【台湾と尖閣は不可分?】尖閣を狙う中国の嘘八百に反論する

【台湾と尖閣は不可分?】尖閣を狙う中国の嘘八百に反論する
【台湾と尖閣は不可分?】尖閣を狙う中国の嘘八百に反論する・下條正男(拓殖大学教授)

                 

 中国の国家海洋局は2014年12月30日、尖閣諸島問題についてのウェッブサイトを解説し、大々的に尖閣諸島が中国領であるとの宣伝を行っている。

 しかし、一見膨大な資料にも続いているかのようにみえるその中身は、言ってみれば嘘だらけ、ただの一つも尖閣が中国領であることを実証する資料は存在していないのである。

 中国は明の時代から『使琉球録』などの文献に尖閣が出てくることを根拠にしているが、文献に出てくれば領土である、などということは少なくとも近代法的には全く無意味である。明の時代には、台湾は文献には出てきても、中国の領土には入っていなかった。清の時代にようやく台湾の一部が領土になったに過ぎない。

 清の時代になっても、尖閣諸島は台湾の付属諸島と記されている文献は存在していないのである。そのなると「台湾と尖閣は不可分」ということを論拠とする中国の尖閣領有権論は雲散霧消してしまうのだ。

 下條教授はこの論文でその事実を詳細に説明している。ぜひとも下條論文を読み、中国の不当な主張、そして一部日本でそれに似たことをいう(例えば孫崎など)論が誤っており、完全な虚説であることを理解していただきたい。またこれを海外に向けて大々的に主張していくべきである。

 日本語: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku1.pdf
英訳文は、下記の通り、発信する会のサイトに掲載し、海外の4000ほどの学者、マスコミなどに発信した。
 
�27年月21日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

A REBUTTAL TO CHINA’S FRAUDULENT CLAIMS ON THE SENKAKU ISLANDS
Professor Shimojo Masao, Takushoku University
On December 30, 2014, the PRC’s State Oceanic Administration launched a website entitled “Diaoyu Dao: The Inherent Territory of China.” The site is China’s platform for its claims on the Senkaku Islands, which the Chinese call “Diaoyu Dao and its affiliated islands”.

However, the historical perception and the State Oceanic Administration’s website are utterly flawed, which maintain that the Senkaku Islands are an integral part of China, and that they are islands affiliated with Taiwan. The creators of the website do not offer any evidence supporting these claims.

The mere appearance of the so-called Daioyu Dao in a written work is not definitive proof that the Senkaku Islands were Chinese territory several hundred years before Japan discovered them. To prove that the islands were under Chinese jurisdiction at that time, the Chinese must establish that Taiwan was an integral part of Ming China in official regional topographical works like Comprehensive Gazetteer of the Ming Dynasty or official histories such as History of the Ming Dynasty. These classic works, however, do not at all support the ludicrous contentions of the PRC.

It was the Qing Dynasty that incorporated Taiwan, but official documents, such as the Comprehensive Gazetteer of the Great Qing Real, show that the Senkaku Islands were never a part of Taiwan. Thus, the very basis of the Chinese claim that the Senkaku Islands belonged to Qing China is completely shattered.

The current article verifies the facts based on key Chinese historical documents.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL/SENKAKU-Shimojo.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/auther/shimojo-masao

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: 03-3519-4366
Fax: 03-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

[RelationPost]
タグ: , , , ,