にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

【読者便り】「地球儀専門店」訪問記

【読者便り】「地球儀専門店」訪問記

                      伊藤永康

1.地球儀調査の背景と感想

一般の日本人は、「台湾」が「中国」の一部であると思っている人が少なくないため、

教育に問題があると考え、「地球儀専門店」東京日本橋店へ訪問し、地球儀を調査した。

http://www.globe-shop.net/new_globe/annai/nihonbasi.htm

調査した感想は、以下の通りであった。

(1)「台湾」と「中国」が同一色の地球儀が多かった。

(2)「台湾」を一国家として完全に扱っている地球儀が無かった。

(3)「しゃべる地球儀」で、「台湾」を一国家として、アナウンスするものが

学研ステイフル製で再販売されていたため、ドウシシャ製にも改善を促すことが

出来ると考える。

(4)現在ある地球儀で、最も良かったのは、以下の2点を満たしているものと考える。

�国名で色分けしていない。

�海を隔てた国境線を曖昧にしている。

2.しゃべる地球儀

(1)しゃべる地球儀・パーフェクトグローブ(ドウシシャ製)

[パーフェクトグローブを紹介したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/perfect/perfect.htm

[東アジアの部分を抜粋したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/perfect/image/japan.jpg

「1・18『台湾正名』決起集会」で話題になった通り、以下の問題点があった。

�ペンで「台湾」の所に当てると、「太平洋」とアナウンスされる。

�「台湾」と「中国」が同一色になっている。

(2)しゃべる地球儀・ワールドグローブ(学研ステイフル製)

[ワールドグローブを紹介したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/world/world.htm

先月(1月)、販売再開されたもので、試した結果、以下の通りであった。

�ペンで「台湾」の所に当てると、国名「台湾」、人口「2300万」

とアナウンスされ、アナウンスだけは一つの国家として、扱っている。

�「台湾」と「中国」が同一色になっているため、別々の国家になっていることに

気付かない恐れがある。

3.「台湾」と「中国」を極力別々の国家として扱っている地球儀

(1)クラシック地球儀

[クラシック地球儀を紹介したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/gl265/gl265.htm

[東アジアの部分を抜粋したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/gl265/j-1.htm

以下の特徴があった。

�「中国」と「台湾」が色分けされていた唯一の地球儀である。

�「台湾」の文字が小さい。

�航路が描かれた地球儀である。

(2)シーフェアラー

[シーフェアラーを紹介したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/seafarer/sea.htm

[東アジアの部分を抜粋したURL]

http://www.globe-shop.net/new_globe/w-oce/j-1.htm

地理的な特徴で、色分けしており、以下の点から「台湾」と「中国」が

別々の国であると、見なすことが出来る。

�国名で色分けしていない。

�海を隔てた国境線が曖昧である。

ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , ,