts have called for ways to reduce tensions, including a one-year détente between U.S. and China. While well-intentioned, this mirrors in many ways the proposal of Kenneth Lieberthal in 2005 to reduce cross-strait tensions by having both sides commit to delay a decision on Taiwan’s status for fifty years. Both proposals assume that the time off will bring the countries closer to an acceptable resolution on presently intractable disputes. Yet in the twelve years since Lieberthal’s proposal, changes in Taiwan have made unification less likely than ever while China not only remains just as committed to unification as before but possesses greater economic and military might to press the issue. A one-year détente as presently suggested would likely have a similar effect of moving the relevant parties further apart.

As China steps up efforts to isolate Taiwan diplomatically, improving U.S.-Taiwan relations gains greater importance. China’s military modernization requires Taiwan to respond and with other countries unlikely to increase military sales to Taiwan, the U.S. should find the means to fill this need. But suggesting the return of a direct U.S. military presence, however far-fetched in practice and even if suggested solely as a negotiating tactic, does little to provide broader stability and risks both China and Taiwan assuming the worst from a Trump strategy of unpredictability.

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,