【ニュース】李登輝氏と蔡英文氏が団結を確認

【ニュース】李登輝氏と蔡英文氏が団結を確認

【ニュース】李登輝氏と蔡英文氏が団結を確認

台湾の声

来年の立法委員(国会議員)選挙に比例代表から候補者を擁立する台湾の野党
・台湾団結連盟(台連)のパーティーが7月1日夜に開かれ、李登輝・元総統(
元大統領)が出席したほか、民主進歩党(民進党)の総統選挙候補者である蔡英
文主席も駆けつけた。

台連は、総統選挙では最大野党・民進党の蔡英文候補を支持し、同日行われる
立法委員選挙については、小選挙区では民進党候補を支持するが、比例代表では
台連への投票を呼びかけている。比例代表では、台連が5%以上の得票率を獲得
すれば議席が得られる。台連の支持者らは「蔡英文
当選!、李登輝 がんばれ!、台連 得票率5%を超えよう!」のスローガンを連
呼した。

李登輝氏は6月30日に台湾検察当局に汚職と資金洗浄の疑いで起訴されたが、
これは7月1日に李氏と蔡氏が台連の同席して「棄馬保台」(馬英九を棄て台湾
を守る)をアピールして団結を強調するタイミングに合わせて仕掛けられたもの
だとみられている。また、7月1日の中国共産党創設90周年に合わせて中国のご
きげんをとろうとしたという見方もある。

馬英九総統は、今回の李登輝氏起訴に関して「司法の独立を尊重する」との立
場を示し、介入を否認している。台連の黄昆輝主席は、馬英九政権が指名した黄
世銘・検察総長が6月8日〜15日に訪中し、その2週間後に李登輝氏が起訴され
ていると指摘し、中国の意向を受けての起訴ではないかと疑問を呈している。

また、起訴によって李登輝元総統のイメージを落とすことで、李氏と蔡氏の分
断をはかり、馬陣営(中国国民党)の選挙戦を有利に運ぼうとする意図が見え隠
れするが、10年以上前の話を選挙半年前になって持ち出し、李氏を起訴したのは
、選挙のためのわざとらしいネガティブキャンペーンで、台湾建国派への政治弾
圧だと見る人も多く、「裁判所は国民党が開いている」、「次は蔡英文氏を起訴
するつもりではないか」などと、台湾人の司法や馬政権への不信はますます広が
りつつある。

李登輝氏は、今回の起訴に関して、先に特捜部の発表した文章を読むことを勧
め、特捜部の指摘には証拠がなく、「3人で口裏を合わせた」などというのは検
察官が勝手に考えたことだと反論した。

李登輝氏は、「絶対に打倒されない。台湾の主体性と民主の発展を守るため、
これからも言うべきことは言い続ける。90歳の老人に死は怖くない。たとえ李登
輝が死んでも、台湾人にはまだまだ数千、数万もの李登輝(の分身)がいて、台
湾の民主のために戦う」と語気を強めた。

台連のパーティーで李登輝氏と同席し、李氏との団結を再確認した蔡英文氏は
、「検察は中立であるべきで、事件を恣意的に選別してはならない」と検察の不
透明な動きを批判した。

 

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , ,