【台独聯盟声明】正名・制憲・国連加盟で、中国の圧力に抵抗せよ

正名・制憲・国連加盟で、中国の圧力に抵抗せよ

台湾独立建国聯盟主席 陳南天
2016年10月9日

 2016年の新しい台湾の政治状況は、欺瞞に満ち、台湾の主権を裏切る「ひとつの中国、92年コンセンサス」を蔡英文総統が受け入れないために、中国が一貫して台湾の国際的活動空間に圧力を加え、国連食糧農業機関漁業委員会、国際民間航空機関、国連気候変動枠組条約締約国会議において次々と台湾の代表の出席を阻み、世界経済フォーラムでは台湾の呼称を「中国台湾」に戻すなどの事件が起きている。国内では、中国の「経済によって政治を追いつめる」という手法により、さまざまな台湾との交流を縮小し、中国人観光客の台湾観光を減少させ、台湾の観光業者が相手を間違って、新政権に対し(本来は中国に向けるべき)街頭デモを起こす事件をもたらした。

 中国の様々な圧力に対し、最近、蔡英文氏が、「中国の横暴に対して屈服しない」として台湾総統としては強い調子で態度表明を行ったことを我々は高く評価する。2016年10月4日、蔡氏は『ウォール・ストリート・ジャーナル』のインタビューを受け、台湾が「中国の台湾当局」ではないということ、また台湾は平和を求めるが、決して中国の圧力に屈しないという意思と決心を、世界に対して伝えたが、これは注目に値する。我々は、蔡総統が、自身の言う、「中国の圧力に全力で対抗し、他の国家との関係を発展させる」、「中国への過度の依存から抜け出し、健康で正常な経済関係を形作る」ことを、一歩一歩達成し、蔡総統が示した「台湾は今の場所から抜け出し、世界に台湾を見せ付けなければならない」というヴィジョンを実現することを期待するものである。しかしながら、台湾独立建国聯盟は、蔡英文総統のいう「現状を維持する」ためには、「『台湾が独立へ向かう』現状を維持」し、「チャイニーズ・タイペイ」を唾棄して、「台湾」の名で国際社会に向き合うことを、改めて要求する。

 台湾人民の改革への切実な願いを受け、新政権は、国民党の不正党資産の奪還には着手したものの、他方で、馬英九政権の8年間で無残に破壊された状態を引き継いでいる。蔡総統は、台湾社会に長期間にわたり累積された政府への強烈な不信感を決して軽く見てはならない。もしこの不信感が最終的に「民進党は国民党と同様に役立たずだ」という結論に還元されてしまえば、台湾の本土政党の政権運営の基盤を損なうことになる。我々は、公衆の政府への信頼を再建するためには、たゆまず、引き続き、「政府の情報の透明化、問責制度の実現、公衆の統治への参画を拡大する」制度を整備し、民主政治の基本原則を確実に実践することによってのみ、政府の統治能力を高めることができると考える。

 台湾が正常で独立した国家へと向かう道において、中国は避けることの出来ない障害である。台湾は、中国の圧力に屈っし、却って自らの政府の間違いを攻撃するという悪習に陥らないよう気をつけねばならない。台湾人民が中国の圧力の下にありながら、自らの意思を堅持して蔡英文氏を台湾の総統に選んだのだということを忘れてはならない。中国の、蔡英文政府に対するかのように見える、さまざまな圧力と排斥は、実際のところ、台湾人民の意思を否定することにほかならない。中国の圧力に対して、台湾人民は一丸となってそれを跳ねのけるべきである。「正名・制憲・国連加盟」の推進は、新政権が引き続き「中国の圧力に対抗する」ために有利な応援となる。台湾独立建国聯盟は、中国に対し、中国の圧力に直面した台湾人民は、台湾が正常な国家ではないこと、および、台湾人民が受けるべきでない屈辱を受けていることを思い起こさせることにしかならないことを告げるものである。台湾人民への中国の圧力は、台湾人民をして、一層、独立自主の道へと向かわせ、国際社会からの承認を求めて奮闘するよう奮い立てるものにほかならない。

〔台湾の声編集部仮訳〕

以正名制憲入聯,抵抗中国圧力

台湾独立建国聯盟主席 陳南天
2016年10月9日

2016新的台湾政局,蔡英文総統不接受虚仮、出売台湾主権的「一個中国,九二共識」,因此,中国一貫地打圧台湾国際空間,陸続在聯合国糧農組織漁業委員会、国際民航組織、聯合国気候変遷綱要公約締約方大会抵制台湾代表出席,及世界経済論壇又将台湾名称改回「中国台湾」等事件。在国内,中国持続加強「以商逼政」的策略,緊縮各項対台交流,並減少中国観光客来台,導致台湾旅遊業者搞錯抗議対象(応該抗議中国)而上街抗議新政府等事件。

面対中国種種打圧,我們讚許近日蔡英文帯有台湾総統高度的表態:不会屈服於中国蛮横無理。20161004她接受《華爾街日報》専訪時,她向世界伝達了台湾並非「中国的台湾当局」,以及台湾尋求和平、但絶不向中国圧力低頭的意願与決心,堪称是亮眼的表現。我們期許蔡総統能逐歩達成她所言:「力抗中国的圧力,発展与其他国家的関係」、「擺脱対於中国的過度依頼,形塑一個健康的、正常的経済関係」,実現蔡総統所宣示的「台湾要走出去,譲世界看到台湾」的遠景。不過,台湾独立建国聯盟再次要求蔡英文総統的「維持現状」,必須「維持『台湾走向独立的』現状」,抛棄「中華台北」,以「台湾」之名面対国際。

面対台湾人民対於改革的殷切期盼,新政府雖然已経開始追討国民党不当党産,在承接了馬英九執政八年後的残破処境,請蔡総統切莫忽視台湾社会長期累積下来対政府的強烈不信任感,若不信任感最終被化約為「民進党和国民党一様爛」,反而損傷本土政党執政的基礎。我們認為,要重建公衆対政府的信頼,唯有不懈、持続地在制度上設計出「政府資訊透明、落実問責制度、拡大公衆参与治理」,確切実践民主政治的基本原則,才能提高政府治理効能。

台湾在邁向正常、独立国家的道路上,中国是無可迴避的阻礙。台湾要慎防習於屈服中国的打圧,転而攻撃自身政府的不是。不可忘記的是,台湾人民是在中国圧力下,堅持自己的意志投票選出了蔡英文作為台湾的総統。中国看似針対蔡英文政府的種種打圧与杯葛,実際上是対台湾人民意志的否定。面対中国打圧,応当由台湾人民一同扛起,以推動「正名、制憲、入聯」,作為提供新政府継続「抵抗中国圧力」的有利奥援。台湾独立建国聯盟,在此敬告中国,台湾人民面対中国的打圧,只会提醒台湾不是正常化国家,以及台湾人民不応該承受的屈辱;台湾人民面対中国的打圧,只会激発台湾人民更加走向独立自主的道路、為承認而奮鬥。

2016.10.10 16:10

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , ,