【本日】仙台・時局政策セミナー

【本日】仙台・時局政策セミナー
【本日】仙台・時局政策セミナー

林建良、村上学、相沢光哉、齋藤竹彦、菅田彰人、安藤哲夫の各氏が登壇

謹啓 菊香薫る候、皆様におかれましてはご清祥のことと拝察致し、心よりお慶
び申し上
げます。

 又、日頃より、私共の日本及び日本人の誇り回復の為の諸活動に関しましては
格別のご
指導ご協力を賜り、深く感謝申し上げます。

 さて、去る4月5日・5月3日に放映された「NHKスペシャルシリーズ」JAP
ANデビ
ューの内容は悪意にあふれ、日本と台湾を故意に引き裂くが如くであり、加えて
、天皇と
臣民との絆を分断するが如くの著しい偏向放送であり、公正・公平を守るべき公
共放送と
して、視聴者に対する許しがたい背信行為であります。

 その経過には、中国の執拗な対日工作の影が見え隠れしております。

 この状況に鑑み、別紙の通り時局政策セミナーを開催させていただくこととな
りました。
深刻極まるわが国の現況を知り、解決への道しるべとしていただければ幸いとの
強い願い
を込めて準備を進めております。

 何分急なことで準備期間も少なく、直接ご協力を賜る方々には多大なご苦労ご
面倒をお
かけしており、また、ご参加を賜る皆様方にも公私共にご多忙とは存じますが、
特に基調
講師のお二人は本件に関してのスペシャリストでございますので、私共の趣意を
ご理解賜
り、万障繰り合わせの上、ご友人をお誘いくださいまして、多くの方々のご参加
を賜りま
すよう、謹んで御案内申し上げます。

 末筆ながら、寒冬が目前でございます。くれぐれも御自愛下さいまして、益々
のご盛栄
をご祈念申し上げます。                         
 謹白

                        二十一世紀研究所代表 増
本 和司
                            仙台市宮城野区燕
沢1-4-28
                                TEL:022-251-1845
——————————————————————————–
時局政策セミナー─日本・台湾・中国を考える─

■日 時:11月22日(日)午後2時〜4時30分(午後1時半開場)

■場 所:宮城県神社庁 2階 大会議室
     仙台市青葉区本町1-9-8 TEL:022-222-6663

■会 費:1,000円 (当日、会場受付にて申し受けます)

■次 第:敬称略

 国歌斉唱

 開会挨拶 増本 和司(二十一世紀研究所代表)

 基調講演 午後2時10分〜3時10分

  講師 林 建良 メルマガ「台湾の声」編集長・日本李登輝友の会常務理事
  
  講師 村上 学 中国情報紙「兵庫通信」主幹

 パネルディスカッション 午後3時15分〜4時30分
 
  コーディネーター
  相沢 光哉 宮城県日台親善協会会長・宮城県議会議員(元議長)・日本李
登輝友の
        会理事
  パネリスト
  齋藤 竹彦 高校教師
  菅田 彰人 宮城ビジョンの会代表世話人
  安藤 哲夫 北朝鮮に拉致された日本人を救う宮城の会会長

  *基調講師お二人も加わります

■閉 会:

■問合せ:090-8618-6000(増本)

■主 催:二十一世紀研究所
     仙台市宮城野区燕沢1-4-28
     FAX:022-251-1845
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――
2>> 11月29日(日)、愛知県支部が名古屋市内で放送法改正の街頭署名活動
   放送法改正署名および外国人地方参政権に反対する街頭活動

 「JAPANデビュー〜アジアの一等国〜」で、隠蔽工作が明るみになっても
なお、過
ちを認めようとしないNHKの姿勢は何かもっと深い事情があるのではないかと
勘繰りた
くなります。NHKを日本の公共放送へ戻すため引き続き、放送法改正の署名活
動を行う
のと同時に、日本を解体する外国人地方参政権に対して「日台共栄」の立場から
その危険
性を訴えます。皆さん奮ってご参加ください。

■日 時:平成21年11月29日(日)14:00〜16:00

■場 所:名古屋市中区栄

     *広小路通と久屋大通が交差する広場を目安に10分前にお集まり下さ
い。勿
      論、途中参加も可。

     *雨天の場合は、街宣のみになります。師走直前、「NHK大罪Tシ
ャツ」で
      は来ないと思いますが、防寒対策をしてきてください。

 なお、外国人地方参政権反対は、外国人を差別、排斥するものではなく、その
国の未
来は、その国籍を持つ人が決定する、いたって「あたりまえ」のことを主張して
いるだけ
であり、在日外国人が参政権を取得したいなら「帰化」すれば良いことです。

 こと「日台共栄」の観点でいうならば、これから増えるであろう中国人が参政
権を獲得
すれば、候補者はその票を気にしなくてはならなくなります。それは、中国から
の内政干
渉を誘発することとなり、日本にも台湾にも益することは何もありません。

 日本の弱体化となる外国人地方参政権には、断固、反対の意思表明をします。

■当日現場責任者:渡辺裕一 TEL:052−760−1556

■主催:日本李登輝友の会愛知県支部(重冨亮支部長)
    〒465-0024 愛知県名古屋市名東区本郷2-96-302号 渡辺裕一事務所気

    TEL:052−760−1556 FAX:052−760−1557
    E-mail:info@ritouki-aichi.com
    ホームページ:http://www.ritouki-aichi.com/

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,