9月12日〜17日、福岡李登輝友の会が台湾を知る写真とパネル展

9月12日〜17日、福岡李登輝友の会が台湾を知る写真とパネル展
9月23日には楊素秋さんを講師に講演会

 本イベントは、台湾に対する正しい理解と認知を得るために、2005年アジアマンス参加
者に、「ご存知ですか、親日の台湾を」を統一テーマに、組写真および解説パネルで、旅
行目的地として魅力的な台湾、新幹線など最新の台湾情報、日台の交流史等々の情報を提
供することを目的としています。
                    日本李登輝友の会福岡県支部、台湾研究会

親日の邦・台湾を知る、写真とパネル展

■会 期  9月12(月)〜9月17日(土)
       12日(月、初日)14:00〜18:00
       13日(火)〜16日(金)11:00〜18:00
       17日(土、最終日)11:00〜16:00
■会 場  都久志会館 アトリエ102
       福岡県福岡市中央区天神4-8-10 電話:092-741-3335
       http://tsukushi-kaikan.jp/
       【交通】地下鉄天神駅より徒歩8分
           西鉄福岡駅・天神バスセンターより徒歩10分
           JR博多駅より地下鉄乗車6分,天神駅下車徒歩8分
           福岡空港より地下鉄乗車11分,天神駅下車徒歩8分
■入場料  無料
■展 示
 1.魅惑の台湾(Enchanting Taiwan)組写真 65枚 
 2.台湾の近代化に尽くした福岡県人−明石元二郎と末永仁−パネル展
 3.台湾新幹線模型(Nゲージ走行可能型と静態型)
 4.新幹線最新情報パネル
 5.台湾国基本データ・地図
 6.日本・台湾交流年表

■主 催  日本李登輝友の会福岡県支部、台湾研究会
       〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-15-15 平和台ハイツ702号
       TEL・FAX 092-781-3458
■後 援  台北駐福岡経済文化弁事処、台湾観光協会大阪事務所


9月23日、親日の台湾を知るための講演会
楊素秋さんの『日本人はとても素敵だった』

昭和20年8月15日までは日本籍、その後、中国籍と二つの国籍に翻弄され、世界最長の戒厳
令下、暗黒の時代を生き抜いてきた一台湾人女性楊素秋さん。
「戦後の日本は、他国から統治されたことがなく、裕福で平和な世界の大国のひとつで、
国民は幸せという座布団にあぐらをかいて過ごしてきた。しかし国が立派でも、国民の一
人一人が立派でなければ、いずれ国は滅びてしまいます。
 日本人よ、背筋をシャンとしてお立ちなさい。そして自信と誇りをもって前に進みなさ
い!! 日本人は、日本人であることを大いに誇っていいのです。昔の日本精神はどこにい
ったのですか!」
と、私たちに厳しくそして暖かく語りかけてくれます。

■期 日  9月23日(金)開場13:00 開演13:30
■会 場  早良市民センター大ホール(500席)
       福岡県福岡市早良百道2-2-1 TEL:092-831-2321
       http://www.try-net.or.jp/~hano/hl-sawara.html
       【交通】地下鉄「藤崎駅」下車すぐ
           西鉄バス「藤崎」下車すぐ
       *駐車場はありませんので、車はご遠慮ください。
■講 師  楊 素秋さん(『日本人はとても素敵だった』著者)
      講師プロフィール 
      楊 素秋 日本名、弘山喜美子。昭和7(1932)年、日本統治下の台湾、台南市
      生まれ。弘明電気商会を経営する父:弘山清一と母:敏恵のもと、二男三女の
      次女として生まれる。台南師範学校附属国民小学校、長栄女学校(中学、高校
      )卒業。日本をこよなく愛した父の影響で、日本人と自覚して育つ。今も、思
      考する時も、寝言も日本語。日本と台湾の架け橋の釘1本となりたい、と、貿
      易、通訳、日本語教師など、多方面で活躍している。
■入場料  無料
■サイン会 講演終了後、会場にて著書販売とサイン会を実施
■主 催  日本李登輝友の会福岡県支部、台湾研究会
      〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-15-15 平和台ハイツ702号
      TEL・FAX 092-781-3458
■後 援  台北駐福岡経済文化弁事処、台湾観光協会大阪事務所

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,