菅首相「尊敬する人」李登輝氏に何を学んだのか 阿比留 瑠比

菅首相「尊敬する人」李登輝氏に何を学んだのか 阿比留 瑠比
産経新聞政治部の辣腕記者、阿比留瑠比氏はこのところ、菅直人首相を「延命に汲々と
している亡国の指導者」として早期退陣を迫っている。ウンウンとうなづきながら読んで
いる人は多いだろう。

 本日の朝刊4面で、この阿比留記者が「李登輝さんを尊敬している」と国会で答弁した菅
首相に対して「李氏に一体何を学んできたのか」「せめて李氏の爪の垢(あか)を煎じて
飲み、潔く身を引くべきではないか」と一喝している。正鵠を射た指摘だ。味読されたい。


菅首相「尊敬する人」李登輝氏に何を学んだのか 
【産経新聞:平成23年(2011年)6月16日「政論」】

 「首相になることが目的ならば、そこで終わりなのである。目的と手段が混乱してしまい、
せっかく首相になっても何をすればよいのか分からない」

 14日の参院東日本復興特別委員会。自民党の丸山和也氏は、台湾の李登輝元総統の著書
「台湾の主張」を引用して「失礼だが、今の首相に向けられている言葉ではないか」と問
うた。

 すると菅直人首相はこう答えた。

 「李登輝さんは私の尊敬する人物の一人です」

 質疑がかみ合わないのはいつものことだが、よくもいけしゃあしゃあと言えたものであ
る。尊敬するのは勝手だが、その言葉の重みがまるで分かっていない。

 東日本大震災にあたって台湾から政府・民間を合わせ約175億円(12日現在)の義援金が
寄せられた。世界最大級の支援だが、首相はそれに報いてきたといえるのか。そもそも首
相は、李氏に一体何を学んできたのか。

 「歴史をよく調べれば、沖縄・尖閣諸島は日本に領有権があるのは明確だ」

 李氏は昨年10月、訪台した安倍晋三元首相と会談した際、こう明言した。台湾政府が中
国同様に尖閣諸島の領有権を主張する中、元総統の発言は極めて重い。

 ときはまさに、首相が中国の圧力に屈し、尖閣諸島沖で衝突事件を起こした中国人船長
を超法規的に釈放させた直後だった。首相のその場しのぎで稚拙な対中外交に、李氏は眉
をひそめていたに違いない。

 李氏は平成19年6月の来日の際、靖国神社に参拝した。首相は「首相や閣僚が公式参拝す
ることには問題がある」と答弁した。日本統治時代の台湾に育った李氏の方が、首相より
よほど日本的美質を備えていると言える。

 そんな李氏は著書で政治家の心得をこう記した。

 「問題に直面したとき決して直線で考えないことだ。必ず迂回(うかい)すること、む
しろ回り道を見つけだそうと務めるべきなのである」

 残念ながら、首相の政治手法はこれと正反対だといえる。物事を進めるための手順や手
続き、調整を一切無視するため、いつも「言いっ放し」に終わり、何も実現できない。

 首相は14年11月に訪台し、李氏と会談した時の印象を自らのホームページにこう記して
いる。

 「日本の旧制高校の教育を受けた人の雰囲気を強く感じた。(中略)日本人が失いかけ
ている自信を取り戻す良い話を多く聞かせてもらった」

 李氏は古事記や源氏物語、ゲーテ、ドストエフスキー、マルクス、カント、論語、聖書
−と古今東西の古典をひもとき、哲人政治家と称される。その謦咳(けいがい)に接した
首相の言動から、李氏の素養から学んだ形跡はうかがえない。

 李氏は月刊「WiLL」(2月号)の対談で日本政治の現状をこう憂えた。

 「『権力』というのは権力者のものではなく、何か決定を下すときに人民から借りて、
そのあと返すものです。そのことがわかっているかどうか」

 首相は、この発言が自分に向けられていると気付いているのか。たぶん読んでもいない
のではないか。

 「過失をおかしながら忠臣のことばを聴きいれず、一人で自分の思ったとおりにしてい
ると、名声を失って人の笑いものになっていく始まりである」

 これは韓非子の言葉だ。早期退陣を促す周囲の声に耳を貸さず、延命に汲々(きゅうき
ゅう)としている首相そのものではないか。李氏のように古典に親しんでいれば、鏡に映
る無能かつ危険な暴君の姿にわれに返るはずだが、望むべくもない。それならば、せめて
李氏の爪の垢(あか)を煎じて飲み、潔く身を引くべきではないか。  (阿比留瑠比)

[RelationPost]


● 月刊「正論」定期購読お申し込み【締切:6月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , ,