烏来「高砂義勇兵記念碑」の行政訴訟で撤去処分の撤回命令

烏来「高砂義勇兵記念碑」の行政訴訟で撤去処分の撤回命令
昨日の報道によると、高砂義勇隊慰霊碑が台北県当局に強制排除された問題で、地元側
が排除処分の取り消しと原状復帰を求めていた行政訴訟の差し戻し審判決が3月24日に下
り、判決は県側の主張を退け、処分の撤回を指示したという。

 朗報である。

 昨日の朝、高砂義勇隊慰霊碑を守ってきた「烏来郷高砂義勇隊記念協会」総幹事のマカ
イ・リムイさんにお祝いの電話を入れると、訥々とながら「日本人に対して恥ずかしいよ。
これからも頑張る」と語ってくれた。

 2006年(平成18年)2月8日、移設された高砂義勇隊慰霊碑の除幕式が李登輝元総統や黄
昭堂・台湾独立建国聯盟主席、蔡焜燦・台湾歌壇代表らも参列して行われた。その直後の
12日、本会の「烏来と天灯の里ツアー」訪台団が参拝し、簡素ながらも慰霊祭を斎行して
いる。

 実は、今年1月7日に急逝された靖国神社の南部利昭宮司もこの訪台団のお一人だった。
慰霊祭には蔡焜燦氏などにも参列していただいたが、靖国神社宮司として初訪台となった
南部宮司がこの慰霊祭に参列できた感慨を静かな口調で話されていたことを昨日のことの
ように思い出す。靖国神社宮司を迎え、「高砂義勇隊として戦歿された方々の御霊もこれ
で安らいだのではないか」と述べた簡福源・烏来郷高砂義勇隊記念協会理事長の懇篤なお
話も参列者に深い感銘を与えた。

 南部利昭宮司の御霊も、必ずや今回の判決を嘉(よみ)されているにちがいない。本会
会員も多く参拝する高砂義勇隊慰霊碑の全面復旧も間近のようだ。

                 (メールマガジン「日台共栄」編集長 柚原 正敬)


高砂義勇兵記念碑 存続へ前進 撤去処分の撤回命令 台湾差し戻し審
【3月25日 産経新聞】

 【台北=長谷川周人】台北郊外の烏来(うらい)郷に移設された台湾先住民出身の元日
本兵「高砂義勇兵」の英霊記念碑が2006年2月、台北県当局に強制排除された問題で、地
元側が排除処分の取り消しと原状復帰を求めていた行政訴訟の差し戻し審判決が24日、台
湾の高等行政法院であった。判決は県側の主張を退け、処分の撤回を指示した。3年に及
んだ記念碑問題は、法廷論争でも地元の意向が受け入れられ、解決に向けて大きく動き出
すことになった。

 この記念碑は、敷地を提供した観光会社の倒産で存続が危ぶまれたが、これを伝えた産
経新聞の記事をきっかけに3000万円を超える義援金が日本の読者らから寄せられ、2006年
2月に現在の県有地に移設された。ところが県側は碑文が「日本の軍国主義を美化してい
る」などと決めつけ、敷地内にあった8つの石碑を強制撤去、記念碑は竹の覆いで封印し
た。

 これに対し「排除命令は違法であり無効」とする地元は、法廷闘争に持ち込んで処分撤
回を求めてきた。07年12月に高等行政法院は訴えを却下する裁定を下したが、最高行政法
院は地元側の抗告を認めてこれを差し戻し、3回の審理を経たこの日の判決では、一転し
て処分撤回を指示した。

 判決文は一両日中に公開され、県側が上告する可能性もあるが、県は行政訴訟と並行し
て記念碑一帯の公園化よる地元との「和解」の道を探ってきた。昨年5月には地元側と初
めての公開協議を行い、記念碑を歴史的な観光資源として再開発する計画を提示。日本語
で書かれた碑文に訳文をつけることなどを条件としながらも、記念碑の囲いを取り払い、
他の石碑も全面返還することを約束した。

 年末に予定される統一地方選を控え、地元との対立が続くのは得策ではないとの政治判
断が県側に働いたとみられる。遅れに遅れた公園化計画も、3月に入ると記念碑の囲いの
一部が取り外され、対立点を残しながらも新たな造成工事にも着手し、状況は好転してい
る。

 地元で記念碑を守ってきた「烏来郷高砂義勇隊記念協会」のマカイ・リムイ総幹事は
「3年の道のりは長かったが、判決は最終決着への大きな一歩だ。日本の善意に対して恥
ずかしい思いをし続けたが、今度こそ記念碑を日本精神が根づく義勇隊の誇りの軌跡とし
て、また日台を結ぶ友情のきずなとして残していきたい」と話している。


●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームを設けています。これでお手軽にご入会申し込みがで
 きます。「入会案内」はホームページをご覧ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

*本会会員の方には会員番号などが通知され、機関誌『日台共栄』が届きます。本誌(メ
 ールマガジン「日台共栄」)購読者=本会会員ではありませんのでご注意願います。

●「日台交流基金」にご協力をお願いします。

 1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117
・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】 
市ヶ谷支店 普通:8051020 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
市ヶ谷支店 普通:1360423 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,