鹿児島と台湾間に来年3月25日から定期便が就航

鹿児島と台湾間に来年3月25日から定期便が就航
鹿児島県と台湾は飛行機で約2時間。指呼の間にある。12月17日、鹿児島市内で伊藤祐一
郎知事らと会談した中華航空の孫洪祥社長が来年3月25日から定期便を就航させることを明
らかにしたという。すでに九州での中華航空の定期便は福岡、宮崎で就航していて3路線目
となる。

 現在、本会の支部は12月4日に設立された茨城県支部で24番目となるが、鹿児島県にはす
でに支部設立準備会が設けられ、設立に向け着々と動いている。支部が設立されたらこの
定期便で訪台し、李登輝元総統などを表敬訪問したいと考えている。

 鹿児島は台湾と縁が深い。西郷隆盛が愛加那との間に設けた西郷菊次郎は日本の台湾統
治初期の明治30年に宜蘭庁の初代長庁に任じられている。宜蘭の人々は西郷菊次郎の庁長
離任後、その善政を記念して「西郷庁憲徳政碑」を建立している。今でもその碑は「西郷
堤防」と呼ばれる宜蘭河沿いに残っていて、誰でも目にすることができる。

 鹿児島県支部が設立されたら、ぜひこの「西郷庁憲徳政碑」も訪れて欲しいものだ。


鹿児島─台湾定期便3月25日就航
【朝日新聞:2011年12月20日】

 台湾の航空会社、中華航空が来年3月25日から鹿児島─台北を結ぶ定期便を就航させる。
鹿児島への国際線定期便は韓国・ソウル、中国・上海便に次ぐ3路線目で、さらなる外国人
観光客の増加が期待される。

 県によると、運航日は火、木、日曜日の週3便。使用機材はボーイング737─800(158
席)で、鹿児島─台北間を約2時間で結ぶ。鹿児島空港への到着は正午ごろ、鹿児島発は午
後1時ごろを想定しているという。

 中華航空は約30年前から鹿児島へのチャーター便を運航しており、県や経済界は定期便
の就航を要望してきた。今年11月に日本と台湾が航空自由化(オープンスカイ)に合意。
航空会社が路線や便数を自由に設定できるようになり、定期便就航が実現した。

 県観光統計によると、昨年の外国人の延べ宿泊観光客数は17万614人で、そのうち台湾か
らは4万458人が訪れた。韓国に次ぐ多さだという。

 県によると、九州は台湾観光客からの人気が高く、九州新幹線と組みあわせたさまざま
な旅行のスタイルも考えられるという。県の担当者は「2時間で往来できるメリットは大き
い。多彩な魅力を持つ鹿児島を積極的にアピールしていきたい」と話している。

 また、県は19日、中華航空が年末年始と旧正月(1月23、27日)に台湾の観光客を乗せた
チャーター便を運航すると発表した。鹿児島空港に到着し、4泊5日の日程で鹿児島、宮崎
両県の観光名所を巡る。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)
      *年末年始:12月28日〜1月4日は休み


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,