米国が「米国在台湾協会に海兵隊含む陸海空軍人が2005年から駐在」と初公表

昨年6月12日はシンガポールのセントーサ島で初の米朝会談が行われ、世界中が注目した。この歴史的な会談と同じ日、台湾では米国在台湾協会(AIT:American Institute in Taiwan)台北事務所の新庁舎落成式典が行われた。

 台北市内湖区に新たに建設されたこの台北事務所は、総工費約2億5000万ドル(約278億円)を投じ、約6.5ヘクタールにおよぶ広大な面積を有し、新庁舎への移転は5月6日予定と報じられている。

 移転を1か月後に控えた4月3日、米国在台湾協会の報道官は「事務所には海兵隊を含む陸海空の軍人が2005年から駐在している」と初めて明らかにした。

 2005年はジョージ・ブッシュ(ブッシュ・ジュニア)政権のときで、2017年2月に刊行された防衛研究所編の『中国安全保障レポート2017』によれば、この年の「8月から現役の陸軍大佐が台北に派遣」されていて、「現役将校の派遣は、安全保障における米台間の密接な連絡を強化する役割を果たしている」と記しているように、いわば公然の秘密で、中国側も当然把握していることでさほど驚くに値しない。AIT台北事務所の軍人駐在について「中国が反発する可能性がある」という報道は為にするものか、この事実を知らなかったのかのいずれかだろう。

 米国在台湾協会の報道官が明らかにしたことで注目すべきは「海兵隊を含む陸海空の軍人」という発言だ。米国は陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊の5つの軍隊を有しているが、国防総省の管轄下に属しない沿岸警備隊を除く4軍が台北事務所に駐在していることだ。

 米国の在外公館の警備は海兵隊が担っている。議会の承認を受けずに大統領命令だけで戦闘行為に入れるからだ。議会へは戦闘開始から2日以内に報告すればいいとされている。台北事務所も、護衛のため米海兵隊所属の大使館警備部隊15人が常駐予定だと伝えられている。

 このことも、すでにスティーブン・ヤング元AIT台北事務所長が2017年2月に開かれたシンポジウムで台北事務所には海兵隊が配備されることを明らかにしており「これは米国による台湾重視の具体的な象徴だ」と述べていた。

 つまり、米国は国交を有する国の在外公館と同じく、台北事務所の警備を海兵隊に任せていたということで、米国は在外公館並みに台北事務所を格上げしたことになる。中国が反発しているのはこの点だ。

 では、陸軍は現役の大佐、海兵隊は大使館警備部隊だと明らかになっているが、海軍と空軍はどういうかたちで駐在しているのか。おそらく軍人外交官とも称される駐在武官だろう。駐在武官の主な任務は、駐在国の軍との調整、軍事情報の合法的な収集などで、武器取引の仲介や大使館の軍事アドバイザーを務めるという。

 駐在武官は通常、制服を着て軍人の身分を明らかにしているが、国交のない台湾では私服を着用しているようだ。

 本誌では、米国が「台湾旅行法」や「「アジア再保証イニシアチブ法」を次々と定めて台湾との関係を強化していることを伝えてきたが、「海兵隊を含む陸海空の軍人が2005年から駐在」という事実を公表することで、改めて米国の台湾重視姿勢を明らかにし、中国を牽制したのだと思われる。下記に中央通信社の記事をご紹介したい。

—————————————————————————————–米軍人の台北事務所駐在、米国の対台湾窓口機関が初めて認める【中央通信社:2019年4月3日】http://japan.cna.com.tw/news/apol/201904030008.aspx

 (台北 3日 中央社)米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)の台北事務所(大使館に相当)に、米海兵隊員など現役の米軍人が2005年から駐在していることが3日、分かった。AITのアマンダ・メンサー報道官が明らかにした。米軍人の台北事務所駐在をAITが認めるのは初めて。専門家は、台湾との関係を深める狙いがあるとみている。

 同事務所は台北市南部の大安区にある現庁舎から同北東部の内湖区に建設した新庁舎への移転を5月6日に予定している。メンサー氏によると、移転後も軍人が駐在し、同様の警備体制が敷かれるという。

 AITが軍人の駐在を正式に認めたことについて、国際問題に詳しい政治大の丁樹範名誉教授は、台湾との関係を深める意図があるのではとの考えを示した。

 丁氏は一方、状況を楽観視し過ぎてはいけないとし、今後駐在の規模が拡大されるか、着用の服装が現在の私服から制服に変わるかなど動向を注視すべきだと述べた。

                                (顧ゼン/編集:羅友辰)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , ,