米国議員から中国共産党批判が相次いだ中国の建国70年国慶節

米国議員から中国共産党批判が相次いだ中国の建国70年国慶節
10月1日、中華人民共和国(以下、中国)は建国70年の国慶節を迎え、天安門広場で執り行われた式典で、人民服姿の習近平・国家主席は「いかなるパワーも中国人民と中華民族の前進の歩みを阻むことはできない」「我々は『平和統一』、『一国二制度』の方針を堅持し、香港と澳門(マカオ)の長期的な繁栄安定を維持し、海峡両岸関係の平和発展を推進し、すべての中華民族を団結させ、祖国の完全な統一の実現に向かって引き続き奮闘しなければならない」(人民網日本語版)と演説したという。

 この演説では「我々は中国共産党の指導を堅持」するとも述べられたそうだが、台湾との関係を強化し、中国との不均衡な貿易関係を是正しようとする米国では、中国というより、中国共産党を批判する声が相次いだ。

 共和党の重鎮で、上院多数党院内総務のミッチ・マコーネル議員は「中国共産党の行動は十数億人の中国人に悲劇をもたらした」と、中国共産党を非難する声明を発表し、同じく共和党のミット・ロムニー上院議員も、10月1日に発表した声明で「共産党の執政70年は、残忍な抑圧と検閲の連続だ」と述べているという。大紀元紙が伝えているので下記にご紹介したい。

 ミッチ・マコーネル上院議員は、トランプ政権下で運輸長官を務める台湾出身のイレーン・チャオ氏を妻としているものの、トランプ大統領とはあまり反りがよくないとも言われる。が、中国共産党批判ではトランプ大統領と足並みがそろう。

 本誌でお伝えしたように、米国上院議員のトード・ヤング議員とジェフ・マークレイ議員は9月23日、中国共産党による国連への影響力と活動の調査を求める法案を外交委員会に提出し、この法案にも端的に現れているが、米国は政府も議員も一党独裁を70年以上続ける「中国共産党批判」では一致しているようだ。

 トランプ大統領は2017年12月18日に発表した「国家安全保障戦略」において、米国の国益や価値観と対極にある世界を形成しようとする修正主義勢力としてロシアと中国を位置づけ、国防省も2018年1月19日発表の「国家防衛戦略」でロシアと中国を「主要脅威」としている。

 トランプ大統領にかけられていた「ロシア疑惑」が晴れた現在、残るは中国だ。米国の中国への姿勢は揺るがない。それどころか、中国には一切手を抜かないその姿勢からは「中国共産党潰し」とも思える気迫さえ感じさせる。

 それにしても、日米同盟を組む米国がこれだけ中国共産党批判を繰り返しているにもかかわらず、日本の国会議員からの声はまったくと言っていいほど聞こえてこない。台湾との関係を強化しようという声も聞こえない。なんとも不可思議な現象ではあるが、中国の微笑外交に騙されてはいけない。

—————————————————————————————–「共産党、中国十数億人の悲劇の根源」米共和党重鎮、建国70年に声明【大紀元:2019年10月2日】

https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47818.html写真:米国上院多数党院内総務ミッチ・マコーネル議員は、中国共産党の創立70周年に合わせた発   表の中で、同党の動きは十数億人以上の中国の人々の悲劇の根源だと述べたGettyImages)

 米国上院多数党院内総務ミッチ・マコーネル議員は、中国建国70周年に合わせて声明を発表した。中国を支配する共産党は十数億の中国の人々の悲劇の根源であり、さらに周辺国への脅威だと述べた。

「中国建国70周年に際して、中国共産党の下で何百万人もの命が失われたことを、改めて認識すべきだ」マコーネル氏は声明で述べた。さらに、「中国共産党は香港で民衆に暴力を振るい続けている」と付け加えた。

 マコーネル氏は、毛沢東時代のような現代中国の監視システムを批判した。「新疆ウイグル人を監禁する現代のグラグから、情報の流れを制御するファイアウォールおよび検閲システム、国家レベルでの広範なハイテク監視まで、中国はすべて党の支配下にあり、人々は不安を抱えている。毛沢東時代の現代版のようだ」と書いた。

 マコーネル氏は共和党幹部で、1992年に香港政策法の通過を促進したベテラン議員。同氏は、香港での4カ月に及ぶ市民の抗議活動について非常に懸念している。同氏は中国共産党政府に対して、香港問題で武力を使わないよう何度も公に警告している。

「中国共産党の行動は十数億人の中国人に悲劇をもたらした。中国の人民は、北京の指導者からもっと大切にされ、より多くの自由を享受すべきだった」

「中国の人々に起きたこの悲劇は、中国共産党が隣国にとって脅威であることを証明した。この大国が、自国民を取り扱う手段を見れば、外国人がどのように扱われるかを考えなければならない」

 10月1日、北京で一糸乱れぬ兵隊の行進と新型兵器を披露するパレードが行われたが、香港では警察が初めて実弾を発射し、18歳の高校生の胸に命中した。英字主要通信社ほか世界中のマスメディアがこの事件を報じ、北京の「祝賀」ムードに暗い影を落とした。

 米議会の多くの議員は、緊張がエスカレートする香港政府による暴力の使用を非難し、自由を希求する香港市民を支持している。

 共和党のミット・ロムニー上院議員は同日に発表した声明で、共産党の執政70年は、残忍な抑圧と検閲の連続だとした。専制体制の中国は、「世界の自由に対する最大の脅威」と表現した。

 民主党と共和党の上下両院10人以上の議員は、香港の高校生が警察に銃撃された事件について、懸念する声をあげた。一部の議員は、10月1日を国慶節として祝うべきではないと書いた。

◆台湾総統「共産党は文明に対する脅威」

 建国70年を迎え、台湾総統府も声明を発表し、中国の独裁を非難した。中国は台湾に脅威を与え、「平和的な統一」を主張しながら、軍拡と武力行使の選択を捨てていないとした。

 習近平国家主席は、北京での大規模な軍事パレードでの演説で「祖国の完全な統一のために努力し続ける」と述べた。この発言を受けて、台湾政府の大陸政策を担う大陸委員会は、台湾は「一国二制度」を決して受け入れないと述べた。

「中国共産党は70年にわたり一党独裁政権を維持してきた。民主主義、自由、人権の価値を侵害し、中国本土の正常な発展に難題をもたらしてきた」「共産党の言う『団結』、『偉大な再建』、『統一』などの言葉は、力の拡張の言い訳に過ぎず、地域の平和と世界の民主主義、文明に対して深刻な脅威だ」とした。

                                 (翻訳編集・佐渡道世)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキは在庫がなくなりました。ご迷惑をお掛けしますが、入荷できるまでしばら
 くお待ちいただきますようお願いします。【2019年9月13日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , ,