【読者便り】『正しい情報が放射能恐怖症を癒す』

【読者便り】『正しい情報が放射能恐怖症を癒す』
【読者便り】『正しい情報が放射能恐怖症を癒す』

林建良編集長

 『放射能を怖がるな』はお陰さまで反響を呼んでおります。しかし、理屈では
分かっても、でも心配という方々が多いようです。理屈ではというより、本の中で
世界で有名な4か所の「高放射線地区」も紹介しているのですが、それでもまだ
不十分なようです。

 先日ラッキー博士から、今度また Journal of American Physicians and
Surgeons に載せる予定の小文のサマリーが送られてきました。それは、ズバリ
『正しい情報が放射能恐怖症を癒す』と題されています。その付表が決定打で
す。世界4か所だけでなく、50か所ほど地区、場所、ケースの放射線量が示され
ています。1000ミリシーベルト/年から5ミリシーベルト/年に分けて表示
されています。これらの地区では、いずれも健康被害は全く生じていないのです。

 イランのラムサールの一部地区は年間200ミリシーベルトです。しかし、
ここで生まれ生活している人々は健康問題がないどころか、長寿であることが
わかっています。ここだけでないことは添付のファイルを見ていただければ一目
瞭然です。にもかかわらず、年間1ミリシーベルト以下に抑えなければいけない、
などと大騒ぎをしているどこかの国がありますが、こういう事を主張し、実行し
ている人達は、『正気』なのでしょうか。普通こういう非常識なことを本気で主張
する人の事を「気違い」といいます。はっきり言って今や気違いによって日本が
支配されている、というのが実態ではないでしょうか。「王様ははだか、ならぬ
王様は気違い」ではないでしょうか。

 こういう厳然たる事実を突きつけると、狂信的な『反放射能信者』は、いろいろ
理屈をこねます。最近の流行は、「内部被曝」の恐怖をあおることです。これは、
実は全くの詐欺です。なぜなら、現在問題となっている放射線のほとんどはγ線
です。これは、物体透過力が強く、何も皮膚の表面に影響を与えるのではなく、
人間の体全身をつきぬけて、影響を与えます。ですから、外部とともに十分に
内部も被曝影響を与えています。この影響度を総合して、シーベルトという単位で
表示しているのですから、内部も外部もひっくるめての話です。こういう単純な原理
を知らない人に恐怖心を与えるために、なにか「おどろおろおろどしい」内部被曝なる
ものを持ち出している、というのがことの実態、真相です。

 どうぞ、ラッキー博士の警告と情報をしっかりごらんになって、放射能「迷信」
から自由になり、そしてそういう迷信を偉そうな顔をしてまき散らしている連中に、
「王様は気違いだ」とはっきり言ってやりましょう。

平成23年9月1日  茂木弘道拝

[RelationPost]
タグ: , ,