片倉佳史氏講演会は立見も出るほどの大盛会[「日台のつどい」主宰 福田真人]

片倉佳史氏講演会は立見も出るほどの大盛会[「日台のつどい」主宰 福田真人]
熊本や東京などからも参加、長時間にわたって白熱した質問が続出!

日本李登輝友の会・「日台共栄」編集部の皆様

 この度は、片倉佳史氏をお招きしての講演会「日台のつどい」を4月7日の土曜日に開催
しました。生憎の朝からの小雨にもかかわらず、続々とお集まりいただき、開会14時には
定員70名の集会室はいっぱいになり、開会10分後には後ろで立ち見が出るほどとなりました。

 片倉様の2時間半に及ぶ丁寧な、わかりやすい台湾の実情、それも自然・グルメ・歴史
・秘境など、ガイドブック製作現場から見た台湾の実情を、時には笑い話を交えてお話し
いただきました。講演に連続して質疑応答に移りましたが、多くのお方がひっきりなしに
質問され、私達としても予想だにしなかった1時間あまりの延長になりました。お疲れに
も拘らず片倉様は笑顔を絶やさず、実に丁寧に答えて下さいました。

 約80名の参加者の内訳は、青年・壮年層が大部分でしたが、湾生の方、台湾人を恋人に
持ち日本と台湾を行き来している方、留学生として来日してそのまま日本でOLをしてお
られる若い女性、自転車で台湾全土を旅しておられる方など、実に幅広い老若男女にご参
加いただきました。

 参加者のほとんどの方は大阪、その他近隣の和歌山・神戸・京都・奈良でした。遠方の
方では、佐賀・熊本・姫路・千葉・東京・静岡・愛知と広範囲からもお申込いただき、多
数お越しいただけました。

 祖父が最後の台北高等法院長で引揚者、お父様が旧制台北高等学校の卒業生という年配
のお方もご参加され、今日の話を聞き是非近日中に訪台したいと話されていました。

 これだけ熱心にお集まりいただき、長時間にわたって白熱した質問が続出するのは、「
近畿のお方は台湾情報に飢えておられるのではないでしょうか?」と言う感想まで出る次
第でした。

 お蔭様で組織を持たない私たちの講演会が成功することが出来ましたのは、度重なる広
報活動でご協力・ご援助いただいた賜物と存じています。

 改めて心から感謝申し上げます。これからも私心のない気持ちで日台のために努力する
決意です。今後ともご指導・ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 まずは御礼まで。

 平成19年4月9日
                            「日台のつどい」
                               主宰   福田真人
                               同事務局 根屋雅光


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,