【楠木正成の統率力(2)】兵士たちを命令に従わせるには

【楠木正成の統率力(2)】兵士たちを命令に従わせるには
【楠木正成の統率力(2)】兵士たちを命令に従わせるには

                  家村和幸

▽ ごあいさつ

 こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。

 本メルマガ記事のタイトルを
現代風にわかりやすく「楠木正成のリーダーシップ」
とせずに、あえて「楠木正成の統率力」としたのには
深い意味があります。

 そもそも「統率」とは何でしょうか。
それは読んで字のごとく、指揮官や指導者などの
リーダーが多くの人々の心を統一し、目標とする所
まで率(ひき)いて、組織として目的を達成すること
です。

 統率の概念は、

指揮(コマンド)、
統御(リーダーシップ)
管理(マネージメント)

の三つを含んだものであり、その機能は、

指揮官として部下を使う(主)
教育者として部下を教え導く(師)
親心をもって部下を養い育てる(親)

という三つの面が総合されたものだとも云われています。

 そして「統率力」とは、いかに厳しい環境下でも
「平常心」をもって組織を正しく統率できる能力です。

 ちなみに、近・現代の軍隊では、中隊長以上の
指揮官を「コマンダー」、小隊長、班長、組長など
の小部隊指揮官を「リーダー」と云います。
この違いは、部隊の大小だけではなく、自己完結性
をもって主体的に行動できるか、あくまで組織の
一機能としてしか存在できないか、にあります。
つまり、中小企業でも社長は立派な「コマンダー」であり、
大企業でも係長・課長は「リーダー」なのです。

 このように「統率」とは、リーダーシップを
包含したさらに大きな概念であり、本メルマガ記事も、
コマンダーである楠木正成の「統率力」について
述べるものなのです。

【第2回】兵士たちを命令に従わせるには

▽ 楠木正成の遺志を伝える『一巻之書』

 兵庫へと向かう楠木正成は、息子の正行(まさつら)を
桜井の宿まで呼び寄せ、父の遺志を継ぐよう教え諭して
「巻物」と祖父伝来の刀を渡し、河内へと帰らせた。
兵法の天才・正成は、統率について正行にどのような
教えを遺そうとしたのであろうか。

 この巻物に記された「楠公の遺訓」を後世に伝える
書物は多々あるが、その代表的なものが『楠正成一巻之書』
である。

 『楠正成一巻之書』は、その記述のほとんどが
実戦的な戦術や戦法についてであるが、全篇の最初に
まず、「大将衆(もろもろ)を下知(げぢ)に随(したがわ)し
むべき事(=大将は兵士たちを命令に従わせなければ
ならない)」として、統率の基礎をなす「命令と服従」
について書かれている。また『一巻之書』は、戦場に
おける将兵の心理や、人を知ることの重要性についても
言及している。

▽ 大将衆を下知に随しむべき事

 大将は多くの兵士たちを命令に従わせねばならない。
戦場においてそれぞれの兵士を使うのは、平素に人を
使うのと同じことである。君臣の道は、平素も戦時も
変わるものであってはならない。しかしながら、
戦(いくさ)に馴(な)れていなければ、将軍も兵士も
ともに血気盛んになって平常心を忘れ、兵士たちは
将軍の命令や指示を聞かず、将軍は戦に勝つべき道理
を見つけられないがゆえに、軍の配備をみだりに変更
して、必ずや敗れるものである。
これを闇主盲将(あんじゅもうしょう)というのである。

 優れた将軍は言行ともに平素と変わらず、戦に勝つ
べき道理によって兵士を平素のごとくに使うので、
兵士の血気も冷めて百万の大勢力であっても将軍の
命令に従わないということがない。兵士が大将の命令
に背くことがないときには、未だ戦の訓練を重ねて
いない兵士であっても剛毅な兵となる。源頼義が
「他軍の実戦に馴れている兵士と我が軍の実戦を経験
していない兵士とで合戦しても勝てる術がある」と
云っていたのがこれである。源義家が「農工商の三民
を率いて、愚将の下の剛士(強豪の兵士)に勝てる道
がある」と云っていたのもこれである。新田義貞は
寝起立居(ねおきたちい)において常に兵士を練磨して
いたが、これもまた平常をもって軍法(=戦に勝つ方法)
に活用したのである。

 また、武道の妙という事がある。戦は、道をわきまえた
人も無道の人も勝ち、理を欠いていても勝ち、道理に
適(かな)っていても負け、大勢も負け、小勢も勝ち、
勇剛な者も負け、柔弱な人も勝つものである。これらは皆、
あってはならないことだけれども、戦に限っては有りうる
ことなのである。

 武道の妙を知っているのと知らないとの二つである。
このことに思いを致して創意工夫しなければならない。

▽ 戦場に出て心得べき事

 戦場においては心を天地にめぐらし行動を
定めなければならない。心も行動も変転する時には、
戦のやり方も粗雑になりがちであり、その結果として
兵士を多く損するものである。粗雑なことを避けよう
とすることによって実(充実した状態)となるのである。

