【楠木正成の統率力第34回】志貴右衛門と湊川の戦い(後段)

【楠木正成の統率力第34回】志貴右衛門と湊川の戦い(後段)
【楠木正成の統率力第34回】 志貴右衛門と湊川の戦い(後段)
         

                  家村 和幸

 こんにちは!日本兵法研究会会長の家村です。

今回は楠木正成の最期を飾った「湊川の戦い」の後段です。

 早速、本題に入りましょう。

【第34回】 志貴右衛門と湊川の戦い(後段)

(「太平記秘伝理尽鈔巻第第十六 正成兄弟討ち死にの事」より)

▽ 志貴の先陣、猛射にひるまず突入

 先陣となった志貴右衛門が300余騎にて陣形を維持
しながら攻めかかったところ、高師直(こうのもろなお)の
精兵に射立てられて多くが討たれたが、少しもひるむこと
なく敵に接近した。師直が「兵を乱すな」と命じたが、志貴
の軍勢が師直の軍勢3千余人の中央に整斉(せいせい)と
切り込んでいくと、敵陣はたちまちに騒がしくなった。そこ
へ楠木正成が馬に打ち乗り、70余騎が叫びながら斬り込
んだ。さらに、弟の楠木正氏が徒歩兵を連れてその後か
ら攻めかかると、師直の兵は持ち堪えられずに敗走した。

 次いで仁木・細川の大軍勢がバラバラに攻めかかってき
たので、楠木勢はこれらを四方に追い散らした。

 正成は分散した兵たちを一箇所に集めようと旗を打ち立て、
太鼓を打った。死なずに残っていた者は、500余りであった。
軽傷を負った者の多くは、敵と相討ちして死に、重傷を負っ
た者は自害していた。正成は兵が疲れているのを見て、湊
川の北の民家に入り、軍勢の喉の渇きを癒(いや)して休ませ
ながら、敵が攻めて来るのを待った。

 やがて直義が敗軍1万余騎を率いて、尊氏の先陣と合流
して押し寄せて来たので、楠木勢もまた出撃し、午前7時頃
から午後1時頃までに16回戦って、その度に大敵をかけ乱
したが、後に続く味方は無く、その数は73人にまで減った。
ほとんどの者が負傷していた。

▽ 竹童丸を河内へ帰す

 楠木は先ほどの民家に戻り、しばらく息を休めて心静かに
自害しようと思っていると、門を激しくたたく者があった。兵た
ちが「誰であるか」と問うと、

「尊氏からの御使・次賀壱岐守(すがのいきのかみ)である」

と申したので、正成の居場所近くまで通した。楠木一族の平
井五郎は負傷していなかったので、「私が応対しましょう」と
出ていって会った。

 次賀が「楠木殿に対面して申したいことがございます」と申
したが、正成は会わなかったので、次のような尊氏の言葉を
伝えた。

 『新田の人々が敗れたにもかかわらず、小勢を以て当家の
大勢を毎度討ち散らされたのは、前代未聞、武勇の誉れです。
また、尊氏と正成はかつて朋友でした。どうして無情にも討つ
ことができましょうか。これは敵を懐柔しようという策略ではあり
ません。今日の武勇に感動し、かつての交友を忘れていない
ということです。万一にもこちらの味方になることなどあり得な
いのであれば、降参せよとは申しません。味方の兵を引かせら
れ、命を全うしてとくとく河内へお帰りください。』

 正成は笑いながら、

「命生きながらえようと、囲みを打ち破って通るならば、相手にな
る者などおらぬ。尊氏には『仰せられること、喜んでおります』と
でもお伝えくだされ。そうではあるが、童を一人故郷へ帰すことに
いたそう」

と言って、竹童丸(たけどうまる)という18歳の少年に、彼も軽傷
を負っていたが、

「河内へ帰って合戦の様子を語れ」

と命じた。

▽ 楠木の軍勢、全員が自害

 正成が腹切しようと鎧を脱いで見ると、切り傷が11ヶ所あった。
他の72人の兵も皆、無傷の者はほとんどいなかった。楠木一族と
郎従らが六間の客殿に二列で並んで、声を合わせて念仏を十遍
ほど唱えた。

 正成は、正氏に向かって、

「人間は死ぬ間際に何を思うかによって、来世の生の善悪が決ま
るという。九界(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上・声聞・縁覚・菩
薩)のいずれに生まれたいか」

と問うた。正氏は明るく笑いながら、

「七度までも人間に生まれ、朝敵を滅ぼしたいものです」

と答えると、正成は嬉しそうに

「罪深い思いではあるが、私の願いも同じだ。では、さらば。再び人に
生まれてこの本懐を遂げよう」

と約束し、兄弟刺し違えて倒れた。大楠公・楠木正成、享年四十三。

 一族16人、郎従ら50余人が一斉に腹を切った。菊池肥前守の使い
でその場に居合わせた菊池七郎武朝とその郎党も自害した。

 楠木の家子である橋本八郎と和田五郎は、これらを見届けてから、
楠木兄弟の首を取り、敵にこれを渡した。高師直の子である高宗継が、
涙を流しながらこれを受け取り、

「あなたがたは生きてくだされるのか」

とたずねた。橋本と和田は、

「情をかけないでいただきたい」

と云いながらすぐに引き返し、正成らが自害した場所で

「おのおのが自害された跡を残すのは見苦しい」

と家に火を懸け、二人で刺し違えて炎の中に倒れた。この二人は負傷し
ていなかったので、正成にこの役目を命ぜられていたのであろう。

▽ 君は体、臣は影

 一方、故郷に帰った竹童丸は、合戦の一部始終を詳しく語ってから、
涙ながらに申した。

 「亡くなられた殿には『最後まで御供いたします』と幾度も申したの
に、『人々の討死がどのようであったか、志貴殿が何よりも勝れて勇
猛であった様子も語れ』と命ぜられ、それを拒否できずにこうして参り
ました。殿には『やがて追いつけて参りましょう』と約束いたしました。
皆様、止めてくださるな。」

 親しい人々は、

「当代の殿であられる正行(まさつら)様がまだ幼いのであるから、御
仕えになり、御奉公いたされよ」

と口々に説得した。竹童丸は、

「そこまで仰せになるのであれば、従うしかありません」

と言ったものの、手紙を書き置いて、夜中に腹をかき切って死んでしまった。

 人々は「君は体、臣は影なり」という教えを、今ここに思い知らされた。
正成が常に人としての道を踏み行ったので、郎従も皆が義を重んじた
のであった。

(「志貴右衛門と湊川の戦い(後段)」終り)

(以下次号)

(いえむら・かずゆき)

ご意見・ご感想は、このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

▼バックナンバーはこちら
http://okigunnji.com/nankoleader/

● 著者略歴

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。

http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に

『真実の日本戦史』
⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

『名将に学ぶ 世界の戦術』
⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

『真実の「日本戦史」戦国武将編』
⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

がある。

【過去の連載】いまでもメルマガで読めます。

●本土決戦準備の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか(全25回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurahondo.html

●戦う日本人の兵法 闘戦経(全12回)
http://okigunnji.com/1tan/lc/tosenmm.html

《日本兵法研究会主催イベントのご案内》

【第22回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】

 演題 国防とは何か = 自衛隊の使命について考える =

 日時 平成27年1月17日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 偕行の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

【第20回 家村中佐の兵法講座 −おもしろいほどよく分かる孫子兵法−】

 演題 『孫子』の全体像と第一篇「始計」

 日時 平成27年2月14日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

 場所 靖国会館 2階 田安の間

 参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料

 お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
     FAX 03-3389-6278
     件名「国防講座」又は「兵法講座」にて、ご連絡ください。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,