【藤井厳喜】紛争輸出国アメリカの大罪(祥伝社新書)

【藤井厳喜】紛争輸出国アメリカの大罪(祥伝社新書)
【藤井 厳喜】紛争輸出国アメリカの大罪 (祥伝社新書)

アマゾンベストセラー一位

紛争輸出国アメリカの大罪 (祥伝社新書) – 藤井 厳喜 新書 ¥864

内容(「BOOK」データベースより)

世間にはアメリカを陰謀国家呼ばわりする識者もいるが、私が見るところ、アメリカがそれほど思慮深く、手練手管に長けているわけではない。腕力だけはヤケに強いが、あまり賢くないために、自分で新たな脅威を次々に作り出していく「迷走する巨人」、それがアメリカなのだ。結果的にも自国の利益になってはおらず、愚かとしか言いようがない。本書は戦前・戦後を通じ、アメリカ自身が原因となって、起こらなくてもいい余計な戦争・紛争を、どれだけ世界に巻き起こしてきたかを説く、いわば「アメリカ外交の失敗史」である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤井/厳喜
1952年、東京都生まれ。国際政治学者。1977年、早稲田大学政経学部政治学科卒。同年から85年までアメリカ留学。クレアモント大学院政治学部(修士)を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。82年から近未来予測の「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[RelationPost]
タグ: , , , ,