 また、戦場において常に「言うこと」を忘れては
ならないともいわれる。大将の心を本来の姿に還し、
心を支配しているものを抜き去り、一時の暗闇が
明るくなるときには、兵たちの気も定まって、
冷静にして平常のようになるものである。

 戦いが始まる時は将兵ともに血気が上がり、
前後左右が分からなくなることも一時はあるものだ。
一時が過ぎてしまえば将兵ともに戦に慣れて、
臆する心がさっと失せ、勇気に満ちた本心が出てくる
ものである。平生でさえ高貴なお方の前に初めて
参会すれば、その人に向かっては臆するものである。
まして戦場において臆さないことがあろうか。

 戦は初めてのときは闇夜のように勝負のある所を
わきまえず、二度目は月の夜のようであり、三度に
及べば夜が明けたかのようである、と云われる。
それゆえに、戦に慣れればいよいよ血気を覚えて
勝負を知るものである。これが中ぐらいの勇気の
なせる業である。上の勇気や下の臆病は論ずるまで
もない。

 このほかにも総じて勇気には「曲(くせ)」と
云うものがある。耳が臆することがある。
これは事を聞いて恐れることである。目が臆する
ことがある。これは敵を見て恐れて気色を変ずる
ことである。(表面上は)言葉が多いことがあり、
無言になることがあり、機嫌が良いことがあり、
うかうかとして悩んでいるようになることがある。
これらは皆、血気に侵されて平常心が変化している
のである。この形相は一時の間であり、やがては
勇気がわいてきて剛毅となる、これを曲と云う。
この形相から本来の勇気に還らないのを「臆病」と
いうのである。これを治療する薬があるが、
これについては省略する。

 さらに、戦に必ず勝てると思われる謀は少ない
ものだとも云われる。(勝てると信じていながら)
負けてしまう事は多いものである。
よくよく心に留めておかねばならない。

▽ 人を知べき事

 人を知らねばならない。人の心は様々であるから、
聖人や大賢と呼ばれたような人でさえもこれを完璧
にできたことはない。それゆえに、天下国家の主で
あるといえども、近習(きんじゅう=主君の側近で
奉仕する役)の五〜六人と奉行頭人(幕府の役人)の
賢愚・佞奸(ずるくてよこしまな思い)・利欲・私欲
を悟ることができれば、万民もまたそれと同じような
ものである。このことを知っているのを「明将」と
云うのである。

 闇主(あんじゅ)は自分の郎党が善である(優れている)
のを知らず、他の郎党が悪である(劣っている)のを
誉め、勇ましいだけの兵を将となし、心が定まって
いない者を頼もしい兵だと云い、偽者であるのを
有能な人と思い、血気に走ったために死んだのを
定死(=戦のため止むを得ない死)と思い、定死を
逃れたことをも誹(そし)らず、愚かな死を勇ましいと
思い、主の命令を聞かずに我が身のために死んだのを
忠節と思う。これは皆、武の道を知らないためである。

 死するにおいては、武人の道を踏まえてあれこれと
思慮をめぐらし、物の道理を明らかにしなければなら
ない。武の道における死は、志をもって忠節を顕わし、
家を失い、名を捨て、主君のためには定死をも逃れない。
これが義であり道である。また、山賊や海賊のように
私利を手に入れようとして卑しく死ぬようなことを
盗賊の勇と云い、武の道においては無謀の死であって、
これを勇とは云わない。

 将は将の道を知り、兵は兵の武芸を習うのは、
ただ命を全うして手柄を立てるためである。死ぬこと
だけが武道ならば、誰が武芸を習うだろうか。
生死の二つについては、細々と詮索すべきものであるが、
闇主はこれを悟らない。よく心得ておくべきことである。

 また、武勇があって賢い人がある一方で、臆病でも
賢い人がある。これは謀反をおこす者である。
また、将軍の命令に従って敗軍の時に一番に引き返す
のは、忠であり、勇である。将軍の命令が無くとも、
それができるのが忠であり、義であり、勇である。
将軍の命令が無ければ抜け駆けするのは、不忠である。

(付記)将の器にあらざる者に謀(はかりごと)をにわかに
教えて行わせると、戦は危うくなり、事は成功しない
ものである。将の器である者は、言葉は少ないが要を
得ているものである。
人を知ることは、武の肝要(=最も重要なこと)である。

(「兵士たちを命令に従わせるには」終り)

(以下次号)

(いえむら・かずゆき)

いただく声が、次回の連載を書くエネルギーになっています。
あなたのご意見・ご感想を、ぜひ聞きたいです。
このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

▼バックナンバーはこちら
http://okigunnji.com/nankoleader/

● 著者略歴

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。

http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に

『真実の日本戦史』
⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

『名将に学ぶ 世界の戦術』
⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

『真実の「日本戦史」戦国武将編』
⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

がある。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , ,