8月30日(土)、鎌倉の教育を良くする会が富岡幸一郎氏を講師に講演会

8月30日(土)、鎌倉の教育を良くする会が富岡幸一郎氏を講師に講演会
演題は「躍動する生命の冒険を!「日本人の再建」

 今の危機とは、私達自身そして我が国の生命力の衰退です。他者への無関心、自分に
対する無関心さえ進んでいます。大切な子供たちに元気がなく心配です。

 仏教や神道やキリスト教などを通して真実の霊性に目覚め躍動する生命を得て貴重な
メッセージを発する人がいます。内村鑑三、鈴木大拙、折口信夫、また川端康成、三島
由紀夫等、すぐれた思想家や文学者の言葉に出会えば、遥かな時空を超えた力として魂
に響きます。豊かな生きる力として私達にスピリットを吹き込んでくれます。

 さて、敗戦・占領によって明治以降の近代国家日本は滅びたのでしょうか。日本人の
魂はよみがえるのでしょうか。歴史の連続性と魂の断絶の問題について深く認識するこ
とこそ喫緊の課題です。

 ぜひ多数の皆様に御来場くださいますよう御案内申し上げます。よろしくお願い申し
上げます。

                       鎌倉の教育を良くする会 山内 裕子


鎌倉の教育を良くする会 第31回講演会
躍動する生命の冒険を!「日本人の再建」

■日 時 平成20年8月30日(土) 午後1時10分開場 1時30分〜4時

■場 所 鎌倉生涯学習センターホール
     (JR鎌倉駅東口徒歩3分・鎌倉郵便局隣)

■講 師 富岡 幸一郎氏(文芸評論家)
     昭和32年生まれ 中央大学文学部仏文科卒業。関東学院大学文学部比較文化
     学科教授。昭和54年に評論「意識の暗室 埴谷雄高と三島由紀夫」で第22回
     群像新人文学賞受賞。主な著書『内村鑑三』『非戦論』『新大東亜戦争肯定
     論』『スピリチュアルの冒険』等。文芸オピニオン誌『表現者』編集長。鎌
     倉ペンクラブ会員。神奈川近代文学館理事。

■資料代 1000円 (学生500円)

■当日先着 250名(予約不要)

■連絡先 080-6603−5335 山内

■主 催 鎌倉の教育を良くする会

■後 援 鎌倉市教育委員会


●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,