6月25日(日)、日本台湾医師連合が廖建龍氏を講師に講演会

6月25日(日)、日本台湾医師連合が廖建龍氏を講師に講演会
テーマは「中共支配下の中国の虚と実」(使用言語:日本語)

謹啓、五月晴れが余り見られなく今ころ、皆様方にはご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は、本会主催の活動にご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
 さて、去年の年末に一冊の本、「中国がひた隠す毛澤東の真実」が日本の書店に並びま
した。その反響の大きさは、皆さまの記憶に新しい所かと思います。毛澤東は、中国で四つ
のソビエト区時代の富田事件を皮切りに、反胡風闘争、反右派闘争、大躍進運動、そして
文化大革命等、次々と粛清や国民虐殺を行ないました。そのため、何千万もの国民が命を
落とし、何千万の家族が破滅しました。何故、いつも“歴史を鏡にする”と言う中国がこ
の歴史をひた隠すのか、日本や台湾や周辺諸国が中国と付き合う前に、深く考えて頂きた
いのです。そこに現代中国の本質が見え隠れしていると存じます。共産中国の本質を理解
するため、是非ともこの本を読んで頂きたいと思います。 ここ数年、中国政府が幾度も
日本に“歴史の教訓を肝に銘じるべき”と批判していますが、むしろ中国政府こそが歴史
の教訓を肝に銘じするべきではないかと思われます。
 日中関係に波乱に満ちるこの時期に、この本を日本語に翻訳した廖建龍氏がご多忙の中
、我々の要請に答えて講演していただくことに、心から感謝致します。またとない機会で
ございますので、日中、日台、中台関係に関心を持つ方は、お忙しいと存じますが、ぜひ
万障お繰り合わせの上、ご臨席を賜りたくご案内申し上げます。

                          日本台湾医師連合会長 丘哲治 5月吉日

                  ――記――

【日 時】平成18年6月25日(日)・受付17:00より・講演会17:3 0〜19:30
【会 場】アルカディア市ヶ谷(私学会館)  
     東京都千代田区九段北4-2-25  電話:03-3261-9921
     地下鉄 有楽町線、南北線、新宿線 市ヶ谷駅下車
     JR総武線市ヶ谷駅下車
【テーマ】中共支配下の中国の虚と実(使用言語:日本語)
【講 師】廖建龍先生
【略 歴】東京大学農学部卒業、農学博士
【主 催】日本台湾医師連合(http://www.jtmu.org/
【参加費】講演会¥1,000(但し、マスコミ・学生無料)
【申込み】日本台湾医師連合高村豪理事まで。締め切り6月23日。
     TEL&FAX:043-292-4827  Eメール:takamura_go@brown.livedoor.com
…………………………………………………………………………………………………………
申し込み票

ご氏名:
ご出席 人数: 名
学 生 人数: 名
E−メール:
TEL:
FAX:

[RelationPost]

タグ: , , , , , , ,