[感想]第5回台湾李登輝学校研修団に参加して(1)

[感想]第5回台湾李登輝学校研修団に参加して(1)
■内容の濃さにカルチャーショック[大阪府 江川永]

 この度はありがとうございました。どの授業も内容が濃くてすごくて、結構カルチャー
ショックでした。
 もっと基礎知識をつけて機会があれば叉参加させてくださいませ。(9月5日)


■一生忘れられない思い出[千葉県 卯里通彦]

 お疲れ様です。
 自分は今日まで休みですので、自宅で興奮を冷ましています。
 李登輝学校で念願の閣下の尊顔を拝し、心から光栄に思います。自分にとって、一生忘
れられない思い出となる筈です。
 学校、事務局の皆様には大変お世話になり、心から御礼申し上げます。(9月6日)


■庶民の立場で台湾独立に協力したい[茨城 内山真人]

 早速ですが、李登輝先生にお会いしお話を聞く機会を与えてくださったことに対し、皆
々様に感謝申し上げます。
 台湾を導いて行かれている諸先生方の講義を拝聴させていただき、その上、李登輝先生
の講義を身近で拝聴でき、高齢にもかかわらず台湾の将来のため、頑張っておられる先生
のお姿を見て感激しました。
 諸先生方の台湾独立の気概が切々と伝わってきました。台湾独立を庶民の立場で協力し
て行きたいという気持ちを強く持って帰国しました。
 失礼なことが多々あったと思いますが、お許しください。
 事務局として、橋渡しの気苦労は大変なものがあるとご推察します。今後ともよろしく
ご指導のほどお願いいたします。今回の台湾李登輝学校研修団に対し、事務局の方々のご
苦労に多大の感謝をさせていただきます。有難うございました。(9月7日)


■李登輝先生の力強い握手にびっくり[長野 竹内保洋]

 研修お疲れ様でした。大変忘れられない4日間となりました。
 もっともっと台湾を知りたくなり、来年あたまにもう一回台湾に行こうかと計画中です。
もちろん、第六回台湾李登輝学校研修団も視野に入っています。又その際は宜しくお願い
致します。
 今回の講義でやはり黄昭堂先生の「台湾と日本の安全保障」は大変興味深く拝聴しまし
た。「日本は核兵器を持たないと米國依存は続く」などの鋭く確信を突いた講義を受け大
変先生のファンになりました。
 李登輝先生の講義は大変緊張の中拝聴いたしました。緊張でお腹がゆるくなるといった
珍事が起きましたが、講義に入ればなんてことはありません!
 でも、さすがに修業証書授与の時は一気に緊張が高まりましたが……。遠慮して軽く握
手しようかと思いまして軽く握手したら力強く返って来たのには大変驚きました。先生が
お元気でほっと致しました。
 最後に台湾のスタッフの皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。
 謝謝!多謝!!(9月7日)


■次回は息子を参加させたい[広島 中川光範]

 9月2日より5日にかけて李登輝学校の研修に参加しました。
 以前より著作を通じて李登輝先生に私淑しておりましたが、今回、直接講義を聴くこと
ができ大変感銘を受けました。
 台北大学、発電所、ダム等の見学も有益でした。私はかって商社マンとしてアフリカに
駐在したことがありました。英仏の植民地統治は現地人のため学校、病院もろくに建てず
、インフラも整備しない収奪型の植民地支配でした。
 次回の研修には息子を参加させたく考えています。(9月7日)


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●ご意見・ご感想はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , ,