【民進党国家安全戦略】.核心理念

【民進党国家安全戦略】.核心理念
【民進党国家安全戦略】�.核心理念

台湾は海洋国家であり、対外的に開放、連結、開拓していくという戦略的基調こそが、台湾の繁栄、発展を保障する鍵だと考える。新たなグローバル化における戦略環境の変化に対して、台湾の生存安全、価値尊厳と繁栄発展を維持するために、民主進歩党の国家安保戦略は次のような核心理念を堅持する:

(1)、正義という世界的理念:台湾は新興民主国家であり、民主主義、自由、人権、環境といった正義の理念を追求することは台湾民主化の主要動力であったと考える。民主進歩党はこう考える。国際および国家安保問題においては、台湾は正義の理念と原則を堅持すべきであり、それを国際交流と協力の基盤とすべきである。そのため、台湾は国際機構活動に参加し、資源を共有する権利があり、また国際協力に参加し、貢献し、国際社会の一員としての責任を果たす義務もある。

(2)、均衡ある国際関係係:台湾の発展は何ものにも阻まれることがない海洋を通じて行われてきた。民主進歩党はこう考える。グローバル化時代の台湾の国際関係は、世界規模および地域の枠組みで広く全体的に考えるべきであり、世界バランス戦略を発展させ、世界のネットワーク社会と直接の結びつきを強め、国際および地域の安保問題に積極的に参加し、地域協力を推進し、台湾の政治、経済、社会、文化、軍事安保ネットワークを強化する。

3、相互利益の戦略思考:台湾海峡両岸には今のところ緊密な経済、社会、文化的往来があるとはいえ、歴史的遺産により、両岸にはいまだに不安定な戦略的対峙状態にある。これは双方がそれぞれ戦略的利益を発展させるうえではきわめて不利益をもたらすだけでなく、アジアの平和に対する不安定要因となっている。民主進歩党はこう考える。地域の平和と安定を維持するためには、双方は歴史的な対立のわだかまりを超えて「和而不同,和而求同(和して同ぜず、和して同じことを求める)」を相互戦略利益を求める戦略思考に向かうことによって、こうした戦略的対立状況を乗り越えるべきである。

4、民主主義の社会的コンセンサス:台湾は多族群が共存する若い移民社会である。社会・国家アイデンティティの対立は、社会的コンセンサスの不安定化をもたらしている。そこで民主進歩党はこう考える。台湾にとって重大な利害に関係する国際・安保政策について、たとえば台湾の前途に関する決定や独立した現状の変更、重要な対外政策の制定と執行などについて、民主的原則および手続きを通じて決定されるべきである。それを繰り返すことによって、民主的社会的合意が形成され、現代市民意識を中核とした社会アイデンティティと国家アイデンティティが形成されるだろう。

5、国家安保の枠組み:台湾は中国からの武力による威嚇、三戦(法律戦、心理戦、世論戦)の脅威を受けているほか、環境に対する脅威、さらに疫病、テロ破壊攻撃など非伝統的な安保的脅威を受けている。民主進歩党はこう考える。これら新旧両型態の安保に対する脅威、台湾の国家安保および人民の生命財産の安全に関する問題に対して、われわれは国民の安保意識を強化し、全国民の心理的防衛を確立し、武力的脅威に対応した安保防衛の枠組みを整備すべきである。

[RelationPost]
タグ: , ,