第6回 台湾建国烈士・鄭南榕記念 台湾問題講演会

第6回 台湾建国烈士・鄭南榕記念 台湾問題講演会
戒厳令下の台湾において、公開の場で初めて台湾の独立建国を叫び、あるいは2・28事件の真相究明を求め、遂には一死をもって国民党の圧政に抗し、台湾に民主・自由の道を拓いた鄭南榕烈士。
鄭烈士は1988年末、台湾独立建国聯盟主席だった許世楷氏(前駐日代表)の「台湾共和国憲法草案」を、主宰して編集長をつとめる自由時代社の週刊誌「自由時代」に掲載。1989年の年が明け、検察は叛乱罪容疑で召喚しようとしたが鄭烈士は頑として応じず、台北市内の自社に籠城、完全な言論の自由を求めて抗議し続けた。「国民党が私を逮捕できるとすれば私の屍だけだ」と宣言、4月7日午前9時過ぎ、警官隊が包囲する中、ガソリンをかぶって覚悟の自決を遂げられた。享年42。

第6回となる今年は、月刊「正論」4月号で「袁紅冰が暴露した中国の台湾併呑計画」の題で寄稿し、著者の袁紅冰が台湾は中国に併呑されないよう今こそ鄭南榕精神を発揚せよと説いていることを紹介された、帝塚山大学名誉教授の伊原吉之助先生を講師に開催いたします。奮ってご参加くださいますよう謹んでご案内申し上げます。

■日時 2010年4月3日(土)
    午後2時30分〜4時30分(開場:2時15分)

■会場 文京シビックセンター 26階 スカイホール

〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100

【交通】東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩3分
JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分

■講演 伊原吉之助先生(帝塚山大学名誉教授)
 演題「台湾併呑の危機と鄭南榕精神 ─『台湾大劫難』を手掛かりとして」

■参加費 1,000円

■懇親会 同会場の近くにて、午後5時〜7時【懇親会費:3,500円】

■お申込み 4月2日(金)までに下記の申込フォームから、もしくはFAX、メールにて
!)お申込フォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0065.reg 
!)FAXもしくはメールの方は「お名前、ご連絡先、懇親会へのご出欠」を明記の上、本会事務局まで

■主催 鄭南榕顕彰会(宗像隆幸会長 日台交流教育会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム)

■後 援 在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、台湾独立建国聯盟日本本部、メルマガ「台湾の声」

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,