産経新聞「歴史に消えた唱歌」(7)─台湾編:公募で作られた独自の唱歌

産経新聞が4月3日からオピニオン面で「歴史に消えた唱歌」を連載しはじめた。執筆は
文化部編集委員の喜多由浩(きた・よしひろ)記者。

 これまで「台湾編」は6回にわたって連載されてきたが、去る5月15日に掲載された「公
募で作られた独自の唱歌」がその最後のようだ。本日(5月22日)掲載の第8回は「巨匠が
名を連ねた満州の唱歌」で、満州に舞台を移している。

 台湾編の最後「公募で作られた独自の唱歌」をまだ掲載していなかったので、下記にご
紹介したい。

 それにしても、唱歌を通して日本統治時代の台湾や満州、朝鮮の当時を見てゆくという
視点は画期的だ。戦後も60有余年を経たというのに、歴史教科書やNHKが2009年4月に放
映したNHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」では、
日本は台湾を「侵略」して住民を「弾圧」したとするような歪んだ歴史観がまかり通って
いる。

 その点で、この「歴史に消えた唱歌」はバランスのとれた公平な記述と言える。現地の
教師たちがいかに熱心に教育に取り組んでいたかを明らかにし、それを習った、今は80歳
を超える当時の子供たちの生き生きとした思い出(証言)を伝えている。いったいNHK
はどこに「侵略の爪あと」が残っていると言うのだろう。今さらながらに、歪んだ思考と
薄汚れた手つきで歴史に迫ろうという姿勢には吐き気さえ覚える。

 今後、この連載で台湾に関する記述が登場したらまたご紹介したい。


歴史に消えた唱歌(7)公募で作られた独自の唱歌
文化部編集委員 喜多 由浩
【産経新聞:2011年5月15日】
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110515/art11051508230002-n1.htm

 日本統治時代、台北市にあった建成小学校の同窓会が発行した『がじゅまるの追憶』に、
1931(昭和6)年当時の同市内の学校一覧が載っている。

 最も古い小学校は1897(明治30)年創設とあるから、日本の統治が始まったわずか2年
後のことだ。以来、着実に数を増やして34年後の1931年には台北だけで小学校(主に日本
人児童)・公学校(台湾人児童)合わせて19校、児童数は約2万5千人に達している。

 上級学校は、中学校、高等女学校、高等学校、商業、工業学校、台北帝国大学、医学専
門学校、師範学校などのほか、私立の学校もあった。わずか30年あまりで日本はこれだけ
の学校をつくり、近代教育を導入したのである。日本の台湾統治は着実に根を下ろしてい
た。

■全島から応募が殺到

 そのころ、台湾総督府による第2期「公学校唱歌」集(1934〜35年)作成の動きが活発
になっていた。最初の「公学校唱歌集」(1915年、全46曲)から約20年。この唱歌集だけ
では曲数が足りない上、教育現場からは依然、台湾の子供たちが楽しく歌えるような、自
然や風俗を織り込んだ独自の唱歌を求める声が届いていた。

 そこで総督府や台北帝大の教授、師範学校や現場の教師らによって編集方針が検討され
た結果、新たにつくる台湾独自の唱歌の詞と曲(の一部)を「一般から公募」するという、
内地(日本)でもなかったやり方が決定されたのである。

 公募の理由は、これまで台湾独自の唱歌を作った音楽教師らの作品ばかりでは、「同じ
傾向になってしまう」からだ。採用作品には、賞金が出されることになり、全島中から応
募が殺到した。そして、唱歌集全105曲のうち『だいしゃ』『カアレン』『牛車』など19曲
が公募によって作られたのである。

 採用作の作曲者の名は伏せられたが、作詞者は公表された。奈良教育大准教授の劉麟玉(44)
=音楽教育=によれば、「作詞者の多くは台湾の公学校などの日本人教師でした。作曲は
内地の作曲家に依頼したようですが、一部には著名な巨匠の作品も含まれていたようです
ね」。ただし、公表された作詞者のうち、台湾人は現地の鳥を題材にして『カアレン』を
書いた江尚文(新竹女子公学校教員)1人だけ。これは台湾人の教師自体が少なかったこ
とと無関係ではないだろう。

 この唱歌集では、公募以外で作られた曲も含めて、全1055曲のうち「台湾独自の唱歌」
が半数近い40曲を占めた(表参照。劉麟玉「植民地下の台湾における学校唱歌教育の成立
と展開」から)。『カアレン』『スヰギウ』『ペタコ』『胡蝶蘭(こちょうらん)』『す
ゐれん』など、動植物を歌ったもの。『新高山(にいたかやま)』『赤嵌城(せきがんじ
ょう)』などの名勝・旧跡、『だいしゃ』『おまつり日』などの風俗、歴史上の人物『鄭
成功』もテーマになった。

 このうちの『新高山』は内地で1929年に発行された「検定小学唱歌」3年用に収録され
ている納所(のうしょ)弁次郎作曲の歌とは別の台湾独自の曲(詞は同じ)である。『ジ
ャンケン』という題名の曲にバナナやオンライ(パイナップル)が出てきたり、『ユフダ
チヤンダ』の歌にも、マンゴーやビンロウ(ヤシ科の植物)が盛り込まれるなど、工夫も
こらされた。

 こうした“地元密着型”の曲がわずか4曲しかなかった最初の唱歌集(1915年)に比べ
て、飛躍的な増加である。ここにきて、ようやく現場の教師が待ちこがれた唱歌集が完成
したということになろう。

■台湾少年のテーマソング

 ところで、公学校と小学校では使う唱歌集が違っていた。公学校は、台湾独自の唱歌が
多数盛り込まれた「公学校唱歌」集。小学校は基本的に内地(日本)と同じ唱歌集を使う。
当時なら、『春の小川』や『牧場の朝』などが収録された「新訂尋常小学唱歌」(19321=
昭和7年)である。

 ただ、このころになると、台湾で生まれた“内地知らず”の日本人児童が多数を占めて
いたから、彼らにとっても内地の唱歌は「見たことも聞いたこともない歌詞」であること
に変わりはない。だからこそ教師は、公学校唱歌集や民間の唱歌集を使ったり、ラジオで
流された『ペタコ』(雨情・晋平版)や『ガジュマルさん』などの童謡を授業で教えたの
である。

 台湾生まれで台北の小学校に通った徳丸薩郎(さつろう)(86)はいう。「日本の唱歌
を歌っても、(台湾生まれの)僕たちにはイメージがわかない。たとえば、台湾にはヤシ
の葉ばかりで、桜の花なんかほとんどみたことがないでしょう。だから、台湾、内地にこ
だわらず、僕たちは好きな歌を自由に歌っていましたよ」

 徳丸が当時、よく歌っていた曲の中には『おまつり日』や『スヰギウ』など、第2期の
「公学校唱歌」集に収録された台湾独自の唱歌も含まれている。特に『おまつり日』は多
くの日本人の記憶に残っている思い出の唱歌だ。日本時代に台北にあった台湾神社のお祭
りを歌ったものだが、例えば台南の子供たちは「台南神社の」と歌詞を替えて歌ったとい
う。

 同じころ(1935=昭和10年)、台北で、始政40周年記念台湾博覧会が開催されている。
北原白秋作詞、山田耕筰作曲の『台湾少年行進曲』は、博覧会に合わせて作られた歌だ。
歌詞には、木瓜(パパイヤ)、水牛、台湾少年などの言葉が盛り込まれ、台湾生まれの少
年たちのアイデンティティーをくすぐるテーマソングのような内容になっている。

 当時、台湾の太平山小学校に通っていた、喜久四郎(きくしろう)(86)は、「学校の
授業で習った私の愛唱歌のひとつ。当時、レコードにもなったと記憶しています。日本人
だけでなく台湾人の子供たちもこの歌をよく歌っていましたよ」。

 始政40年を記念して『台北市民歌』も作られた。こちらは1915年の最初の「公学校唱歌
集」に関わった一條愼三郎の作である。日本の台湾統治はまさに、円熟期を迎えていた。

 だが、中国大陸や内地、遠いヨーロッパでもキナ臭い動きが続いていた。やがて台湾の
唱歌をめぐる状況も大きな変化を余儀なくされることになる。=敬称略(文化部編集委員 喜多由浩)

                       ◇
 かつて歌った日本時代の台湾や朝鮮の唱歌の思い出を聞かせてください。郵便〒100−80
78 産経新聞社東京本社唱歌係、FAX03・3242・7745、メールspecial@sankei.co.jp

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,