1月15日(日)、金美齢氏と多田恵氏を講師に日台医師連合がシンポジウム

1月15日(日)、金美齢氏と多田恵氏を講師に日台医師連合がシンポジウム
テーマは「彷徨う台湾人意識−12・3地方選挙の結果を受けて」【締切:1月13日】

シンポジウムのご案内
彷徨う台湾人意識−12・3地方選挙の結果を受けて

                        日本台湾医師連合会長 丘 哲治

 去る12月3日台湾の地方選挙結果を受け、落胆と失望を覚えた方は大勢いるのではないか
と存じます。“なぜ”、“どうしてこうなったのか”との声があちらこちらから聞こえる
中、“いや、もう台湾の将来はどうでもいい、わたしはこれ以上関わりたくはない”と考
えた方さえいると思います。

 しかし、そこは台湾です、日本と深い絆を持つ台湾です。民進党の敗因は選挙前からす
でに見えていました。基本的な台湾人意識の教育をおろそかにし、歩むべき道を避け、経
済政策は後手に回るなど、様々な敗戦の要因が列挙されました。その上、国民党のよう
に汚職に手を染め、清新な政党のイメージを自らの手で壊した結果、当然国民の支持は得
られないはずです。陳総統はともかく、彼の後を継ぐ後継者たちも目新しい政策を打ち出
せないまま、8年間の与党生活に終りを告げようとしています。2000年政権交代とはいう
ものの、台湾独自の路線はあまり見えて来ません、これこそが大敗の原因ではないかと思
います。

 台湾は決してこれで沈没するわけではありません。むしろこれをばねにし、奮起してい
くと期待したいところです。難しくなる国際情勢の中で、台湾の進路について、関心を持
つ方はたくさんいるのではないかと思います。そこで、今回は台湾国内情勢に詳しい台湾
総統府国策顧問金美齢先生と台湾学の新鋭“台湾の声”編集委員多田恵さんを迎えて講演
して頂き、講演後に質疑応答を行います。その討議結果をまとめた上、日本にいる我々の
希望や意見として、台湾の各界へ提言して行く予定です。

 新年早々、お忙しい事とは存じますが、万障お繰り合わせの上、多数の皆様のご臨席を
賜りたくご案内申し上げます。

                  ―― 記 ――

【日 時】平成18年1月15日(日) 17:30〜19:30(受付17:00より)
【会 場】私学会館5F 大雪
     東京都千代田区九段北4-2-25 電話:03-3261-9921
【交 通】地下鉄 有楽町線、南北線 市ヶ谷駅下車A1-1出口、
     地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅下車A1-1 A4出口
     JR総武中央線市ヶ谷駅下車
【講 師】金美齢先生(総統府国策顧問)
     多田恵さん(「台湾の声」編集委員、日本李登輝友の会理事)
【参加費】1,000円(学生無料)
【主 催】日本台湾医師連合(http://www.jtmu.org/)
【申込み】林 明憲理事まで(締め切り:1月13日)
     TEL& FAX:048-687-8118
     メール:nori632085@yahoo.co.jp


シンポジウム参加申し込み書

ご氏名:
TEL:
FAX:
ご出席人数: 名
学生:    名


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●ご意見・ご感想はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬



タグ: , , , , , , , , ,