【楠木正成の統率力第28回】飯盛城攻略作戦 その4

【楠木正成の統率力第28回】飯盛城攻略作戦 その4
【楠木正成の統率力第28回】 飯盛城攻略作戦 その4
        

              家村 和幸

 こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。

さて今回は、前回に続く「飯盛城攻略作戦」の四回目、
いよいよ飯盛での城攻めが始まります。

 楠木正成は、まず平群の小敵から攻め滅ぼし、その勢い
を以て、飯盛の大敵を討ちます。これは、後の世で織田信
長がまず浅井・朝倉・本願寺などの弱敵を討って、甲州へ
は一年に一度使者を送って音信を通じて、信玄を安心させ
ておきながら、機を見て甲州を取ったのと同じようなやりかたです。

 それでは、本題に入りましょう。

【第28回】 飯盛城攻略作戦 その4

(「太平記秘伝理尽鈔巻第第十二 安鎮国家の法事付諸大将恩賞の事」より)

▽ 伏兵で城から出た敵を背後から討つ作戦

 正成が千早に帰ったならば、「敵が出没した」との知らせ
が入った。そこで、河内国の三箇・新庄の辺りにいた兵を
向わせ、楠木は翌日に再び千早を出発して、飯盛に向った。
軍勢はおよそ6千余騎であった。先陣が久宝寺(八尾市)に
着いた頃、楠木は若江の城に入った。

 その夜、和田の和泉守・志貴・猶原(ならはら)等が3千余
騎にて、飯盛の城下で前後に伏せて(=隠密に陣を取って)、
正成自身は3千余騎にて教興寺(河内国中河内郡)という
所にいた。また、野伏を5〜6千人ほど集めて、手に手に松
明(たいまつ)を持たせ、三軍に分けさせ、兵2〜300人を同
行させて、城から二里(約8Km)を隔てて陣を取るように
見せかけた。

 このように配置した楠木の企図は、

 「城中の大将は謀才が無いので、おそらく夜中に兵を進撃
させるであろう。そうなれば、楠木の伏せている軍勢で、後ろ
から敵兵の中に直ちに攻め込ませよう。正成はそれらの後ろ
にいて、飯盛山に登って城へ入ることになろう」

ということであった。

▽ 城の若い兵たちは出撃を希望

 城中の兵たちは、これを見て、

 「あっ。楠木が攻め寄せているぞ。おびただしい松明が・・・」

と言った。大将は、

 「すでに敵に陣は取らせているのだ。すぐに出撃せよ」

とのこと。兵たちがすでに出発しようとしていたところ、
清の五郎という一人の老武者が、

 「敵が夜中に行動している時、その状況を知らずに兵を
出せば、必ず敵によって討たれると云われておりますぞ。
その上、楠木は武家の中でも戦(いくさ)の名人です。彼が兵を
進めるのに対してこちらも城を出るからには、こうすれば勝てる
という作戦がなければなりません。明けることのない夜というわ
けでもございません。夜が明けて敵の動く様子を見合わせて
から、戦をなさってください」

と申したところ、若い兵たちは、

 「たとえ楠木だからとて、何ほどのことがあるというのか。同
じ人間の少し賢い者に過ぎないではないか」

と云う。その中に河村右近丞(かわむらのうこんのじょう)という
者がいたが、この男が

 「楠木は、おそらく小勢でありましょう。大勢であれば、白昼に
攻め寄せるものです。夜中に陣を取って構えるのは、軍勢が弱
小であるのを知らせまいとしてのこと。敵を恐れる余り、古狐に
だまされてはなりません。夜中でございますれば、軍勢の半分を
城中に残し置き、器量のある人に5〜6千もの兵を指揮させて
派遣されるならば、夜中で陣取りも思うようにできない兵を追い
散らすことなど、思いのままです」

と、手に取るように作戦を具申したのであった。後に降参した
月谷主殿助(つきやのとものすけ)が、このように語っていたという。

▽ 過半を残して出撃し、時の声を挙あげる

 諸勢はこの意見に賛同して、河上(こううえ)・加地の両人を大
将として、6千余騎を城から出撃させた。残りの兵は1万ほどで
あったが、それぞれ自らの陣を堅めた。加地が云うには、

 「このような時には、城中にて時の声を発して後に出撃するも
のと承知しております」

とのことであった。そこで芦田の孫右衛門が

 「それは楠木がかつて北条高時に語っていたことである。
(筆者注:『理尽鈔』によれば、楠木正成はかつて鎌倉幕府の
御家人であった。) 軍勢を出撃させた後にこそ時の声を発せよ」

 と云うと、「ごもっとも」と同意して、両人は出撃した。城を出てから
二町(約218m)ほどの所で、大将の陣から時の声を発した。諸陣
も皆、これに従った。

▽ 早まって時の声をあげてしまった和田の陣

 また、夜が明けたならば、城に残ったそれぞれの陣からも兵を
出撃させようとしていた。楠木が潜ませておいた忍びの兵が、
出撃する兵にまぎれて城を出て、急いで楠木の元に来てこのこと
を報告した。正成は、

 「そうであれば、和田に次のように伝えよ」と云い、

 「(今、出撃している)この軍勢を討ってはならない。先ず、
味方の野伏を敵に追わせよ。そうすれば、あの松明が散じて
しまったのを見て、城中の敵は残らず出撃するであろう。それを
討て」

 と命令した。すぐに軍使が向ったところ、すでに和田の陣は騒が
しくなっており、早々と時の声を発して合戦に及んでいた。

 楠木はこれを聞いて、

 「すでに作戦とは違う状況になっていたか。ここで城に残る兵が
打って出たならば、和田は討たれてしまうだろう。和田を討たせて
しまっては城を落としたとて何の意味があろうか。城は後になって
落とすことも難しくはない。すぐに全軍に時の声を挙げさせよ」

と言ったので、(飯盛の城下の前後に伏せていた)3千余騎が
時の声を発した。城中ではこれに驚いて、すでに敗れたような雰
囲気になっていたが、楠木は思うところがあって攻めなかった。
城中では、もう城から出撃しようとは誰も思わず、陣という陣の守
備を堅くしようとひしめいていた。

▽ 正成、和田勢を収容してから陣を引く

 正成は、その陣に踏みとどまることなく、敵が全軍で出撃するの
に備えて、(下がってくる野伏たちと)交差して、野伏たちが松明を
とぼしていた場所へと押し出だした。和田の陣へ使いを向かわせて、

 「状況が変わってしまった。敵を長追いしてはならない。夜が明け
る前に、正成の陣へ来るように」

と命令して、佐太宮を後ろにして陣を敷いたところ、夜はほのぼの
と明けた。

 和田は合戦に打ち勝って、首などを取り持たせて楠木の前にやって
来た。首はおよそ600余であった。その他の敵兵も城へ帰る者は少
なく、散り散りになっていた。城中では楠木が退いていたのも知らず、
敵は近辺にあるものと思って、警戒を厳にしていたのであった。

 夜が明けて見たところ、敵は一人もいない。

 「これは何事だ。合戦には負けている。敵が夜中からここにい
たならば、今頃は陣を攻めているであろうに、敵が一人もいないとは
不思議なことだ。先の時の声は狐のなせるわざか」

などと言う者もあった。また、「味方が遅れて発した時の声を敵と思っ
たのではないのか」などと言う者もあった。後に「敵の時の声は、間違
いなくこの辺からだったぞ」などと云って、人を遣わして見たところ、兵
が伏せていた跡があったので、

 「敵は早くに引いてしまったのだろうか。これは一体どうしたことか」

などと言う者も多かった。

▽ 正成と郎従・恩地左近太郎の問答

 もしも楠木勢の陣から時の声を発しなければ、敵が城から出てく
ることもあっただろう。そうなっていたら、和田は戦には負けたので
あろうか。

 後に恩地がこのことを楠木に問う。正成は云う。

 「私であれば、時の声を発しなくても、まず城を出ることはないだろう。
血気の勇者が、夜中に味方の兵の城を出て、思いもよらず足元で討た
れたりなどすれば、血気も覚めて臆病心になるものである。それゆえに
出撃などしないのである。しかしながら、実は必ずしもそうではない。大
勢の兵の中に、少しでも戦のコツを弁えている者があれば、出撃して勝
つこともあるだろう。そうなれば、和田殿は討たれてしまうに違いないと
考えたので、わざわざ時の声を挙げさせたのである。

 また、敵が城を出たところを正成が後ろから入ったならば、城は落ちた
であろう。『この城は落とすのが難しい城か、また落とすのに長びけば諸
国に朝敵が多くできるだろうか』と思っていたならば、和田が討たれてし
まおうとも、城を落としたであろう。しかし、飯盛は百日の内には、容易く
落とせるような城ではないか。ここで和田殿を討たせてどうなるのかと
思ったからこそ、時の声を発せば城中の者どもが恐れるだろうと判断し
たのである。」

 その時、恩地左近太郎が申したことには、

 「正成殿が時の声を発せられた時、敵陣は激しく動揺しておりました。
攻め入っておられたなら落ちていたことでしょう。にもかかわらず、お引
きになられたのは、どうなのでしょうか・・・」

とのことであった。楠木は云う。

 「よくこそお尋ねになられた。実に仰せのごとく、後になって私もその
ように思ったけれども、その時には気付かなかったのである。名将で
あれば飯盛をその夜に落としたことであろう。しかし、正成には将の
器が足りなかったので、最良の判断ができなかったのだ。何とも恥ず
かしいことである。」

 恩地は、

 「誰しも時にはそのようなことがございます」

と申したのであった。

(「飯盛城攻略作戦 その5」へ続く)

(以下次号)

(いえむら・かずゆき)

ご意見・ご感想は、このURLからお届けください。

http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

▼バックナンバーはこちら
http://okigunnji.com/nankoleader/

● 著者略歴

家村和幸 (いえむら かずゆき)
1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

現在、日本兵法研究会会長。

http://heiho-ken.sakura.ne.jp/

著書に

『真実の日本戦史』
⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

『名将に学ぶ 世界の戦術』
⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

『真実の「日本戦史」戦国武将編』
⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

がある。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,