4月1日(日)、鄭南榕顕彰会が「第3回台湾建国烈士 鄭南榕先生を偲ぶ会」

4月1日(日)、鄭南榕顕彰会が「第3回台湾建国烈士 鄭南榕先生を偲ぶ会」
記念講演は李敏勇氏、葉菊蘭・鄭南榕夫人(前高雄市長)も参列!

 戒厳令下の台湾において、公開の場で初めて台湾の独立建国を叫び、あるいは228事
件の真相究明を求め、遂には一死をもって国民党の圧政に抗し、台湾に民主・自由の道を
開いた国士・鄭南榕烈士。

 鄭南榕烈士は1988年(昭和63年)末、台湾独立建国聯盟主席をつとめていた許世楷氏(
現駐日代表)の「台湾共和国憲法草案」を、自由時代社を主宰し自ら編集長をつとめる週
刊誌「自由時代」に掲載した。年が明け、検察は叛乱罪容疑で召喚しようとしたが、鄭烈
士は頑として応じず台北市内の自社に籠城、国民党の圧制に抗議し、完全な言論の自由を
求め「国民党が私を逮捕できるとすれば、私の屍だけだ」と宣言して、4月7日午前9時
過ぎ、警官隊が包囲する中、自らガソリンをかぶって火を放ち、覚悟の自決を遂げられた。
享年42。

 今年は鄭南榕烈士の親友だった詩人の李敏勇先生に「自由への道、そして台湾の魂」と
題してご講演していただき(日本語通訳:林建良氏)、また、葉菊蘭・鄭南榕夫人(前高
雄市長)や李敏勇婦人も参列いたします。

 下記の要領で開催いたしますので、奮ってご参加くださいますよう謹んでご案内申し上
げます。

                      記

■日 時  平成19年4月1日(日) 午後2時30分〜7時30分(開場:2時)

■会 場  文京区民センター 3F 3A
      東京都文京区本郷4-15-14  TEL:03-3814-6731
      (文京シビックセンターの斜向い)
      【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
          東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩3分
          JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分

■講 師  李敏勇先生(詩人、鄭南榕基金会初代理事長)

■演 題  「自由への道、そして台湾の魂」【日本語通訳:林建良氏】

      李敏勇先生略歴
      1947年(昭和22年)、台湾・屏東生まれ。大学で歴史を学ぶも文学を志し、
      1969年に詩と散文の著作を初出版以後、詩集に『鎮魂歌』『野生の思考』『
      戒厳風景』など、随筆論集に『ひとりの台湾作家として』『戦後台湾文学省
      察』など、詩論集に『詩情と思想』『紙の上の光』『言葉のバラを咲かせる』
      など。呉濁流新詩賞、巫永福評論賞、頼和文学賞を受賞。台湾ペンクラブ会
      長、鄭南榕基金会初代理事長などを歴任。詩人、作家。

■参加費  1,000円

■懇親会  同会場にて、午後5時30分〜7時30分(懇親会費:2,000円)

■主 催  鄭南榕顕彰会(会長・宗像隆幸)
      (日台交流教育会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム)

■後 援  在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、台湾独立建国聯盟日本本部、日本台湾医
      師連合、怡友会

■お申込  3月28日(水)まで、!)ご氏名、!)電話番号を記し、FAXかメールにて、日本
      李登輝友の会まで
      FAX: 03-5211-8810 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


第3回台湾建国烈士 鄭南榕先生を偲ぶ会 申込書

ご氏名:
TEL:

懇親会:出席 欠席(いずれかに○をつけてください)


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,