青少年スカラシップの受賞者が李登輝元総統を表敬訪問

青少年スカラシップの受賞者が李登輝元総統を表敬訪問
昨日は蔡焜燦先生を訪問

産経新聞社とフジサンケイビジネスアイは、日本と台湾の青少年による文化交流促進を
目指して「青少年スカラシップ」を実施し、中・高・大学生から作文、書道、絵画、マン
ガを募集、中嶋嶺雄氏(国際教養大学学長)を審査委員長に日下公人氏(社会貢献支援財
団会長、評論家)などが選考にあたり、優秀賞入賞者を台湾研修旅行に招待してきた。

 第8回となる今回は「台湾で思う存分やってみたいこと」(作文)などをテーマに昨年10
月から募集、応募総数は997点にのぼった。京都大学で国際政治を学ぶ4年生の中野友加里
さんが大賞を受賞し、志村貴洋君(中央大学3 年)が審査委員長特別賞、名取蒼史君(上
尾市立原市中学校3 年)ら15名が優秀賞を受賞した。

 3月22日、優秀賞以上に入選した17名は台北駐日経済文化代表処で表彰式と壮行会に望ん
だ後、5泊6日の台湾研修旅行に出発。

 台湾では、毎年、李登輝元総統にお会いしているが、今回は訪台翌日にお会いした。そ
れを産経新聞が報道しているので紹介したい。李元総統は毎年、日本からのこのスカラシ
ップの子供たちとお会いするのをとても楽しみにしているという。少し体調が悪くても、
必ずお会いになってきたほどだ。また、蔡焜燦先生も必ずお会いになっている。今回は昨
日会われている。


青少年スカラシップ日本側研修団、李登輝元総統を表敬
【産経新聞:2011年3月24日】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110323/chn11032321460002-n1.htm

 日本と台湾の若い世代の相互理解促進をめざした「第8回日台文化交流 青少年スカラシ
ップ」(主催・フジサンケイビジネスアイ、産経新聞社、共催・台湾行政院新聞局)の日
本側研修団は23日、台北郊外の淡水で李登輝元総統(88)を表敬した。李元総統は「日本
の未曾有の災害に心を痛めています」と哀悼の意を表明。学生17人と握手後、「台湾が直
面する困難」と題して講演した。(台北 山本勲)

[RelationPost]


● 第7回鄭南榕記念・台湾問題講演会:申し込みフォーム【締切:4月1日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0087.reg
  *詳細は本会HPをご覧ください。

● 日本李登輝友の会にご入会を!
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただけ
る方は、ご入会をお願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手
軽にお申し込みできます。             (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,