線路求め台湾で長編映画化 映画「トロッコ」 川口浩史監督に聞く

線路求め台湾で長編映画化 映画「トロッコ」 川口浩史監督に聞く
SANKEI EXPRESSより
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100521/tnr1005211710016-n1.htm 

長い助監督時代を経て、川口浩史監督(39)が映画「トロッコ」で初めてメガホンをとり、少年の成長と家族の絆(きずな)を描いた。ハンチング帽をかぶり映画を熱く語る姿は、昭和のにおいを感じさせる。

芥川龍之介の短編小説「トロッコ」は、線路の敷設工事をする男たちがひくトロッコを、自分も操縦したいと願い出る少年の物語。川口監督は子供のころ教科書で読み、主人公・良平のあこがれと恐怖に「心から共鳴した」という。いつか映画にしたいと温めていたが、撮影できる線路は日本で見つからず、たどりついたのが台湾だった。

■歴史的関係に心打たれ

トロッコと台湾を結んだキーパーソンが、台湾出身の撮影監督、リー・ピンビン。是枝裕和(これえだ・ひろかず)監督の「空気人形」(2009年)や12月公開作「ノルウェイの森」の撮影監督として腕の良さを知られる。川口監督が助監督を務めた「春の雪」(05年、行定勲(ゆきさだ・いさお)監督)でリーに出会ったとき、撮影の合間に尋ねた。「台湾にトロッコ線路あるかな?」「まだ残っている。行くなら、またおれに聞けよ」

川口監督は台湾に行き、林業で使われていたらしい山中の線路を巡った。滞在時、美しい日本語で話しかけてくる老人たちから日本と台湾の歴史的な関係を教えられ、心を打たれた。

大正時代の小説を映画にするつもりだったが、現代の台湾を舞台とした長編映画に生まれ変わった。「芥川の小説は伊豆の話だけど、台湾でやっちゃおうという飛び越え方ができるのが映画のおもしろさです」

8歳の敦(あつし)と6歳の凱(とき)は、母親(尾野真千子(まちこ))に連れられ、亡くなった父親の故郷・台湾を訪ねる。生前の父から手渡された古い写真には、トロッコを押す少年が写っていた。敦の前にいる祖父の戦前の姿だった…。

「助監督のときは作る現場のことばかり。今回は資金集めから宣伝まで初めてづくしで、こんなに大変かと。自分でトロッコに乗ったようなものですね」

東京・シネスイッチ銀座、大阪・梅田ガーデンシネマなどで5月22日、ほか全国順次公開。(市川雄二/SANKEI EXPRESS)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「トロッコ」上映案内
http://torocco-movie.com/theater.html  

5/22(土)〜 東京・シネスイッチ銀座 TEL:03- 3561-0707 ※5/22(土)10:50の回上映終了後、舞台挨拶あり。
5/22(土)〜 神奈川・横浜ニューテアトル TEL:045-261-2995 ※5/22(土)13:50の回上映終了後、舞台挨拶あり。
5/22(土)〜 大阪・梅田ガーデンシネマ TEL:06 – 6440 – 5977
5/29(土)〜 千葉・千葉劇場 TEL:043-227-4591
6/19(土)〜 福岡・ソラリアシネマ TEL:092-733-7375
6/26(土)〜 北海道・ディノスシネマズ札幌劇場 TEL:011-251-6665
6/26(土)〜 群馬・シネマテークたかさき TEL:027-325-1744
7/17(土)〜 愛知・名古屋シネマテーク TEL:052-733-3959
7/24(土)〜 広島・横川シネマ TEL:082-231-1001
8/7(土)〜 宮城・桜井薬局セントラルホール TEL:022-263-7868
8月 京都・京都シネマ TEL:075-353-4723
9/4(土)〜 兵庫・元町映画館 8月オープン
9/25(土)〜 静岡・シネマe_ra TEL:053-489-5539
近日 三重・進富座 TEL:0596-28-2875
近日 岡山・シネマ・クレール TEL:086-231-0019
近日 沖縄・桜坂劇場 TEL:098-860-9555


「日台交流基金」にご協力を!

 日本と台湾の文化交流を主とした新しい日台関係を築いていくため、台湾との豊かな交
流をめざす日本李登輝友の会は、李登輝元総統の「奥の細道」散策実現を掲げ、そのため、これまで政府に危害防止措置を含めた諸対応を要請するとともに、広く歓迎を呼びかけるなど、微力ながら力を尽くしてまいりました。

 お蔭様で、平成19年(2007年)には「奥の細道」探訪の旅として実現し、また同20年9月の沖縄訪問、同21年の東京・高知・熊本訪問も実現いたしました。しかし、奥の細道はまだ半分で、新潟から最後の岐阜・大垣まで残っています。また日本各地から講演要請や表敬訪問の依頼が届いています。

 つきましては、本会ではこれらの実現のため、また、さらなる日台交流を深める活動を
展開するため『日台交流基金』を設けています。5万円以上の篤志者の方には、李元総統
に縁したグッズなどお喜びいただけるようなものをお送り申し上げる所存です。趣旨にご
賛同いただける方はご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【日台交流基金 募金要項】

■ 1口=3,000円 (5万円以上の篤志者の方には特典!)

☆郵便局
 加入者名:日本李登輝友の会 口座番号:00110−4−609117
 ・通信欄に「基金」とお書き添えください。
 ・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
 ・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金
 記号−番号:10180−95214171 口座名:日本李登輝友の会

☆銀行
・みずほ銀行 本郷支店 
 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

・三菱東京UFJ銀行 本郷支店 
 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬

・ゆうちょ銀行
 〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
 振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承ください。

■日本李登輝友の会[会長:小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,