福島県沖の魚の放射性物質汚染検査を視察の台湾原子力学会長が「輸入規制は正しくない」と表明

9月3日、台湾原子力学会長の李敏・清華大特別招聘教授らは福島県いわき市を訪れ、魚の放射性物質による汚染検査を視察し、「検査のデータを見る限り、魚の放射性物質は検出限界値未満で、輸入規制は正しくない」と表明した。共同通信が伝えている。

 なお、産経新聞も共同記事を掲載しているが、下記に紹介する記事の次に、同行した台北市のニューメディアでディレクターをつとめる鄭安如さんの発言として「台湾では福島の状況はひどいと報じられていたので意外だった。放射性物質は泥にたまり、魚はあまり関係ないと初めて知った」という感想を紹介している。

 台湾ではいまだに「福島の状況はひどい」と報じられ、日本がこのように厳格な放射性物質の汚染検査を実施していることが報じられていないようだ。

 実は、台湾でも2018年10月から12月までの間に放射性物質検査を行っている。これは福島県産の魚に限らず、輸入を禁止している福島県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県の5県で採取した食品(乾燥きのこ類、いわし、ドライフルーツ、米、牛乳、小麦粉等、茶、貝類、野菜、アイスクリーム)合計301サンプルについての放射性物質検査だ。

 この検査は、衛生福利部食品薬物管理署が国立台湾大学に委託して実施したもので、本年8月1日に公表され、なんと「全てのサンプルが台湾の放射性物質基準値をクリアしている」という結果だったという。

 また、この検査結果の報告書では「台湾住民が毎日摂取する食品の10%が上記5県産食品と仮定しても、1年間の追加線量は0.009〜0.015mSvにすぎず、国際放射線防護委員会(ICPR)が勧告する年間追加被ばく線量1mSv以下という基準値よりはるかに低い」と指摘しているそうだ。

 さらに、衛生福利部食品薬物管理署は慈済大学、台湾大学病院及び台湾大学公共衛生学院に委託し、2015年1月から2017年6月までに放射性物質検査を受けた日本産食品約55万件のデータを検証する調査も実施したという。

 では、本年8月1日に公表されたその結果はというと「台湾が全ての日本食品に対する輸入規制を撤廃したとしても、台湾住民(97.5%)が1年間日本産食品を摂取することによって受ける追加線量は0.001〜0.0001mSvにすぎず、これによって生じうる健康リスクは10,000,000分の1以下との評価」を得たという。

◆衛生福利部食品薬物管理署:107年度「日本食品取樣檢驗與調査研究」【2019年8月1日】 https://www.fda.gov.tw/tc/includes/GetFile.ashx?id=f637002676716357955

◆衛生福利部食品薬物管理署:106年度「受核事故影響食品之人體健康風險評估」【2019年8月1日】 https://www.fda.gov.tw/tc/includes/GetFile.ashx?id=f637002676197832888

 日本台湾交流協会台北事務所は、この衛生福利部食品薬物管理署による2つの調査結果とともに、これまでの日本食品を巡る資料をホームページで公開している。(8月29日「日本産食品」https://www.koryu.or.jp/publications/foodsafety/

1)「官房長官の定例記者会見について(台湾の日本産食品に対する輸入規制強化について)」2)「日本産食品の安全性に関する説明資料の公表について」3)「日本産食品の通関に当たっての台湾側の対応について」4)「衛生福利部による日本産食品に関する規制強化案に対する意見提出について」5)「食品中の放射性物質の最近の検出状況」

 つまり、台湾政府が東日本大震災直後の2011年3月26日から、福島県、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県の5県産品のすべてを輸入禁止し、今も続けている措置はまったく意味がないことを、台湾政府自身が証明したことになる。

 確かに、昨年11月24日の公民投票では、中国国民党から提案の「日本の福島県をはじめとする東日本大震災の放射能汚染地域、つまり福島県及びその周辺4県(茨城県、栃木県、群馬県、千葉県)からの農産品や食品の輸入禁止を続けることに同意するか否か」案は、賛成:779万1856票、反対:223万1425票と圧倒的な賛成をもって成立した。

 しかし、住民の意向と科学的根拠は必ずしも一致するとは限らず、住民の意向がどうあれ、台湾政府は衛生福利部食品薬物管理署の調査結果、および台湾原子力学会長の李敏・清華大特別招聘教授ら調査関係者や謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表らの見解を汲み上げ、改めて道理に基づく判断をすべきであろう。

 国内法に優先する事態を、蔡英文政権自らが証明したのだ。政権発足後、行政判断が及ばなかった責めは受けなければなるまい。悔い改めるに遅すぎることはない。

—————————————————————————————–福島産魚類の汚染検査を視察 台湾の原子力学会長ら【共同通信:2019年9月3日】

https://this.kiji.is/541505124847813729?c=427849843378390113写真:福島県沖で取れた魚の放射性物質の汚染検査を視察する台湾原子力学会の李敏会長(右端)   ら=3日午前、福島県いわき市

 台湾原子力学会長の李敏・清華大特別招聘教授(64)らは3日、福島県いわき市を訪れ、同県沖で取れた魚の放射性物質による汚染の有無を調べる検査を視察した。台湾は2011年の東京電力福島第1原発事故後、福島など5県の日本産食品の輸入規制を続けており、李会長は「検査のデータを見る限り、魚の放射性物質は検出限界値未満で、輸入規制は正しくない」と述べた。

 李会長と日本の大学で学ぶ台湾出身の学生らは、いわき市の水族館アクアマリンふくしまで、スタッフが8月30日に第1原発沖約10キロで取った魚の検査を見学。体長82センチのヒラメは、放射性セシウムは検出限界値未満だった。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,