石垣島に移住した台湾移民を描いたドキュメンタリー映画「海の彼方」(海的彼端)

7月30日、石垣島を初訪問した李登輝元総統が石垣空港から向かわれたのは、名蔵(なぐら)ダ
ムの畔に建つ「台湾農業者入植顕頌(けんしょう)碑」だった。

 戦前の1933年(昭和8年)、台湾の農業者が初めて石垣市名蔵に約100人、西表島に約50人が入植
する。石垣島ではパイン産業と水牛耕作という技術革新をもたらして農業に多大な貢献をしたこと
から、それを讃えて「台湾農業者入植顕頌碑」が建立された。2012年8月10日、中山義隆・石垣市
長ら建立を呼び掛けた地元関係者と台湾農業者の子孫など約100人が参加し、傍らに水牛の像も建
つ顕頌碑の除幕式が行われている。

 この顕頌碑前で李元総統を待っていたのは、台湾からの移住者でつくる琉球華僑総会八重山分会
(湯川永一会長)の皆さんだった。その多くは二世だ。謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表らも
参加した。

 李元総統は「戦中、戦後の石垣で台湾の人々の貢献は大きい。一人の台湾人として誇りを感じ
る。融和の象徴である碑が台湾と石垣島の友好の証として、歴史を伝えていくことを願う」と挨拶
され、石垣に移住された人々のご苦労をねぎらわれた。

 琉球華僑総会八重山分会は8月1日、市内の「蓬莱閣」で李元総統の歓迎晩餐会を開いている。こ
のときの李元総統は終始、満面笑み。とても気分がよさそうで「台湾万歳」や「沖縄万歳」という
言葉も発するほどに上機嫌だった。贈られた八重山特産のミンサー織の藍色に近い青色のワイシャ
ツや、曾文惠夫人に贈られたミンサー織のバックもとても気に入った様子だった。

 この席には、ドキュメンタリー映画「海の彼方」(海的彼端)の黄胤毓(こう・いんいく)監督
や、映画に登場する移住一世の玉木玉代さんや、息子さんで琉球華僑総会八重山分会の副会長をつ
とめる玉木茂治氏、『八重山の台湾人』(南山舎、2004年)を著した松田良孝氏なども参加してお
り、この映画の紹介も行われた。

 実は、台湾の中央通信社がこの映画の詳しい紹介を2回にわたって紹介している。なぜか前編が8
月6日、後編はそれより前の8月3日に掲載されている。

 台湾の人々が石垣島や石炭採掘のために西表島に移住した歴史は、ほとんど知られていないと
言ってよい。そこに光をあてたのがドキュメンタリー映画「海の彼方」であり、李元総統の訪問
だった。

 中央通信社の記事は珍しく長いが、力が入っている記事だ。全文をご紹介したい。
 


沖縄の台湾移民を写した映画「海の彼方」 家族視点で日台の歴史描く(前編)
【中央通信社:2016年8月6日】

http://japan.cna.com.tw/news/aart/201608060008.aspx
写真:左から玉木慎吾さん、黄胤毓(こう・いんいく)監督

 (台北 6日 中央社)八重山諸島・石垣島に移り住んだ台湾移民の家族の物語を通じ、過去の日
台の歴史を描き出したドキュメンタリー映画「海の彼方」(海的彼端)。同作を手掛けたのは、日
本への留学経験を持ち、現在は沖縄を拠点とする若手の台湾人監督、黄インイク(黄胤毓)監督。
今作が初の長編ドキュメンタリーとなる。同作は7月上旬、「第18回台北映画祭」(台北電影節)
で世界プレミア上映された。記者は映画祭に合わせて訪台した黄監督と出演者の一人で日本で
ミュージシャンとして活躍する玉木慎吾さんに作品の背景、撮影秘話などについて話を聞いた。

 作品の中心となるのは、日本統治時代に石垣島に移り住んだ夫に嫁ぎ、戦後の1940年代後半に台
湾から同地にやって来た玉木玉代さんとその子孫たち。88歳になった玉代さんの台湾への里帰りの
旅と家族の人生を通じ、複雑な東アジアの歴史を辿っていく。同作は八重山の台湾移民をテーマに
したドキュメンタリー三部作企画「狂山之海」の第1弾でもある。

 「狂山之海」は2015年ベルリン国際映画祭主催の若手製作者向けプログラム「ベルリナーレ・タ
レンツ」のドキュメンタリー企画部門に選出。スイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭のピッ
チングセッションでは大賞を受賞するなど、国際的にも注目されている。

◇隠された歴史

 台湾移民は日本統治時代、農地開拓を目的に沖縄へ渡ったが、戦時中に台湾に強制送還される。
戦争が終わると政治的問題により彼らの居場所は失われ、再び沖縄へ。移民らはそれから1972年の
沖縄返還後に日本国籍を取得するまで、台湾に戻ることも出来ず、無国籍者として生き続けた。

 八重山の台湾移民は「台湾の人も、日本の人も知らない隠された歴史」だと語る黄監督。監督自
身、以前は大学の授業で少し聞いたことがあるだけで、具体的なイメージは無かった。だが、大学
在学時に台湾在住のタイ人労働者をテーマにした作品(「五谷王北街から台北へ」)を製作するな
ど、かねてから民族や移民に関心を持っており、日本への大学院留学を機に、台湾移民が住む八重
山に行ってみたいと思っていたという。

 今作を製作する重要なきっかけになったのは、八重山で生活する台湾人の歴史を記録した書籍
「八重山の台湾人」(松田良孝著、2012年に台湾でも翻訳出版)。同書を読んだ黄監督は、それが
深いテーマだと感じ、2013年の中頃、実際に現地に足を運んでみることに。1年近くに及んだ
フィールドワークで話を聞いた人数は150人以上に上る。そして2014年の後半に作品を考案。調査
から完成までには約3年を費やした。

◇「家族」の視点から

 「私は堅い歴史ドキュメンタリーは撮りたくないので、各世代の人もいて、里帰りの旅もあっ
て、という一つの大家族の家族史を通してその後ろの八重山の台湾人の歴史を語れるようにとの大
きな野心を持ち、1本目(海の彼方)は製作しました」(黄)

 黄監督は「家族視点の作品」にこだわりを示す。同作では玉代さんの孫の慎吾さんがナレーショ
ンを担当しているほか、玉代さんの息子で慎吾さんの父である茂治さんが撮影したホームビデオの
映像も使われている。

 「この作品は歴史の資料もあって、無いものはアニメーションや油絵を使ったりするんですが、
もっと親密な視点を入れたかった。『家族視点の作品にしたい』。それは私の最初からの野心でし
た。通常は歴史を語る時、冷たい。有名人がナレーションを語るとか、全然関係無い人が話すと
か。そういう系ではない作品が撮りたかった」(黄)

 「玉木一家に会った時、大きな感動を覚えました。おばあさんと息子、娘達の雰囲気が良くて、
映画に撮りたいと思って。家族っぽい作品にするということで、慎吾さんにナレーションをお願い
し、孫の視点から話してもらうことにしました。でも、まだ足りない。歴史を語るには歴史資料が
必要。それは確保するけれど、それでも何か足りない。ようやく足りるようになったのは、茂治さ
んのホームビデオ。数カ月の撮影の末にようやく信頼を得て、茂治さんから使用許可がもらえて。
それがこの作品において私の野心を満たす大きな鍵になったと思います」(黄)

後編に続く(http://japan.cna.com.tw/topic/column/201608030001.aspx

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,