42年間毎年台湾を訪問した「日本屏東会」、最後の訪問

42年間毎年台湾を訪問した「日本屏東会」、最後の訪問
【3月12日 台湾週報】
http://www.taiwanembassy.org/JP/ct.asp?xItem=83514&ctNode=3522&mp=202

 「日本屏東会」のメンバー7人は、3月10日、屏東在住の元同窓生、潘茂松さん付き添い
の下で、屏東県政府(県庁)と屏東市公所(市役所)を訪問した。屏東県政府では曹啓鴻
・県長(知事)が紀念品を一人一人に贈呈したほか、屏東市公所ではパパイヤ、ブドウ、
スイカ、バナナなど屏東の果物で一行の来訪を歓迎し、同会は記念として「日本屏東会会
報」を屏東県長と屏東市長にそれぞれ贈呈した。

 この「日本屏東会」のメンバー全員は台湾で生まれ、屏東市中正小学校で学んだ同窓生
であり、子供の頃の懐かしい思い出が忘れられず、毎年訪問団を組織し、かつて住んでい
た地を訪れているもので、この訪問はこれまで42年間途切れることなく続いていた。

 同会の一行はこれまで屏東に到着すると、毎回、屏東県政府と屏東市公所を訪問してお
り、2003年に発生した新型肺炎(SARS)が猛威をふるった時でも、訪問の日程は後に延び
たもののこの訪問は途切れることはなく、この時には大量のマスクも屏東市公所に日本か
ら送っており、同会のメンバーは第二の故郷である屏東への思いをこのような形で示して
いた。

 一行のこれまでの屏東訪問では、毎回、観光バスで移動し、同会の会員のほか、時には
家族を連れてきたりもしていたが、時の流れと共に多くの会員も相次いで物故者となった
り、体力の衰えにより長旅に出られなくなったりし、屏東を訪問する人数は年毎に減り、
その参加者数も一ケタ台となったのだった。

 現在「日本屏東会」のメンバーは93歳を筆頭に平均年齢70〜80歳であり、今回の屏東を
訪問したメンバーは、今年を最後の訪問とし、「残念だが屏東、さようならと言わなけれ
ばならない」と語った。


●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームを設けています。これでお手軽にご入会申し込みがで
 きます。「入会案内」はホームページをご覧ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

*本会会員の方には会員番号などが通知され、機関誌『日台共栄』が届きます。本誌(メ
 ールマガジン「日台共栄」)購読者=本会会員ではありませんのでご注意願います。

●「日台交流基金」にご協力をお願いします。

 1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117
・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】 
市ヶ谷支店 普通:8051020 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
市ヶ谷支店 普通:1360423 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , ,