【良書紹介】片倉佳史『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

【良書紹介】片倉佳史『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)
【良書紹介】片倉佳史『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

台湾と日本がともに歩んでいた牧歌的でノスタルジアに満ちた、あの時代
懐かしくも貴重な歴史的写真が1200枚並んだ壮観な台湾図鑑が完成した

【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成27年(2015)4月27日】

片倉佳史『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』(祥伝社)

 これほど貴重な本はない。

 台湾研究家にとっては古典として残る本でもある。

 日本が台湾を統治した半世紀(1895−1945)は、台湾が未開の野蛮状態から文明国へ急激に発展
した、めくるめく快進撃の半世紀でもあった。

 その時代の歴史的遺物は、人々の生活、街の様子、開発過程の活況など、じつに1200枚ものセピ
ア色の写真を蒐集して完成された。その片倉氏の汗の努力と、そのフットワークの成果とにまず脱
帽したい。

 熱帯病が発生し、不衛生だった台湾が、日本の統治による開発で道路が造られ、蒸気機関車がと
おり、電気が運ばれ、学校が開かれ、しっかりと文化が根付いた。用水路、灌漑設備、嘉南平野の
開拓は農業を飛躍させた。ダムをつくり、台湾の貢献した八田與一の物語は映画にもなった。

 この時代に青春をおくった台湾人は恋愛のラブレターも日本語で書いた。哲学、詩作は日本語の
世界から基本の思索と発想がなされた。

 空前の半世紀を夥しい写真で綴る手法も斬新で、ビジュアルで、しかも簡潔な解説文には著者の
台湾への深い愛着が籠められている。

 編集は主として地区別になされているうえ、古い地図が比較検討の要石のように用いられ、日本
が建てた建築、構造物、駅舎など『歴史』がそこに再現される。

 評者はところで、最後の項目である「新南諸島と東砂」に注目した。

 現在、南シナ海の領有をめぐった中国海軍の侵略行為を前にフィリピン、ベトナムなどと中国は
鋭角的な対立を続けているが、これらの島々は戦前、日本が統治した。

 そしていまも東砂諸島は、日本時代を引き衝いた中華民国が実効支配している。

 長島は、いま太平島と呼ばれる。

 その昔、マグロ、鰹など漁業が栄え、島に入植した開洋興業の人々は社宅を建てて、神社も建立
し、航海の安全を祈ったのだ。

 1939年、日本政府はフランスに対して、新南諸島(現在のスプラトリー諸島を含む)の領有を宣
言し、フランスに通告した。長島では燐鉱石を採集した。

 パラセル諸島も一部を日本が管理し、珊瑚礁のところどころに日本の石碑が建っている。動かぬ
証拠である。

 むろん、日本はサンフランシスコ講話で正式にこれらの島々の領有を放棄し、多くがアメリカの
信託統治、一部はフィリピン、ベトナムが中国と争う海域となった。東砂諸島だけは台湾が、依然
として管理下に置いている。

 こうした歴史絵巻が、懐かしきセピア色の写真とともに網羅され、一種の台湾図鑑でもある。

・書名:『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年 1895−1945』
・著者:片倉佳史
・版元:祥伝社
・体裁:A5判、並製、272ページ
・定価:1,944円(税込み)
・発売:平成27年(2015年)4月25日
 http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396615253

—————————————————————————————–

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , ,