【交流協会台北事務所長交代】樽井澄夫氏に

【交流協会台北事務所長交代】樽井澄夫氏に
交流協会台北事務所長(駐台大使)に前沖縄担当大使の樽井澄夫氏
  
今井正・現代表は交流協会理事長へ

 財団法人交流協会は9日に理事会を開き、新任の台北事務所長(駐台大使に相当)に樽井
澄夫・外務省参与を選出した。樽井氏は24日付で就任し、現所長の今井正氏は交流協会理
事長に転任する。

 樽井氏は1947年、福島県生まれの64歳。慶應義塾大学経済学部卒業後、71年に外務省入
省。中国課長、北京大使館公使、軍縮大使などを経て、2009年6月に沖縄担当大使就任、昨
年10月に外務省を退官し、参与となっていた。

 樽井氏はチャイナスクール出身で中国語も流暢。両岸関係に明るいことから選任された
という。

 現代表の今井氏も沖縄担当大使出身で、2代続けて沖縄担当大使経験者の所長となる。

                (本会ホームページより:http://www.ritouki.jp/

—————————————————————————————–
理事選任経過について
【交流協会HP:2012年 4月 9日】

理事選任経過について
公益財団法人交流協会

1.経過
 公益財団法人交流協会は、平成24年4月9日に開催した第1回評議員会において、樽井澄
夫氏を理事として選任いたしました。同理事の選任は、理事1名の辞任に伴うものです。

 同理事の選任にあたり、一層の透明性の確保を図るために、国家公務員の経歴を有しな
い評議員5名と国家公務員及び当協会役職員の経歴を有しない外部委員1名により構成され
る「役員候補者推薦委員会」を事前に開催し、樽井澄夫氏を役員候補者として評議員会に
推薦することを決定いたしました。

 同委員会からの推薦を受け、評議員会で審議を行い、同氏の理事選任を決定いたしまし
た。

 選任理由は、下記2.記載のとおりです。

 なお、これにより、当協会役員に次のとおり異動が行われます。

(平成24年4月23日付)

畠中篤現理事長         理事長及び理事退任
(平成24年4月24日付)

今井正現理事・台北事務所長   理事長就任

樽井澄夫氏           理事・台北事務所長就任

2.選任理由

 樽井澄夫氏(64歳。外務省参与)は長年にわたる外交官経験を有し、その間外務省中国
課長、在北京大使館公使、軍縮会議大使、沖縄担当大使等を歴任し、日台関係、両岸関係
及び当協会事業に関し高い知見を有し、適任である。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , ,