【傳田晴久の台湾通信】「台湾の2020大選」

【傳田晴久の台湾通信】「台湾の2020大選」
【傳田晴久の台湾通信】「台湾の2020大選」

1. はじめに

ここ数年、正月は日本で過ごし、屛東の竹田駅前にある池上文庫周年祭(14、15日ころ)に合わせて台湾に戻っていましたが、今年は1月11日(土)に総統選挙(2020大選)があるので、少し早めに台湾に戻ろうと決めていました。しかし、私が長年携わっていた高等学校アメリカンフットボールの記念行事が選挙と同じ日に組まれてしまい、大いに悩みましたが、蔡英文再選、民進党過半数議席確保を信じ、投開票日の翌日に台湾に戻ることにしました。記念行事終了後、直ちに帰宅、23時頃PCを開き、ネットのニュースをあさりました。事前のある専門家の分析では、蔡英文さんの当選は99%確かとのことでしたので、あまり心配はしていませんでしたが、ただ立法委員の選挙結果のほうは気になっていました。

ネットのニュースは蔡英文さんの再選を伝えてはおりましたが、立法委員については何も触れていませんでした。私はガラ系、スマホなど持っておりませんので、台湾への移動中やきもきしながら12日の夜遅く台北につき、その足で夜行バスに乗り台南に戻りました。友人に購入を頼んでおいた新聞を月曜日に届けていただき、初めて投票結果の詳細を知ることができました。

2. 選挙結果

1月12日の自由時報の第一面は当選した蔡英文総統と頼清徳副総統のお二人がにこやかに手を振る写真と「817萬票 蔡英文狂紀録 遠超馬英九 創歴史新高」の文字が躍っていました。その写真の横に正副総統選挙結果としての得票数(宋楚瑜・徐湘組608,590票4.26%、韓国瑜・張善政組5,522,119票38.61%、蔡英文・頼清徳組8,170,231票57.13%)、投票率(74.90%)、立法委員選挙結果としての各政党の議席数(民進党61席、国民党38席、民衆党5席、無党籍5席、時代力量3席、基進党1席)などが記されていました。これらの数字が絵やグラフで表示されているので、私はてっきり、蔡英文・頼清徳組、民進党の圧勝・楽勝と思いました。

3. 実は危うかった・・・・

前述のように私は、日本の正月を東京で過ごしていたので、投票直前の台湾の様子は全く知りませんでした。投開票日の翌々日、藤井厳喜氏と林建良氏の「台湾選挙の分析と2020世界情勢」という動画を見て、びっくりしました。
昨年末までの世論調査の結果では蔡英文さんの再選間違いなしとのことでしたが、実際は、投票日の一週間前、民進党陣営はパニック状態に陥っていたとのこと。台湾の法律では投票日の10日前からは世論調査の結果や予測について報道してはいけないそうですが、この間に国民党は3つの巻き返し策をとったそうです。

4. 国民党の巻き返し

巻き返しの第一弾として、国民党は台湾のすべてのテレビやネットのCM枠を買い占め、朝から晩まで民進党に対するネガティブキャンペーンを打ったそうです。例えば、大阪の外交官自殺の原因は蔡英文が追い込んだからとか、台中の空気汚染は蔡英文が原発を止めたからとか、あるいは蔡英文政権が中国との関係を悪くしたので台湾の経済が悪くなったとの情報を流したそうです。

台湾の経済について、タクシーの運転手、屋台や飲食店の老闆(ラオパン)、一般庶民が口をそろえて景気が悪いと口にするが、林建良さんによれば、失業率は下がり、株価は上がり、平均賃金も上がり、GDP、成長率も上昇している、すべての指標はよくなっている、馬英九時代はマイナス成長だったのに・・・・といいます。

第二弾は国民党が大動員をかけ、1月9日の夜、100萬人の大集会を開催し、士気を大いに高めたとのことです。
そして、第三弾は、1月8日に民進党の大スキャンダルを発表するとの予告でした。これはオーストラリア当局に亡命を申請した王立強という中国のスパイの話で、このスパイの申し立ては、自分は香港や台湾で政治工作をしてきたというものでしたが、それは民進党に買収されて、そのように言わされたと国民党は主張するのです。国民党は証拠を握っており、9日に暴露すると予告した同じ日に、オーストラリアの有力紙が、話は逆で、国民党が王立強を脅して証言を変えさせようとしていたのだと伝えたというのです。国民党が証拠というテレビ電話には、国民党が王立強を誘導尋問する姿が映っているそうです。

5. 若者の力

この国民党の3つの対策は功を奏し、韓国瑜氏の票は150万票のびたそうで、決して民進党楽勝ではなかったということです。

台湾の選挙法では「不在者投票」「期日前投票」はできず、自分の戸籍のある投票所に行かなければ投票できません。若者は仕事や勉学のために故郷を離れており、この旧正月(春節)前、また学校の期末試験間近のこの時期に故郷に帰りたくないのです。支持政党が優勢という状況で、いずれ春節には帰るのだから、自分一人くらい投票しなくても大勢に関係ないのではないかと考えがちで、これは選挙では最も危険な考えです。

しかし、台湾の若者は違いました。投票日前日の新幹線の駅、バス停には帰省の若者の長蛇の列、車内は満員だったそうです。学生連合会が年末に行った模擬投票では、蔡英文・頼清徳組の得票率は85.4%、韓国瑜・張善政組のそれはわずかに4.7%だったそうです。

林建良さんは言います、「2014年のひまわり学生運動、2020年の選挙、いずれも若者が救いました」と。

6. 奥歩

拙著「台湾の北京語」で「奥歩」を「ずる賢いやり方」と説明しましたが、国民党が土壇場で打った手は「奥歩」そのもの。もっとも日本語では「奥の手」といえばとっておきの手ということ、最後の手段という意味もありますから、そちらの意味かもしれませんが・・・・。

私は2020大選を次のように見てきました。2018年の統一地方選挙(九合一選挙)で民進党が惨敗を喫した痛手が後を引き、2020大選は相当厳しいものと思っておりましたが、昨年の1月2日の習近平の演説(台湾に一国両制を)に対する蔡英文総統の拒否発言で持ち直すかと思いました。支持率は持ち直し始めたものの、民進党の候補者決定手続きのもたつき、台北市長の柯文哲氏の動き、鴻海精密工業の創業者・郭台銘氏立候補の話などでやきもきさせられました。
しかし、香港の「反送中抗争」、米国の対台湾政策の変化、郭台銘氏と柯文哲氏の棄選と続く一方、韓国瑜氏の失言、品格問題、不動産転がし問題が取りざたされて、10月から11月頃より、私は蔡英文さん優勢間違いなしと思うようになりました。

とは言え、蔡英文陣営が、国民党が仕掛ける奥歩によって一時パニックに陥ったと聞き、情報戦の実態、メディアの力、フェイクニュースの恐ろしさを知らされました。

CM枠を買い占めるとは、いったいどのくらいの費用が掛かるのでしょうか、それらの金はいったいどこから出ているのでしょうか?かつての中国国民党は日本が台湾を手放した時の資産をせしめ、世界で最も裕福な政党といわれましたが、2016年蔡政権発足後の転型正義の結果、かなり財産を減らしたと聞きますが、どうなのでしょうか。オーストラリアで自首したスパイ王立強の言うように大陸からの資金だったのでしょうか。

CM枠は商品ですから金で買えるのでしょうが、台湾の新聞、放送会社のほとんどに中国資本が入っていると聞きますといろいろ考えさせられます。日本の一部のテレビ、新聞の偏向についても種々取りざたされていますが、ここにも他国からのいろいろな手が入っているということでしょうか。

7. おわりに

選挙戦の最後の実態を見ることかないませんでしたが、林建良さん藤井厳喜さんの動画を拝見せずに、新聞やテレビだけを見ていたら、とんでもない誤解をするところでした。
私のように情報源をテレビや新聞といった既存の、いわゆるオールドメディアのみに頼っている「情報弱者」は、ある種の意図をもって流される情報にたやすく騙されてしまうのかもしれません。
私がお送りしている台湾通信の内容は、ほとんどが「又聞き」の類ですが、ご存じない方々にとりましては必要なものかもしれません。この度の2020大選の裏話(又聞きですが)をお伝えさせていただきました。
最後に「お口直し」の小咄を・・・・・原文は、「小明問阿公:請問你英文好還是國語好?阿公回筨:小孩子不要談政治!」。意味は
明君:ねえ、おじいちゃん、英語がいいの、
それとも国語がいいの?
祖父:子供は政治の話をするものはではありません。
この小咄はネットで流行ったものだそうで、台湾北京語「菜英文」は「へたくそな英語」という意味で、蔡英文と同じ発音、国語の発音はguo2yu3で韓国瑜の国瑜の発音guo2yu2に似ています。そして「子供は政治の話をするものではない」ということばは、台湾で戒厳令が敷かれていた時代に家庭でよく言われていた言葉とお聞きしたことがあります。
         


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO0hUWPiscVReTyayFYXAA2oIHgqDqptbXKFwnRhX6i/pMyNI5qjVXnRVCv

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,