8月19日(金)、国際鉄道模型コンベンションに「台湾の鉄道」が初登場!

8月19日(金)、国際鉄道模型コンベンションに「台湾の鉄道」が初登場!
手造りの台湾新幹線が走り、台湾高鉄や台湾鉄路管理局も協力

 毎年8月に開催される「国際鉄道模型コンベンション」は今年で6回目を迎え
、今回初めて「台湾の鉄道の模型」が登場する。
 昨年まで、欧州型やアメリカ型の出展はあったが、アジアの国の鉄道模型は今
までになく、ましてひとつのブースが台湾型のみという企画は従来考えられなか
っただけに、主催者側も注目している。
 出展者は「台湾研究フォーラム」(永山英樹会長)であるが、日本李登輝友の
会(小田村四郎会長)、日台鉄路愛好会(佐藤雅彦世話人代表)が全面的にバッ
クアップ、手造りの台湾新幹線をはじめ台湾の鉄道模型を多数紹介する予定。台
湾側からも、台湾高速鉄道からパネルとイメージDVDを、台湾鉄路管理局から
も「愛上台鉄」DVDをご提供いただいている。さらには台北駐日経済文化代表
処からもご協力いただく予定だ。
 台湾へは何度も行ったことがあっても鉄道は乗ったことがない、という方も少
なからずおられると思います、これを機会に是非ご来場ください。また、会場の
一角では佐藤商会(佐藤雅彦氏)で台湾型鉄道模型や関連グッズも販売していま
す。

■国際鉄道模型コンベンションとは
 約7,000?の会場に約50社の鉄道模型メーカーと約40社の鉄道グッズ販売会社、
 さらに約50組の個人・グループの展示があり、昨年は3日間累計の入場者数が
 42,000人という、国内最大の鉄道模型イベント。たかが鉄道模型、されど鉄道
 模型。鉄道がその国の歴史を語ります。21世紀を担う子供たちから豊かな日本
 を支える大人まで、この鉄道模型ゾーンで夏休みの一日を充分に遊び、親しみ
 、楽しんでもらえることと思います。

                記
第6回 国際鉄道模型コンベンション

■日 時  8月19日(金)〜21日(日)10:00〜18:00、但し21日は17:00まで
■会 場  東京国際展示場「東京ビッグサイト」 西4ホール及び屋外展示場
      新橋駅からゆりかもめ「国際展示場前」へ、21分
      大崎駅からりんかい線「国際展示場」へ、19分
■入場料  1,200円(中学生以下は無料)


タグ: , , , , , , , ,