10月9日、愛知県支部が金美齢女史を講師に第6回秋季講演会

10月9日、愛知県支部が金美齢女史を講師に第6回秋季講演会
演題は「戦後レジームからの脱却〜日本は、リーダーシップをとる覚悟を」

 平素より、私ども日本李登輝友の会愛知県支部へのご支援賜りますこと真に感謝申し上
げます。当支部年間行事のひとつ、平成23年度秋季講演会が決定しましたのでお知らせい
たします。

 この度の講師、金美齢先生は、私ども愛知県支部が設立された5年前、設立総会にお越し
くださいました。当時、先生からご講演いただきました通り、中国の台頭著しく、アジア
共通の脅威となりました。

 この中国が、紳士的に振舞おうとしない理由に日本の姿勢があることは言うまでもあり
ません。

 演題の「戦後レジームからの脱却」は、安倍晋三元総理が、就任当時、国民に発信して
有名になりましたが、金美齢先生は、それ以前から、常々、言い続けてこられたもので、
この言葉を定着させる強い意思が表現されたものです。

 この講演会が、今、日本が直面する国難を乗り切るための一助となるよう思いを込め、
心より皆さんのご参加をお待ち致しております。

 平成23年9月吉日 

                              日本李登輝友の会 愛知県支部

【金美齢先生プロフィール】
1934年生まれ。台北出身。日本統治下の台湾で育ち、日本敗戦後国民党による台湾人弾圧
時代を経験し、日本に留学してから台湾民主化運動に参加する。このため30年間以上も台
湾の土を踏むことができず、両親の葬儀にも参列できなかった。台湾の民主化が進んだ後、
台湾総統府国策顧問に任命(2000年-2006年)されるなど、台湾そして日本への強い影響力
をもつようになる。テレビ、書籍、講演などで見る筋金入りの”闘士””戦士”としての姿、
そこには実体験から生まれた確かな主張がある。その凛とした生き方は多くの人に勇気と
元気を与えている。

【TV出演】
●読売TV「たかじんのそこまで言って委員会」●TVビ朝日「ビートたけしのTVタックル」

■金美齢女史公式ホームページhttp://www.kin-birei.com/

                     【記】

■日本李登輝友の会愛知県支部 第6回秋季講演会のご案内
  http://www.ritouki-aichi.com/gyoji_20111009_kinbirei_kokuchi.html

◆演 題:「戦後レジームからの脱却」〜日本は、リーダーシップをとる覚悟を〜

◆日 時:平成23年10月9日(日) 開場14:00 開演14:30 閉会16:00

◆場 所:名古屋市中区役所講堂
      〒460-8447 名古屋市中区栄四丁目1番8号
      市バス:「栄」下車 徒歩3分
      地下鉄:東山線・名城線「栄」12番出口、広小路通を東へ50m、中日ビル東隣
      http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000007878.html

◆参加費:800円(カンパ歓迎)小中高生は無料

◆申込み:案内兼申し込みチラシを下記よりダウンロードして、ご記入いただきFAX送
      信いただくか、Eメールにて1)お名前、2)連絡先、3)同伴者がおられる
      方はその人数、をご記入ください。

      ・案内兼申し込み用紙(PDF)ダウンロードは以下をクリック
       http://www.ritouki-aichi.com/gyoji_20111009_kin_birei_fryer.pdf

      ・講演会参加申し込み用 FAX:0568-85-8190

      ・E-mail:info@ritouki-aichi.com

◆主 催:日本李登輝友の会愛知県支部(重冨亮支部長)【担当:渡邊裕一】
      〒463-0068 名古屋市守山区瀬古三丁目128番地
      森藤技研工業株式会社 森 藤左エ門気付「日本李登輝友の会愛知県支部」
      TEL 052−763−4678

◆協 賛:日本会議愛知県本部・日本女性の会愛知

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , ,